「¥」マークでなく「\」マークの入力に変更

PostgreSQLのコマンド実行などで、

「¥」マークではなく「\」マークを打ち込む必要があり、

その設定方法を忘れないようにメモ。

 

f:id:shevhome:20151018172842p:plainf:id:shevhome:20150830210905p:plainf:id:shevhome:20151018173324p:plain

でキーボード設定を開き、一番右のタブから設定を変更。

f:id:shevhome:20151024175134p:plain

Macのちょっとした操作メモ_006_修飾キーの動作

 Macのキーボード操作において、

コピー&ペーストを行おうとした際、

ショートカットキーの割り当てがCommandボタンであるが、

Mac用のキーボードでない場合に修飾キーの割り当てを

変更することで、対応できるようなので変更方法をメモ。

 

やり方は下記の公式サイトに記載があった

 

<実施方法メモ>

f:id:shevhome:20151018172842p:plainf:id:shevhome:20150830210905p:plainf:id:shevhome:20151018173324p:plainf:id:shevhome:20150830210905p:plainf:id:shevhome:20151018172828p:plain

で変更を行う。

最終的に下記の設定にした。

f:id:shevhome:20151018172848p:plain

Controlキーを押すとCommandキーを押したと認識されるので、

デフォルトで設定されているCommandキーを使った、

ショートカットキーを使うことができるようになった。

 

 

 

 

Macのちょっとした操作メモ_004_隠しファイルの表示

四角い笑顔が素敵なFinder

f:id:shevhome:20150927184733p:plain

これでファイルを一覧表示しますが、

Macでも隠しファイルを表示したくなったので、

他のサイトとかで変更方法を調べた内容をメモ。

 

ターミナルを開いて

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

 でいけました。

 

参考元の記事はこちらです。

www.genius-web.co.jp

Macのちょっとした操作メモ_003_ソフト起動時の注意点

操作というか、設定というか、

超初歩的なところで、またはまりました。

ほんと、しょうもないことです。

 

基本的にソフトを起動すると最前面に画面が

「バァ〜ン」

と表示されるものだと思っていたのですが、

表示されない・・・あれ?・・・となりました。

下の一覧には表示されるのにな・・・。

っていうところで、特に操作というか、

知ればたいしたことはないことです。

 

自分が「Xcode」というプログラミングをするための

ソフトを起動しようとした時を例にします。

 

画面の下の方に表示される一覧の「Launchpad」

f:id:shevhome:20150913144535p:plain

から「Xcode」を選択して起動します。

f:id:shevhome:20150913144648p:plain

すると画面の下の方に表示される一覧には表示されます。

f:id:shevhome:20150913144744p:plain

しかし、肝心の画面が表示されないのです。

この状況で

「あれ、インストールちゃんとできてなかったかな?」

とか、

「環境設定が間違っているのかな?」

って調べてたりしてました。

 

これについては、なんてことはないのですが、

立ち上がってはいるものの、特に表示する画面がない時は、

画面表示されず、画面上部にソフトのメニューが

表示される状態に変わるようです。

こんなメニューです。

f:id:shevhome:20150913145935p:plain

 

Android Studio」とかは画面がすぐに出てきて、

メニューをいじる時も気にしていなかったのですが、

ソフトの起動に関しては画面上部のメニューから

色々と操作するということを基本として

覚えておけば良いですね。

 

まぁ、こんなことで躓くなんて恥ずかしい限りですが、

一度理解してしまえば、もう躓くことはないでしょう。

Macのちょっとした操作メモ_002_スクリーンショットのショートカット等の変更

Macでのスクリーンショットの取り方に関して、

変更した内容をメモしておきます。

Windows用のキーボードの場合を想定。

 

システム環境変数を開きます。

f:id:shevhome:20150830212928p:plain

 

その中のキーボードを選択。

f:id:shevhome:20150830213240p:plain

 

その中の「ショートカット」のタブを選択。

f:id:shevhome:20150830213459p:plain

上記の画面での設定が、

f:id:shevhome:20150830213614p:plain

などのようにデフォルトでなっているので、

その部分をダブルクリックして、

選択状態にした状態で、任意のキーを押下。

(例)「Ctrl」+「Shift」+Aボタンなど

 

そうすれば、Windows用のキーボードでも

操作できるようにショートカットを変更できます。

Macのちょっとした操作メモ_001_日本語/英語の切替

自分の環境としては、Mac mini

f:id:shevhome:20150815115333j:plain

にもともと持っていた、Windows用の

キーボードをUSB接続で使っているため、

「Command」ボタンというのが付いていない。

そこで、上記のボタンありきの操作方法でなく、

それ以外での入力モードの切替方法のメモ。

 

Macでは画面の右上に

f:id:shevhome:20150830211952p:plain

このように入力モードが表示されており、

ここをクリックすることで、直接、変更することができます。

 

しかし、マウスで切り替えるのは面倒なので、

キーボードで切り替える方法はないのかとなりますが、

色々といじってみてですが、自分は下記の認識です。

 

まず、切り替え方法として、上記の画像の右側に

f:id:shevhome:20150830212149p:plain

のように表示されていますが、

f:id:shevhome:20150830212423p:plain・・・Ctrlキーのこと

f:id:shevhome:20150830212402p:plain・・・Shiftキーのこと

3文字目は普通の文字です。

ですので、

「Ctrl」+「Shift」+「3つ目の文字」

で切り替えることができます。

 

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

独学向け(勉強方法)
独学向け(プログラミング)
独学向け(Webデザイン)
独学向け(javaScript)
独学向け(PHP/Laravel)
独学向け(Ruby/Rails)