文系の学生が就職先で社内SEが最適解である可能性が高い理由

文系の学生で、就職活動やその後の社会人生活に向けて、
プログラミング学習などを始めようと考える方も、
非常に多くなっていると思います。

そんな中で、文系の学生に関して、
これからの社会で生きていく中で、

社内SEが最適解である可能性は高い

と考えています。

実際に、自分自身がIT業界で転職を何度か行い、
社内SEとして、現在働いている経験も踏まえて、
どのように社内SEが良いのかを説明していきます。

文系の学生が就職先で社内SEが最適解である可能性が高い理由

社内SEに関しては、実際のITベンダーや、
受託開発のIT企業とは違い、

比較的、就業時間が安定している

ということが言えます。

この就業時間の安定が、どのようなメリットをもたらすかというと、

  • 心身ともに安定した生活を送りやすい
  • 成長するための学習時間を確保しやすい

ということが挙げられます。

文系の学生さんの中には、

社会人になっても、働きながら様々な知識をつけたい

と考える方もいらっしゃいますが、
その点を考えても、就業時間が安定しているのは重要です。

社内SEをしていて思うのは、

  • 基本的なITリテラシー
  • 会社の事業に関わる業務把握

ということへの理解が非常に重要です。

特に文系出身の学生さんであれば、
業務内容の把握に関しては問題ないと思います。

そして、「文系」ということから、
「ITリテラシー」を敬遠しがちですが、
社内SEで働くことによって、ITリテラシーに関して、

社内SEは、基本的なことから業務レベルで身につけれる

というメリットがあります。

今後、社会が変化していったときに、
転職などを考えるタイミングが来たときに、
この経験は非常に有意義に働くでしょう。

そういうことから、文系の出身でも、
ITリテラシーを育むことができる社内SEはオススメです。

社内SEに関しては、非常に閉じられた世界、決められたことをやるなどの偏見を持たれることがありますが、
そんなことはありません。

むしろ、

会社の中で、ITの相談と共に、業務の話が流れてくる

という非常に面白い経験をすることができます。

会社の規模や、社内SEの中でも、
社内でどのようなポジションにいるかにもよりますが、


〇〇をちょっと変えてほしい…

どうして、〇〇を変える必要があるんですか?

〇〇の業務は、今、売上が△△で、今季中に□□を目指さないといけなくて、…..


このような、感じから、色々と社内SEに情報が落ちて来ます。

ですので、社内SEをしていると、

  • 比較的、会社全体のことが少しずつ見えてくる
  • 他の業務内容まで知識を得ることができる

という良い点があります。

このような面からも、社内SEは、様々な物事を見て、聞いて、感じながら成長できるのでオススメです。

文系の学生もITリテラシーを高めよう

文系の学生もプログラミングを学ぼう

文系の学生の皆さんにも、
学生の時に、学習の時間が取れるのであれば、

プログラミング学習を通じて、ITリテラシーを高める

ということをオススメします。

プログラミングを学ぶことで、

  • 今の社会に必要な、ITリテラシーを養う
  • 就職活動時のアピール材料になる

など、様々なメリットがあるので、
少しでも時間をとって学習することをオススメしています。

この辺りは、以下の記事にまとめていますので、
気になったら読んでください。

プログラミングへの偏見は捨てよう

文系の学生さんの中には、

プログラミングは非常に高度で、自分には無理だ

と考えてしまう人もいると思います。

しかし、ITの現場で文系出身の新入社員に指導したり、
オンラインのプログラミングスクールで教えていく中で、


私には、プログラミング無理そうです…

大丈夫。まずは、これからやってみよう


地道にプログラミング学習を継続


あ〜、わかるようになってきました。
プログラミングの基本的なことが、わかって来たかもしれません。


という流れで、最初、全くITリテラシーがなくて、
挫折していた新人も、地道に学習していくことで、
プログラミングを身につけれることができます。

以下の記事に文系の学生さんが、誤った認識で、
プログラミング学習を始めることを躊躇していたりするので、
そのような方は、ぜひ、以下の記事をよんでみてください。

リーズナブルな学び方を見つけよう

プログラミング学習に関しては、

有料のスクールで学ぶ = 価格が高い

という認識を持たれています。

この点に関しては、否定しません。
有料スクールの価格は数十万するプランが多いので、
非常に高いと思います。

費用の面で、有料スクールに通うことが厳しい学生さんは、
最近、少しずつ浸透している、MENTAなどの、
直接指導のメンター制度を設けているサービスも検討しましょう。

スクールに通うよりもリーズナブルに試せるので、
試しに1ヶ月だけ試してみるなど、
自分が負担にならない範囲で使ってみましょう。