HTMLの超基礎(header/footer)

HTMLはWebページの構造を作ることは、理解頂いていると思います。
その構造を作りやすくるするHTMLのタグをここでは紹介します。
実際には色々な使い方があると思いますが、Webプログラミング初心者のみなさんには、イメージとして、どういう部分に使うタグなのかを掴んでもらえれば良いかと思います。

headerタグ

ページ内の上部であることを示すタグ

Webページは色々な構造(見栄えば違うと、構造も色々と違います)がありますが、シンプルな例で考えてみましょう。

例えば、次のように、
・上の部分(ヘッダー)
・中の部分(内容)
・下の部分(フッター)
という構造になっていたとします。

このようなとき、以下の上部

ここに使うのが、headerというタグです。

<header>
  ヘッダー
</header>

このように、ページ内の上部に配置するものがあるときに、このheaderタグを使うと覚えておきましょう。

footerタグ

ページ内の上部であることを示すタグ

先ほどの、シンプルな構造

これを例にした時に、headerタグとは逆に
このようなページの下部

ここに使用するのが、footerタグです。

<footer>
  フッター
</footer>

このように、ページ内の下部に配置するものがあるときに、このfooterタグを使うと覚えておきましょう。