Laravelの多言語化(vuex-i18n)でVue.jsのjavaScriptで文字列を取得する方法

Laravelで多言語化した時に、Componentのtemplateで文字列を取得することはできたが、javaScript側で値を取得する方法がわからず、調べたのでメモ。

前提:バージョン等

Laravelのバージョン

$ php artisan --version
Laravel Framework 5.7.22

vuex-i18n

GitHub情報はこちら

https://github.com/dkfbasel/vuex-i18n

やりたかったこと

以下の手順で進めようとしていた

  1. Laravelに多言語化用のvuex-i18nをインストール
  2. vuex-i18n用の文字列を定義
  3. vuex-i18nをLaravel(Vue.js)で使うために設定
  4. Vueのtemplateで文字列を呼び出し
  5. VueのjavaScriptで文字列を呼び出し

この中で、1−4はうまくいったが、5の文字列の取得方法がわからなかった。

最初から、Gitドキュメント見て設定すればよかったが、ネット上にあまり日本語の情報がなくて、英語の情報から、色々と試したらわかった。

実施手順

手順1:Laravelに多言語化用のvuex-i18nをインストール

今回はnpmでインストール

https://www.npmjs.com/package/vuex-i18n

$ npm install vuex-i18n

手順2:vuex-i18n用の文字列を定義

今回は、resource配下にlangフォルダを作って、そこで管理。

こんなフォルダ構成

  • resource
    • lang
      • ja
        • msg.php
      • en
        • msg.php

それぞれの「msg.php」の中身はこんな感じ。

<?php

return [
  'hello' => 'こんにちは'
]

手順3:vuex-i18nをLaravel(Vue.js)で使うために設定

Laravelのresource/js/app.js

import vuexI18n from 'vuex-i18n';
import Locales from './vue-i18n-locales.generated';

Vue.use(vuexI18n.plugin, store);

Vue.i18n.add('ja', Locales.ja);
Vue.i18n.add('en', Locales.en);

Vue.i18n.set('ja');

手順4:Vueのtemplateで文字列を呼び出し

templateでの呼び出しは$tを使用

<template>
  <div>
    <span>{{ $t('msg.hello') }}</span>
  </div>
</template>

手順5:VueのjavaScriptで文字列を呼び出し

vueのjavaScriptの呼び出しは、thisの$i18nで取得。

template時の$t がtranslateというメソッド名になっているので、それを使う。

<script>
export default {
  mounted() {
    // 現在のlocaleを取得
   console.log(this.$i18n.locale());
  // -> ja

    // 実際の文字列を取得
    console.log(this.$i18n.translate('msg.hello'));
    // -> こんにちは
  }
}
</script>

エンジニアへの転職を目指す「超」初心者には、手厚いサポートの「ネットビジョンアカデミー」でネットワークエンジニアを目指すこともオススメ。

「超」初心者のみなさんが、エンジニアを目指す時に、
プログラミングをして、プログラミングができるシステムエンジニアを
目指すことが王道です。

実際、世の中のスクールも「プログラミング」スクールとして、
プログラミングを学ぶことで、未経験からでも、
エンジニアへの転職を目指すスクールとして運営を行なっています。

そんな中、「超」初心者の方には、選択肢の1つとして、
考えて頂きたいのが、

ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)

というお仕事。

このお仕事は、簡単に説明すると、プログラミングをして、
何かを作っていくような、一般的にイメージされるエンジニアとは違い、
会社の中で、パソコンやパソコン周辺機器の設定を、
業務として専門に行うお仕事のことです。

あまり聞きなれないエンジニアの職種かもしれないですが、
「超」初心者の方の中でも、

比較的、大きな企業で安定して働きたい

という方には、是非、検討してもらいたいと思っています。

そして、この職種を目指すための数少ないスクールで、
是非オススメしたい、

未経験からでも無料で学べる「ネットビジョンアカデミー」

をご紹介します。

目次

  1. 「ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)」って何?
  2. なぜ、「ネットワークエンジニア」はオススメなの?
  3. スクール「ネットビジョンアカデミー」はどこがオススメ?
    1. 30歳まで、未経験なら無料で受講可能!
    2. 最大2ヶ月、シェアハウスの賃貸無料!
    3. ネットワークの資格取得も取れる!
    4. 比較的、質の高い企業に就職できる!

「ネットワークエンジニア」という言葉に馴染みのない、
「超」初心者のみなさんにも、是非、転職を目指す職種として、
考えて頂きたいので、是非、読んでみてください。

それでは、説明していきますね。

「ネットワークエンジニア」って何?

パソコンを動かすために周辺機器も含めて設定や運用を行うエンジニアのこと

「超」初心者の皆さんが、パソコンを買って、
インターネットの設定を行う時に、契約時のサービスなどで、
自宅に来て、パソコンやパソコン周辺機器(プリンタなど)の
設定をやってくれる日人が来てくれると思います。

このように、パソコンを使う際には、
・パソコン自体の設定
・パソコン周辺機器の設定
など、他にもケーブルの接続など、
様々なことをやる必要があります。

そして、これが、企業単位になった時に、
このようなネットワーク関連(各種設定等)を
行う人は専門で必要になります。

それが、

ネットワークエンジニア

という職業です。

あまりイメージが湧かないと思いますので、
企業ごとに多少、行う仕事は違いますが、
一例をご紹介します。

それが、
「オフィス移転で、営業部門のパソコンを30台、入れ替えるからネットワーク関連の設定とかお願い」
という依頼です。

これをクリアするためには、
パソコンや周辺機器に関する知識が必要で、
それらの知識を持ち、対応するのが、
ネットワークエンジニアなのです。

「超」初心者の皆さんは、
プログラミングを行なって何かを作るだけがエンジニアではなくて、
このようなネットワーク関連のことを専門に行う、ネットワークエンジニアもまずは知って、検討してほしいと思います。

今回、紹介する「ネットビジョンアカデミー」の

なぜ、「ネットワークエンジニア」はオススメなの?

学習した資格の知識がそのままスキルとして使え、大きめの企業への就職を目指せる。

「超」初心者の皆さんにオススメしている、
この「ネットワークエンジニア」ですが、
CCNAと呼ばれる資格があります。

プログラミングのスキルなどは、現場では、
資格よりも実践が大事で重要視されませんが、
ネットワークに関しては、資格取得が大きなアドバンテージとなり、
学習した内容も実際の現場で使えることが多いです。

また、「ネットワークエンジニア」を「超」初心者にオススメする理由として、

大きめの企業への就職を目指せる

ということです。

それはなぜというと、

ネットワークエンジニアを求めるのは大きめの企業が多い

ということがあります。

パソコンや周辺機器など、色々な設定や運用を行う必要が多いのは、
企業規模が大きいほど多いことが理由です。

このようなことを考えた時に、
「超」初心者の方で、学習を進めて、

資格という形のあるものを取って、大きめの企業ではたらきたい

と考えているようでしたら、是非、オススメです。

ネットワークエンジニアになるためのスクールはそもそも数が少ないので、
少しでも興味があるのであれば、説明会に参加してみましょう。

スクール「ネットビジョンアカデミー」はどこがオススメ?

「超」初心者のみなさんには、

  1. 30歳まで、未経験なら無料で受講可能!
  2. 最大2ヶ月、シェアハウスの賃貸無料!
  3. ネットワークの資格取得も取れる!
  4. 比較的、質の高い企業に就職できる!

がオススメポイントと書き、この後、説明していきますが、
まずは、簡潔にオススメポイントが載っている動画が、
運営元が動画をYoutubeに載せておきます。

いかがでしたか。
魅力的に感じてもらえたと思います。
それでは、具体的にオススメポイントをみていきましょう。

30歳まで、未経験なら無料で受講可能!

スクールの中で、未経験者向けで無料で受講できるスクールは数少ないです。

そんな中で、「ネットビジョンアカデミー」は、無料で受講が可能です。

「超」初心者のみなさんが、「無料」のスクールと聞いて、

「無料」だから、学習の質が低いのでは… 」

「無料」だから、サポートが低く、就職できないのでは…」

と思ってしまうかもしれませんが、全く、そんなことはありません。
このような運営を行なっているところは、
就職先の企業から支援金などをもらって、その資金で運営していることが多く、
この「ネットワークアカデミー」も同じように支援金などで運用しています。

最大2ヶ月、格安でシェアハウスを借りれる

これが、超オススメのポイントなのですが、
実際にネットワークエンジニアとして、
企業に就職するまでの1

ネットワークの資格も取れる!

質の高い企業に就職できる!

「ネットビジョンアカデミー」でエンジニアデビューを目指そう

この記事で紹介したことは、Youtubeで運営している会社がアップしている動画を共有しておきます。
この動画をみても、やはり、オススメできますね。

「超」初心者のみなさんも、無料でトライすることができるので、
「ネットビジョンアカデミー」でエンジニアデビューを目指しましょう!

最後に

これまでの説明で、「ネットビジョンアカデミー」のオススメするポイントは説明して、「超」初心者の皆さんの中に興味を持って頂けた方もいらっしゃると思います。

最後に少し長い動画ですが、
実際に受講された方へのインタビュー形式の動画も載せておきます。

「超」初心者の中で『ネット検索って難しい』というレベルの人はいきなり「オンライン」のプログラミングスクールに通うのはやめよう

プログラミング・デザインの学習において、
プログラミングスクールはスキルアップを目指していく中で、効率的に使いたいですよね。

そんな中で、プログラミング・デザインの学習初心者の中で、

『ネット検索って、難しい』とパソコンに苦手意識がある

という初心者の方は、

いきなり「オンライン」のプログラミングスクールに通うことは勧めません

より効率的にプログラミングスクールを活用するためにも、

「超基礎」レベルは独学でマスターする

ことをオススメします。

それでは、なぜ、事前に「超基礎」レベルのことをマスターすることを進めるのかを説明していきます。

「超」初心者の中で『ネット検索って難しい』というレベルの人はいきなり「オンライン」のプログラミングスクールに通うのはやめよう

プログラミング・デザインの学習で、スクールを活用しても、「超基本」がわかっていないと、

「超基本」の学習だけで、時間が過ぎてしまう

ということが起きてしまいます。

実際に、プログラミング・デザインの「超基本」の学習は、
学習初心者は、少なからず、時間がかかることが多いです。

さらに、この「超基本」に関しては、

インターネットの情報で独学が可能

なため、スクールを効率的に使うためにも、
超基本的なことは独学で学ぶことをオススメします。

「超」初心者の方は、「超基本」を理解することでスクールに入った時の効率がアップすることは説明しましたが、

それに加えてもう1つ、「超基本」を自分自身で学ぶことで、

「本当に」自分がやりたいこと

が少しずつ、わかっていきます。

「超」初心者の方は

  • 本当に「プログラミング」がやりたいと思うのか。
  • 本当に「プログラミング」が楽しいと思うのか。
  • 本当に「デザイン」をやりたいと思うのか。
  • 本当に「デザイン」が楽しいと思うのか。

この辺りはやってみないとわかりませんが、
実際に「超基本」を学んでいく中で、

自分が楽しいと感じること

が見えてくるので、
自分がエンジニアを目指すのか、デザイナーを目指すかなど、具体的な理想像が見えてくるので、
事前の「超基本」の学習はオススメです。

オンラインのプログラミングスクールは、
10−40万など、費用的にコストが高いです。
この高額な費用の中で、

スクールで「超基本」を学ぶことは、コスパ的にもったいない

と感じています。

ちなみに「超基礎」部分に関しては、

  1. 自分のパソコンで「超基本」のHTML/CSSなどを試す
  2. レンタルサーバで、ファイルアップロードなどを試す

のような方法で、小さな投資で学習を進めることができるので、レンタルサーバなどを使って、「超基礎」を学んでみましょう。

今回の記事に該当する「超」初心者には『通学』するプログラミングスクールがオススメ

この記事で、『ネット検索って、難しい』という「超」初心者の方には、いきなりのプログラミングスクールを進めないと話しましたが、

今回の記事に該当する「超」初心者のみなさんに、
オススメできるプログラミングスクールとしては、

『通学』するプログラミングスクール

を強くオススメします。

『オンライン』でのプログラミングの授業となると、
今回の記事に該当する「超」初心者の方が、

プログラミング学習に入る以前の、基本のパソコン動作

で、挫折していくことが多いからです。

この点は、オンラインだと、都度、チャット等で聞くにしても手間で、無駄に時間が過ぎていくので、
やはり、この挫折しやすいポイントを避けるためにも、
『通学』するプログラミングスクールをオススメします。

さらに、『通学』するタイプのスクールを検討する上で、

未経験からの無料サポートがあるスクール

を優先しても良いかなと思います。

コスパ的にも非常に良いので、オススメです。

ちなみに、そういうスクールは、『通学』なので、
場所が決まっているので、該当していれば、
非常にオススメなので、検討してくださいね。

今回、学ぶパンダで調べてオススメの、『通学』タイプの無料サポートがあるスクールを以下に紹介しておきます。

それぞれ、記事にまとめていますので、気になったら、是非、チェックしてくださいね。

無料で学べるスクール/転職サポート

20代までの初心者の第2新卒やフリーターの方でも大丈夫なスクールで、

  • 95%を超える高い転職率
  • 無料で様々な支援が受けられる
  • 反復学習でスキルを身に付ける

といった特徴があるので、オススメです。

30代までのITエンジニアを目指す方が対象のスクールで、

  • 対面式のレッスン
  • マンツーマンでの就職、転職サポート

が特徴なので、初心者にもオススメです。

初心者には、聞き馴染みはないかもしれませんが、
エンジニアの中でも「ネットワーク」を仕事にする「ネットワークエンジニアを未経験から目指すスクールです。

30際までの未経験者が対象のスクールで、

  • 最大2ヶ月、シェアハウスの賃貸無料
  • ネットワークの資格の取得を目指せる
  • 比較的、質の高い企業を目指せる

という特徴があるので、初心者にもオススメです。

初心者が自分でWebプログラミングをしてサイトを作る時のオススメのレンタルサーバ

サイトを作ったら、世の中に公開しないといけませんね。
実際に公開するには「サーバ」と呼ばれるもので、
実際のサイトを作らないといけません。

実際に作るときに、

  • 自分でWebプログラミングをして作っていく
  • 便利なツールなどを使って簡単に作りたい

の方法がありますが、この記事では
・自分でWebプログラミングをして作っていく
の方にオススメなレンタルサーバを紹介します。

それぞれのレンタルサーバは無料期間があるので、
複数のレンタルサーバを無料期間で試してから、
ご自身にあったレンタルサーバを契約することをオススメします。

ちなみにこの2つの方法のどちらが向いているかは、
こちらの記事を参考にしてください。

それでは、Webプログラミング初心者の方が、
自分でプログラミングをして、サイトを作るときに、
オススメのレンタルサーバを紹介していきます。

「ロリポップ!」レンタルサーバー

使い勝手がよく、サポート充実。ドメイン設定も楽なのでオススメ。


レンタルサーバの中で、超初心者の方には、

  • 使い勝手が良い
  • サポートが充実している
  • その他の機能も充実している

の3点が重要かと考えています。

特にサポートの充実に関しては
「ファイルのアップロードどうするのかわからない…」
「何かレンタルサーバで起きているみたいだけれど…」
など、困ったときに問い合わせ等のサポートがきちんとしていると安心ですよね。

その点、このロリポップサーバは、
サポート運営がきちんとしているのでオススメです。

はサポート運営がきちんとしているのでオススメです。

また、Webプログラミング初心者が自分でプログラミングをしてサイトを作っていくと、いろんなことを今後、やっていきたいとなると思います。

その点も、機能が充実しているので、オススメします。

無料期間もあるので、是非、使い勝手など、試してみてください。

「ConoHa WING」レンタルサーバ

こちらも使い勝手、サポートが充実。特にファイルアップロードの使い勝手が良い。

このレンタルサーバも非常に使い勝手がよく、
Webプログラミングの初心者は、オススメのレンタルサーバです。

ConoHa WING(コノハウィング)

この「ConoHa WING」(コノハウィングと読みます)ですが、
一番、オススメしたい部分はファイルアップロードの使い勝手です。

レンタルサーバによっては、
ファイルのアップロードが使いにくいものがありますが、
このConoHa WINGはオススメです。

ちょっとしたことかもしれませんが、
Webプログラミング初心者が、サイト作成で表示を確認する際、
何度もファイルのアップアップロード(または、いらないファイルを削除)を
行うため、この部分の使い勝手が悪いとストレスになります。

Webプログラミング初心者にはそのあたりのストレスが問題で、
「面倒で難しいから」という理由で挫折された方も少しですが見受けられます。
日々、使い続けていく上で、ストレスはない方が良いですからね。

こちらの「ConoHa WING」(コノハウィング)もオススメなので、
是非、試していただいて、「ロリポップ!」か好きな方を選んで頂ければ良いかと思います。

レンタルサーバは自己投資

レンタルサーバはWebプログラミングの意欲を上げるためのツール

レンタルサーバに関しては、
どのレンタルサーバも千円前後くらいで使うことができます。

レンタルサーバを実際に使うか迷っている方には、
「Webプログラミングの意欲を上げるためのツール」
として、自己投資と考えて使ってもらえれば良いかと思います。

実際にWebプログラミングをやっている、Webプログラミング初心者や
実際のエンジニアをみていると、

・自分のパソコンだけで作っている
・レンタルサーバ等で公開して作っている

この2つのパターンのどちらかでやっていると思いますが、
私がみてきた範囲で言わせていただくと、明らかに、

・レンタルサーバ等で公開して作っている

の方が、長く続き、楽しくやっていると感じます。

Webプログラミング初心者の方は是非、
レンタルサーバで公開できる環境でサイトを作成して、
長く、楽しくやって頂ければと思います。

その先には、ご自身の目標とされる転職などでも、
「自分自身で手を動かして作ったサイト」
として、より評価されることにも繋がります。

「やりました」と伝えるよりも「やったものを見せる」の方が
IT業界の方には伝わりやすいので、トライしてみましょう。

無料期間で簡単なファイルをアップロードして、
画面を見るだけでも、モチベーションが上がるはずです。

そして、このサイトや他のサイトなどで、実際のファイルの編集などを
学んで、自分自身のサイトをより良くしていきましょう。

CakePHP3のインストールメモ(Composer)

Composer使って入れてみたときのメモ。

PHPのバージョン確認>

5.5.9以上ってこと

php -v

PHP 5.5.9

<Composer のインストール>

下記に記載がある。

Composer

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php -r "if (hash_file('SHA384', 'composer-setup.php') === 'aa96f26c2b67226a324c27919f1eb05f21c248b987e6195cad9690d5c1ff713d53020a02ac8c217dbf90a7eacc9d141d') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
php composer-setup.php
php -r "unlink('composer-setup.php');"

php composer.phar create-project –prefer-dist cakephp/app my_app_name

でエラー

f:id:shevhome:20161120182812p:plain

スーパーユーザーで実行するなとのこと。

一般ユーザーに変更して実行。

f:id:shevhome:20161120182520p:plain

パーミッションエラーが起きた。

パーミッションを調整して再実行。

f:id:shevhome:20161120182913p:plain

apt-cache search intl

で探してみると、

f:id:shevhome:20161120183302p:plain

らしきものがあるので、これを入れてみる。

php composer.phar create-project –prefer-dist cakephp/app my_app_name 

をもう1回実行すると動いた

f:id:shevhome:20161120185741p:plain

f:id:shevhome:20161120185951p:plain

パーミッションないと言っているので調整。

 で、現時点でページにアクセスしてみるが500エラー。

f:id:shevhome:20161120190451p:plain

Apache側のエラーを確認

PHP Fatal error:  You must enable the intl extension to use CakePHP. in /var/www/html/cake/my_app_name/config/bootstrap.php on line 27 

ubuntuのapahceモジュールとしてintl.soファイルを読み込むように修正(/etc/apache2/mods-available)

で、次に表示されたのはこれ。

f:id:shevhome:20161120194639p:plain

src / Template / Page / home.ctpを独自のバージョンに置き換えない限り、デバッグモードをオフにするとこのページは表示されません。

これはデバッグモードをオフにしていないので出ているらしい。

ただ、CSSが適用されていないような・・・。

f:id:shevhome:20161121192020p:plain

こんなのを期待していたのだがな。

404エラーが出てた。

f:id:shevhome:20161121192051p:plain

対象はこれらか。

f:id:shevhome:20161121192113p:plain

画面上に出てたこれはmod_rewriteの設定漏れ?

f:id:shevhome:20161121192341p:plain

qiita.com

確認したがmod_rewriteは起動している・・・。

で、アクセス権限周りを修正

f:id:shevhome:20161121193823p:plain

 すると、表示された

f:id:shevhome:20161121193914p:plain

メモ_cakephpダウンロード

cakephpのダウンロード場所のメモ

Tags · cakephp/cakephp · GitHub

PHPのモジュールロードエラー

PHPからPostgreSQLへのコネクションをたてるための

確認をしようとした際に、モジュールロードエラーが発生した。f:id:shevhome:20151024203023p:plain

 

具体的には

f:id:shevhome:20151024203254p:plain

のようなエラーがバァ〜と表示された。

f:id:shevhome:20151024203220p:plain

 

とりあえず、忘れないうちにメモ。

 

extension_dir=”/usr/lib/php/modules”

となっているが、モジュールを検索するとパスが異なるため、

extension_dir=”/usr/lib64/php/modules”

に変更。

 

他の対処方法としては、

/etc/php.ini

/etc/php.d配下のiniファイルの

「extension=」ってのを

すべてコメントアウトする方法もあるらしい。

 

対応メモ_002_MAMPのphpinfoの確認

MAMPのphpinfoの確認方法をメモしておきます。

 

まず、MAMPを起動します。

f:id:shevhome:20150921182926p:plain

 

起動したら、真ん中の

「Open WebStart page」をクリックしてページを表示します。

f:id:shevhome:20150921183041p:plain

 

すると下記のようなページが表示されると思います。

f:id:shevhome:20150921183414p:plain

 

その中のヘッダー部分の「phpinfo」から確認できます。

f:id:shevhome:20150921183524p:plain

 

下記のようなphpinfoが表示されると思いますので、

MAMPPHPの情報はこの確認方法で確認すればよいかと思います。

f:id:shevhome:20150921183557p:plain

独学向け(勉強方法)
独学向け(プログラミング)
独学向け(Webデザイン)
独学向け(javaScript)
独学向け(PHP/Laravel)
独学向け(Ruby/Rails)