幼児教育で「手」「目」「耳」で感性を養う大切さ

幼児の時に、無意識に手にしたもの、
そして、それを使って遊んだことなど、

覚えていないけれど、無意識化で幼児時期に育んだこと

ということが存在します。

まだまだ成長期の幼児期に、
身の回りに何があって、どのように遊ぶのか。
これが非常に子供の成長にも重要であるとよく言われます。

幼児期においては、家庭で面倒を見ながら、
興味を持ったもので、遊ばせることが多いです。

そんな中で、

  • 仕掛けのあるような楽しい絵本
  • 色々な形、音などが違うおもちゃ

などが、幼児期に親が子供のために提供できることです。

そんな中で、

子供が興味を持てるものを提供すること

が非常に重要で、難しいというのが、
幼児期の子供を持つ親には非常に多いです。

そのため、より良いものを提供して、
幼児期に子供が興味を持って、

ものに触れて遊ぶことが大切

だと言えます。

難しく考えすぎず、生活の中でちょっとしたことでも、
子供に様々な体験を増やすことができるので、
できることからやってみましょう。

幼児教育で「手」「目」「耳」で感性を養う大切さ

幼児期から小学校に入るくらいまでが、
子供自身の本来持つ、基本的な感覚、感性を養う上で、
非常に重要な時期と言われています。

そんな中で、

「手」を動かして、様々なものに触れること

が、子供の成長にも非常に重要です。

そして、この「様々なもの」という点に関しては、
現代の家の中で同じもの、同じことだけでは、
なかなか、「様々なもの」に触れる機会は少なくなります。

手を使うことは、脳の活性化にも良い作用を及ぼすので、
色々なものを子供には触れさせたいですね。

  • 「やわらかい」もの
  • 「硬いもの」もの
  • 「丸いもの」もの

など、様々な違いを、「手」に触れながら、
子供が感性を養っていけるようにしましょう。

ただ、幼児期に気をつけることとして、

子供が間違って食べちゃいそうな大きさのものはダメ

ということだけ、忘れずに注意しておきましょう。

幼児期に様々なものを「目」を動かすこと自体、
目の周りの筋肉を動かすことで、
目に直接的な作用を及ぼすということは間違いありません。

ただ、「目」を動かすにあたって、

色々なものを見て、空間や色、形の違いを感じる

ということは、
子供にとって、感性などを磨く上でも重要です。

家の中では同じようなものをみることになり、
テレビ自体で様々なものを見るのは良いですが、
あまりモニターを見すぎると視力に影響してしまいます。

そのため、子供に家の中で様々なものを目で違いを感じさせるためには、

家の中に様々なもの、形や色のものを置いて見る

ということがオススメです。

これだけでも、家の中にいながら、
子供は近くのもの、少し離れたものを見て、
「目」をたくさん動かすことになります。

具体的にオススメなのが、

  • やわらかい丸いボール
  • 様々な色のキャラクターぬいぐるみ
  • 椅子や壁に色のある布をかける

など、ちょっとしたことを家の中に工夫するだけでも、
子供が見得る範囲の世界に、たくさんの色、形が溢れ、
家にいながら無意識に「目」をたくさん使うのでオススメです。

幼児の時に、様々なものに触れておくことが、
重要であることはここまで説明してきました。

そんな中で、

「音」を「耳」で聞くこと

さらに言うと、

「耳」で聞いて、音の違い、大きさの違いを感じる

と言うことが非常に子供の成長にも必要です。

音楽だったり、動物の鳴き声だったり、
または、親の話のする声だったり、
いろんな音を子供に聞かせるようにしましょう。

音に関しては、色々なものがありますね。
ちょっとしたことでもいろんな音を子供に聞かせることができます。

例えば、

  • いろんなCDを聞かせる
  • 親が好きな曲を口ずさむ
  • ちょっと声を変えて子供に話しかける

など、親でも、お父さんなのか、お母さんなのか、
小さな声なのか、大きな声なのか、近いのか、遠いのか。

そう言う違いでも、聞こえる音は違うので、
コミュニケーションを取りながらも、
様々な音を聞かせるようにしましょう。

様々なものに触れるために

「手」「目」「耳」を使って、
子供に様々なものに触れさせることが大切だと説明しました。

そんな中で、いつもの生活の中で、
より様々なものに触れさせるためにも、

子供を連れて、公園など外に出ましょう

と言うことをオススメしています。

外には色々なものや音であふれています。

例えば、

  • 公園に咲いている花や植物
  • 近くで通っている電車
  • 空を飛んでいる飛行機

など、外には子供に感じさせるための、
様々なものがあふれています。

一歩でも外に出て、少しでも子供に、
手、目、耳を使ってものを感じる経験をさせましょう。

子供が絵本を読める年齢になったら、
是非、取り入れたいことが1つあります。

それが、

「仕掛け」のある絵本を使うこと

です。
手でつまんで、引っ張ったりなど、
目だけ使うのではなく、手も使うことにもなり、
より多い刺激を与えることができるのでオススメです。

絵本に関しては、世界中の絵本に触れることができるサービスがあり、

  • 年齢にあった厳選された絵本
  • 毎月、家に届けてくれる
  • 楽しい「仕掛け」のある絵本もある

このように年齢に応じた絵本が、
月額1300円程度でレンタルできるので、
非常にオススメです。

子供には手に触れ、目で見て、耳で感じるような教材が、
感性を発達させたり、成長にとって重要です。

そして、教材に関しては、

  • 「楽しい」教材であること
  • 継続的に続けれること
  • 遊ぶだけでなく、発達に良い教材

と言うポイントを押さえて、
教材選びをしていくことが望ましいです。

そんな教材に関して、書店等で選ぶのは困難なため、
有名なところで、1つオススメの通信教材を紹介します。

それが、

ベネッセの「こどもちゃれんじ」

このサービスですが、

このしまじろうのキャラクターを使った教材など、
子供が楽しく学べる教材が揃っているのでオススメです。

この「こどもちゃれんじ」は、
年齢に応じた教材など、オススメのポイントがあり、
こちらの記事に書いているので、気になったら読んでください。