【初心者向け】ITリテラシーがなさすぎると悩むなら、まずはタイピング練習を取り組んでみよう

リモートなど、

よりITリテラシーが必要になってきています。

いや、今後、ITリテラシーは必須と言えるでしょう。

そんな中で、

「ITって難しいなぁ」

「ITリテラシーに自信がない」

という方には、

まずは、タイピング練習をやってみる

ということをオススメします。

なぜ、「タイピング練習」なのか。

いきなり、プログラミングやITの記事など、

色々なことをやって、

情報収集やスキルアップに取り組むことも可能です。

この「タイピング練習」を行うことで、

何かを調べる時に打ち込むスピードが早くなったり、

他の作業にも良い影響を与えることができ、

この良い影響が、

そのあとのITリテラシーの向上にも、

良い意味で波及するので、

その辺りを説明していきます。

今は、ITリテラシーがなくて、

何をやって良いかわからない

という方に、この記事を読んで、

まずは、一歩を踏み出して頂ければと思います。

ITリテラシーがなさすぎると悩むなら、まずはタイピング練習を取り組んでみよう

継続的な練習で「継続的に学習する習慣」をつけることができる

タイピング練習をはじめて、

実際に上達するまでに、

継続的に何度も練習する

ということが必要です。

この「継続的な練習」は、

ITリテラシーを高める上で、

継続的に物事を続ける能力の向上

に非常に役に立ちます。

実際にこの能力を向上することで、

ITリテラシーの向上に必要な、

最新の情報を継続的に収集する能力

を養うことにも繋がります。

IT関連の情報は、

常に最新のサービスがリリースされ、

使われているシステムもバージョンアップされるなど、

日々、他の業種よりも早いスピードで変わっていきます。

その情報を継続的に収集していくためにも、

継続的に物事を学習する習慣

が重要になってきます。

この重要な習慣を

タイピング練習に取り組むことで習慣として取り入れていきましょう。

タイピングが早くなると、パソコン操作の苦手意識が減っていく

業務の中で、

「パソコンを使う業務は苦手だな」

「紙の書類だけの仕事なら大丈夫だけど」

など、

パソコンへの苦手意識を持たれている方がいます。

この苦手意識を持たれている方の多くが、

パソコンでの入力作業自体が苦手

であることが多いです。

この入力作業は「タイピング」がうまくできるかどうか。

この点に集約されています。

パソコンへの苦手意識とタイピングの苦手意識は、

相関関係がある程度、見られると考えています。

そのため、この現象を逆に考えると、

タイピング練習でタイピングが上達すると、

パソコンへの苦手意識が和らいでくる

ということが言えるのです。

タイピング練習で少しでも見える形で上達していくと、

パソコンに触ること自体が楽しくなってきます。

楽しくなっていくことで、

パソコンへの苦手意識も薄れていき、

パソコンを使った業務に関して、

より意欲や向上心がうまれてきます。

そのためにも、

まずは、タイピング練習をはじめてみましょう。

現在の業務内の入力作業にそのまま活かせることができる

色々な業種にパソコンは使われており、

パソコンを使った業務はどこでも行われています。

社内資料作成、納品書、データ登録。

他にも業種によって、

パソコンを使った入力処理はたくさんあります。

そのような入力処理では、

パソコンのタイピングが必要になり、

タイピング練習で上達したことが、

業務の入力処理にそのまま活かされます。

実際の業務に直結する人は、

ぜひ、タイピング練習をはじめてみましょう。

タイピングの上達は、パソコンを好きになる最初の一歩

タイピング練習をすること。

タイピングが上達すること。

これは、

パソコンを好きになる最初の一歩。

ITリテラシーに自信がなく、

パソコン自体に苦手意識があるのなら、

このタイピング練習で一歩を踏み出してみましょう。

ちょっとずつ、少しずつ、上達していきます。

そのちょっとが、一歩一歩が、

あなたをパソコン好きにしていきます。

できることから、コツコツと。

タイピング練習で継続的な取り組みの習慣化を身につけ、

今後のパソコンライフをより良いものにしていきましょう。

独学向け(勉強方法)
独学向け(プログラミング)
独学向け(Webデザイン)
独学向け(javaScript)
独学向け(PHP/Laravel)
独学向け(Ruby/Rails)