プログラミング初心者には「絵本」シリーズがオススメの理由

参考:翔泳社サイト

プログラミング学習をしていく方々の中でも、
「超」初心者に関しては、

  • 無料動画を観たけれど、言っていることがわからない
  • 学習している内容を頭の中でイメージとして捉えられない
  • 入門向けの書籍でも文章ばかりで理解が進まない

という悩みがあると思います。

そんな「超」初心者の方には、まずは学習していく内容に関して、
最初は曖昧で良いので、頭の中で、

「イメージを掴むこと」

をオススメしています。

そんな、「イメージを掴む」という事に関して、
非常にお勧めの書式が

「絵本シリーズ」

と呼んでいる本です。

この記事では、お勧めの理由と、実際の書籍を紹介させて頂きます。
「超」初心者の学習の始まりの参考になれば嬉しいです。

プログラミング学習の「超」初心者には「絵本」シリーズでイメージを掴むことがオススメの理由

理解が進まないのは「イメージが湧かないから」

「超」初心者に関して、プログラミング学習をしていく上で、

  • 変数とは?
  • 配列とは?

などのように、具体的な例と共に説明されても、
いざ、自分で考えようとすると、
プログラミングの意味を考えようとしてよくわからなくなることがあります。

そんな「超」初心者には、

頭の中で、イメージとして捉えること

を考えてみるようにオススメしています。

例えば、

「変数に3を設定する」

という事に関して、

$value = 3;

このようなコードに関しては、
頭の中で、

「変数という箱を用意して、そこに3というボールを入れる」

「用意した箱の名前は、”value”としましょう」

という頭の中でのイメージで捉えることができることで、
自分が行いたい処理が少しずつ、イメージできるようになるので、
「超」初心者はまずは、イメージを掴む事が大切です。

イメージを掴むには、「絵」や「図」が豊富な方が良い

先程、イメージを掴む事が、プログラミング学習の「超」初心者には、
重要であり、理解を助けることを説明しました。

そんな中で、先程、少し触れた

「変数という箱を用意して、そこに3というボールを入れる」

「用意した箱の名前は、”value”としましょう」

という内容に関しても、
文章だけでなく、例えば、以下の図があればどうでしょうか。

図:変数に3を設定するイメージ

より、頭の中にイメージしやすくなったと思います。

「超」初心者には、このような図や絵などがたくさん含まれた書籍で、
まずは、

プログラミングで使う要素がどのようなものなのか

ということを頭の中で理解できるようにするためにも、
書籍を選ぶ際は、

絵や図などが豊富に使われている書籍を選ぶ

ということをオススメします。

絵や図が豊富で、「超」初心者にもわかりやすい文章な「絵本」シリーズ

ここまで説明してきたように、
プログラミングの「超」初心者が学習を始める中で、
書籍を使って、超基本を押さえていく上で、

  • 絵や図などが豊富であること
  • できる限り、優しい文章であること

という2点は、非常に重要です。

そんな中で、「超」初心者にお勧めしたいのが、

「絵本」シリーズ

と呼んでいる、翔泳社が出版しているシリーズです。

他の入門用の書籍以上に優しい文章で、
さらに絵や図がこれでもかと思うくらいたくさん使われています。

是非、「超」初心者は学習を始める際は、
「絵本」シリーズの書籍を使うことをオススメします。

「絵本」シリーズ一覧

プログラムの絵本 プログラミングの基本がわかる9つの扉

  • ・処理の流れの理解
  • ・超入門にオススメ
  • ・未経験者にオススメ

プログラミング学習を始めようかと考えている「超」初心者の方で、

今まで、プログラミングというものを全く見たことがない

という方には、まず、手に取って欲しい1冊。

プログラミング自体が何をするのかをイメージしてもらうために、

「プログラミングして、プログラムを動かすとは?」

を頭の中でイメージできるようになるために、
非常に助けになる1冊です。

HTML5の絵本 Webコンテンツ作りの基本がわかる9つの扉

  • ・分かりやすい文章
  • ・超入門にオススメ
  • ・HTMLの超入門

初心者がWebデザインの学習を始める時に、
最初に学習を始めるのが、HTML/CSSです。

そして、初心者がこのHTML/CSSの学習を始めていく中で、

HTMLタグや実際の表示など、Webページのイメージが沸かない

ということが悩みとして多いです。

そんな悩みを早めに解決していくためにも、
初心者には、この1冊が非常にオススメです。

より効率的に学習を進めるために、まずは、

この1冊でWebページをイメージできるようにする

という事に取り組み、その後に、一般的な入門書やサイトで、
学習を行うことをオススメします。

JavaScriptの絵本 第2版 Webプログラミングを始める新しい9つの扉

  • ・分かりやすい文章
  • ・超入門にオススメ
  • ・絵や図が豊富

「超」初心者がプログラミング学習を始めて、
少しずつ進めていく上で、javaScriptを学習始める人も多いでしょう。

そして、そんな初心者からよく聞くのが、

「javaScriptの処理の流れがイメージが湧かない」

という悩みです。

他の入門書を読んで、色々と自分なりに試したけれど、
そもそも、どのように動いているのかイメージが湧かない方は、
この本を読むことをオススメします。

HTML/CSSを学習したけど、javaScriptにもトライしたい

という初心者には非常にオススメの1冊です。