【独学・初心者】プログラミング学習は「目的」ではなく「手段」であることを理解しておこう

プログラミング学習をしていく中で、

「プログラミング」

というもの自体への考え方によって、

その取り組み自体の効率や、

実際に得られる結果など、

大きく個人間での違いがあります。

また、

プログラミング学習を進めて

実際にエンジニアとして

働き始めた時に、

「何か、思っていたのと違う」

とならないためにも、

プログラミングは「手段」であり、

あなた自身の「目的」を

明確にすることが重要です。

この辺りのことを、

プログラミング学習を独学で始めたい方や、

新卒として働き始めた方などに向けて、

経験も含めて、

共有していきます。

プログラミング学習は「目的」ではなく「手段」である

プログラミングは形にするための「手段」

IT業界でエンジニアとして活動する中で、

プログラミング自体は、

1つのスキルを身につけることになりますが、

これ自体は、

ITエンジニアに必要な

要望されるものを形にすること

のための1つの要素に過ぎません。

それは、

プログラミングの中で、

プログラミング言語

と呼ばれるものが、

Webやモバイルなど、

用途に向けて、

開発する手段として、

様々なプログラミング言語が、

世の中に用意されていることからも、

あくまで形にするための手段であることが言えます。

ですので、

まずは、学習をしていく、または、現場でやっていく中で、

このプログラミング自体は、

形にするための「手段」

であることを理解しておきましょう

プログラミングがITエンジニアのベースになるのは間違いはない

プログラミング自体が、

要望を形にするための「手段」

であることは説明しました。

ただし、

このプログラミングというものに関しては、

エンジニアとして生きる上でのベースになる

ということは間違いありません。

ですので、

ものを形にするための「手段」

の学習を進めることは、

エンジニアとして生きていく中での

土台を築いているということになります。

そのため、

プログラミングを身につけること自体は、

非常に有意義で、

自分の将来を明るくする要素でもあります。

それを理解した上で、

コツコツと時間をとって、

プログラミング学習は続けていきましょう。

プログラミングを身に付けて、あなたが何をしたいのか

プログラミングを

コツコツと学び続けて

ものを形にするための「手段」を

手に入れた先に、

あなたが何をしていきたいのか

という点が

エンジニアとして生活を続けていく中で

非常に大切なポイントになります。

例えば、

・Webで面白いサービスを開発したい

・サーバの設定などを自分でできるようになりたい

など、

少し曖昧でも、

自分なりの方向性を

はじめのうちから考えておきましょう。

あなたが何をしたいかによって、

プログラミングだけでなく、

IT業界の中で、

知っておくべきこと、

知っておくと役に立つことなどが

少しずつ、見えてきます。

ですので

プログラミングを身に付けて

あなたが何をしていきたいのか

ということを

考えてみるようにしましょう

やっていきたいことに関することを自分なりに調べて把握しよう

あなたがプログラミングを身に付けて

何をやっていきたいのか

ということを考えられたのなら

そのやっていきたいことを実現するために

プログラミングのプラスアルファとして何が必要か

ということを考えてみましょう

例えば

Web系でサービス開発をしたいのであれば、

・どんなサービスが世の中にあるのか?

・サービスの公開方法は?

・世の中のサービスのレイアウトに共通点はないか?

など、

自分がやっていきたいことに関する

様々なことを

自分なりに情報収拾して、

自分の言葉で説明できるようなる

というところまで

取り組んでみましょう

プログラミングを身につける段階から、少し視野を広げてやっていきましょう

プログラミング自体が、

ものを形にするための手段

であることや

あなたが何をしたいのか

を考えることの大切さを説明してきました。

これらのことに関して、

実際に考え、

取り組んでいくことは、

すぐに効果があるものではありません。

しかし、

何をしていきたいのかを考え、

関連することを調べて理解することを

続けていくことで

半年後、1年後に、

あなた自身の視野が広がり、

いろんな角度から

あなたがやっていきたいことを

実現できるように近づいているでしょう。

そのためにも、

何をやっていきたいか考えてみること

を考える時間を取って

関連することの情報収集なども

コツコツと取り組んでみましょう