プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

プログラミング学習でトライ&エラーの繰り返しが大切な理由

プログラミング学習をしていく上で、

どのような教材やスクールを活用するのかなどは、

この記事などにまとめていますが、

実際に取り組みにあたって、

プログラミング学習で大切なこと

として

トライ&エラーを繰り返すこと

ということが大切です。

この点は、

よく言われることでもありますが、

自分自身の学習において、

うまくそれができているのか、

トライ&エラーをやっていく上で、

どのようなことに注意したほうが良いのか、

この辺りのことを考えながら、

自分自身に当てはめて確認してみましょう。

プログラミング学習でトライ&エラーがなぜ必要か。

トライ&エラーを繰り返すことで「経験」として身につける

プログラミング学習をしていく中で、

まずは基本を抑えるために、

各種のプログラミング言語を使う上で、

  • 基本的な「書き方」
  • 基本的な「考え方」

については、

最初に学習する必要はあります。

この学習を行った上で、

プログラミングをやっていく上で、

実践的に必要となる、

  • 使い方を知った上での「活用方法」
  • うまくいかない場合の「調べ方」

などを養うことが大切です。

この実践的な能力を養うために、

トライ&エラーを繰り返すことで、「経験」として身につける

ということが、

プログラミング学習において、

トライ&エラーを何度もやっていく事が、

必要であり、大切である1つの理由です。

コードの書き方を全て覚えるのは不可能に近い

プログラミングをやっていく上で、

「コードを書く」

ということは、

どのプログラミング言語でも、

必ず行う作業の1つです。

そんな「コードを書く」という行いに関して、

例えばの例でいうと、

  • 処理の中でのイベントの種類
  • 言語として使える関数の種類
  • 各種類のイベントや関数の書き方

など、

このようなことを、

全て覚えてコードを書けるようにすることは、

非常に難易度が高く、

不可能に近いという事が言えます。

この点に関しては、

初心者が全ての書き方を覚えようとしてうまく学習が進まない

ということに強く関連しています。

うまく学習が進まないということで、

プログラミング学習を挫折する初心者もいますが、

特に独学で学習している人の中で、

挫折している人の多くは、

この全ての書き方を理解しようとしている事が、

挫折している大きな要因になっていることが多いです。

そのため、

全てのコードの書き方を覚えるような学習は、

途中で挫折してしまうことにつながりやすいので、

学習の途中からは、

トライ&エラーを繰り返す学習に、

ステップアップしていくことが重要となります。

トライ&エラーをやっていく上で、おすすめの学習方法

課題を使って、できる限り答えを見ず、トライ&エラーを繰り返す

トライ&エラーをやっていく上で、

最初に基本的な考え方や、

書き方などを学習して理解したあと、

おすすめの学習方法としては、

課題を使って「できる限り答えを見ず」、トライ&エラーを繰り返す

ということです。

課題を活用して、

自分なりに考えてトライ&エラーを繰り返すことで、

  • 自分なりに考えた上の結果と比較することができる
  • うまく描けなかったコードの書き方を知ることができる

というメリットがあるので、

学習をしていく上で、

課題を使ってトライ&エラーを繰り返していくことは、

自分なりに考えることをやりながら、

初期の基本的なことを覚えるだけの状態から、

ステップアップする方法としておすすめです。

ちなみに、

javaScriptに関しては、

参考となるサイト、サービスなどを自分なりに、シンプルな物として作ってみる

トライ&エラーを繰り返すために、

課題を使っていくことは、

おすすめな方法として説明しました。

この方法と合わせて、

プログラミング学習の方法として、

おすすめな方法が、

参考となるサイトやサービスを自分なりにシンプルに作ってみる

ということです。

この方法に関して、

やっていく上で大切なことは、

完璧に同じものを作る必要はない

ということです。

それは、

参考となるものを作っていく中で、

  • 参考となるものを作る上での大きな考え方を理解できる
  • 自分で考えることで、トライ&エラーを繰り返しやすい

ということが、

やっていくメリットとしてあり、

参考になるものを自分なりにトライすることで、

自分なりにトライしたという「経験」を、

身につけることができることで、

自然と実践的な能力を養うことができます。

完璧なものができなくても、

自分なりにトライ&エラーを繰り返したことが、

「経験」となって蓄積していくので、

まずは、参考となるものを決めて、

自分なりにトライしてみることが大切です。

自分なりにトライ&エラーをやって、煮詰まってしまったら、スクール活用もあり

プログラミング学習をしていく中で、

うまくいかないことはよくあり、

この点を解決していくことが、

実際にプログラミングで作っていく上でも

大切なことで、実践的にも求められます。

そのような、

物事を解決する中で、うまく解決できないこと

に対して、

  • どのように原因を探れば良いのか
  • どのように書き方を直せば良いのか

などということを、

スクールを活用することで、

より実践的な能力を養いながら、

身につけることができるので、

将来的に就職・転職を目的に

プログラミング学習をしているのであれば、

スクール活用も検討すると良いでしょう。

ピックアップ

初心者にオススメ

おすすめ記事