--> Linuxでtarコマンドで圧縮・解凍する方法 - 初心者向けのプログラミング学習・就職・転職情報サイト

学習サポート始めました(有料)

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Linuxでtarコマンドで圧縮・解凍する方法

Ubuntuの中で、

大きなファイルに関して、

圧縮してのことしておきたいということが、

大きなデータベースファイルについて、

dumpファイルなどを作った時によく起こります。

このLinuxでのtarコマンドでの圧縮・解凍について、

Npmのパッケージ管理をよく使っている。

そんな中で、

パッケージで使っているライブラリのバージョンなど、

現時点の情報を確認する方法など、

自分自身でよく使うけど、よく忘れるのでメモ。

Linuxでのtarコマンドのオプション確認

オプション確認

tar --help

主要部分を抜粋

$ tar --help
-c, --create               create a new archive
-x, --extract, --get       extract files from an archive
-z, --gzip, --gunzip, --ungzip   filter the archive through gzip
-f, --file=ARCHIVE         use archive file or device ARCHIVE
    --force-local          archive file is local even if it has a colon

Linuxでのtarコマンドでの圧縮方法

圧縮コマンド

tar -zcvf xxxx.tar.gz directory

Linuxでのtarコマンドでの解凍方法

解凍コマンド

tar -zxvf xxxx.tar.gz

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

ピックアップ

おすすめ記事