初心者がサイトを作る時に自作かツールのどちらで作るか決めるポイント

サイトを作りたいと考えている初心者で、
実際にサイトを作ろうとすると、
以下のどちらかの方法で作ることになると思います。

  1. 自分でWebプログラミングをして作る
  2. 便利なツールなどを使って簡単に作る

この2つの方法がありますが、
「どっちの方法で作れば良いのか?」
という質問をよくお聞きしいます。

これを決めるときには、是非、初心者のみなさんが今後やっていきたいことで決めて頂きたいと思います。

それでは、初心者がサイトを作る2つの方法をそれぞれ見ていきましょう。

自分でWebプログラミングをして作る

IT業界に転職したい、働きたい時にオススメ

初心者の方でIT業界に転職したい方がいらっしゃると思います。
そのような方は、是非、自分でWebプログラミングをして、
サイトを自分自身で作っていくことをオススメします。

正直、便利なツールを使ってもサイトは作ることはできます。
ただ、実際のITの現場から考えると、

「ツールを使って綺麗なサイトを作った人」

「自分自身でWebプログラミングをして、独自のサイトを作った人」

この2人がいたときに、
手を動かしてWebプログラミングをしたという経験
を積んだ

「自分自身でWebプログラミングをして、独自のサイトを作った人」

がすごく魅力的に映ります。

転職時に自分が作ったサイトを担当者に見せることができ、
「Webプログラミングをやりたい人」
ではなく
「Webプログラミングをやりたくて、思考錯誤を続けている人」
ということをアピールできます。

転職時の大きなアピール材料にもなりますので、
転職を考えているWebプログラミング初心者のかたは、
便利なツールを使うよりはハードルは高いですが、
是非、この方法でやっていきましょう。

便利なツールなどを使って簡単に作る

IT業界で働くことはない。サイトを早く作って公開ができる

Webプログラミング初心者の中で、
「IT業界への転職などは考えていない」
「サイトを作って、少し、設定や見栄えの変更をやりたい」
と考える人がいらっしゃると思います。

そのような方は、Webプログラミングの基本は学びながら、
是非、便利なツールを使ってサイトを作成することをオススメします。

なぜか。
それは、このような方は、
サイトを作ることでのWebプログラミングのスキルアップよりも、

サイトを早く作って、公開し、運用することが重要

であるからです。

ただ、便利なツールを使うにしても、
Webプログラミングの超基本的な部分は理解しておいた方が良いです。

超基本的な部分を理解することで、
便利なツールをより使いこなせることに繋がりますので、
その辺りは、このサイトの超入門などの記事などで理解していきましょう。

また、便利なツールも、このサイトで説明している以下の記事のようなサービスを使うことで、サーバを用意したりするなどの手間が減るので、オススメです。

ホームページ作成サービスの方が、管理、運用が簡単

ホームページ作成サービスを作成した後、作ったサイトを運営することを考えた時に、

自分でホームページをWebプログラミングをしながら、
サイト作成をした場合と比較してみると、

ホームページ作成サービスの方が、管理・運用が簡単

という点が、サイトを運営していく上で、
非常にストレスも溜まらないので、オススメします。

サイト運営で、
・文章を書き換える
・画像を変更する
などの作業を行う時に、

ホームページ作成サービスは、線用の管理画面が用意されている

ため、初心者がサイトを作って運営していくことを考えると、
事業等で、作業のスピードが重要な場合に、
サービスを使っていると非常に便利です。

そのため、IT業界で働かず、自分で事業を行う人は、
ホームページ作成サービスを使うことをオススメします。