派遣社員を脱却するためのIT業界への転職は客先常駐を検討すべき理由

初心者の方の中で、

どうしても「派遣社員」を脱却したい

という方がいらっしゃると思います。

そんな方に、正社員として働きながら、
少しずつ、スキルを身につけて、

IT業界で手に職をつけた人材になる

という目標を持つことをオススメしています。

そんな中で、

実際にどのようにIT業界に転職を目指せば良いのか

という点が疑問に思われると思うので、
その点に関して、IT業界の実情も踏まえて、
オススメの方法を説明していきます。

少しでも、派遣社員の方が、正社員への転職に向けて、
参考になれば幸いです。

派遣社員を脱却するためのIT業界への転職は客先常駐を目指すべき理由

未経験は、正直、自社開発は難しい

まず、IT業界が未経験の初心者が、

うまく転職できない、採用されない

と感じている方については、
採用側の求められるスキルに満たしていない、
ということが多くあります。

この点に関しては、

  • 自社内開発:即戦力、スキル高
  • 客先常駐 :スキルに応じて案件対応

の違いがあることを把握してもらうことが必要です。

自社開発の方が、よりフレキシブルに働けるなど、
働き方の面でメリットもありますが、
採用する側は即戦力を取ることが多いです。

そのため、

未経験の初心者が採用されるには高い壁がある

ということを把握しておきましょう。

ですので、自分自身が応募する企業が、
どちらの企業なのかを考えて応募するようにしましょう。

IT現場の客先常駐でも「正社員」で働くことが可能

IT業界自体で働いたことがない方に

IT業界の客先常駐は、派遣社員であるという間違った認識

を持たれる方が多いです。

フリーエンジニアなどで、会社に属せず、
客先常駐で働いていらっしゃる方はいます。

ただ、「正社員」として会社に就職し、
メーカーなどに客先常駐する形で働くことは可能です。

参考:「正社員」で客先常駐で働くイメージ

より具体的に「客先常駐」を初心者に勧める理由を、
下記の記事に記載していますので、
気になった方は、ぜひ、読んでみてください。

「未経験」に対応した転職エージェントを使うべし。

転職活動において、転職エージェントを使うと、
非常に効率的に、結果を目指して活動ができます。

しかし、IT業界向けの転職エージェントは、

経験者向けのエージェントが多い

という特徴があり、初心者の皆さんが、
そのような転職エージェントを使っても、

  • そもそも、話を聞いてくれない
  • 案件の紹介数が非常に少ない

など、現場での経験がなく、
そもそも、経験者向けの企業を扱っていることが多いため、
未経験の初心者に提供できる情報が多くありません。

ですので、未経験の初心者は、
「未経験」でも対応できる転職エージェントを使いましょう。

ちなみ、IT業界特化のエージェントだけでなく、
転職相談サービスで、IT業界企業を教えてもらう方法もオススメです。

参考として、オススメの未経験の方向けの転職エージェントサービスなどを紹介しておきます。

正社員への転職を掴む上で

首都圏なら未経験向けの無料スクールもあり

未経験の初心者に向けて、
首都圏に関しては、いくつか、無料のスクールがあります。

例えば、「GEEK JOB」などは、

  • 未経験からプログラマーを目指せる
  • 就職/転職に向けたサポートを受けれる

などの特徴があるので、未経験の初心者の方で、
通えそうな方は、ぜひ、検討してください。

年収だけでなく、基本給はきちんと確認

IT業界への転職を目指す時に、
想定年収で「高いなぁ」と感じる方も多いかもしれません。

しかし、IT業界の中には、

基本給が低く、残業が多いために、想定年収が高い

という企業も存在します。

これは、この記事で説明している「客先常駐」で、
メーカー等に派遣をしている企業(実際に就職する)でも、
大きく違うことがあります。

ですので、個人的な経験も踏まえて、

  • ベースとなる「基本給」
  • 手当として嬉しい「住宅手当」

この2つは、企業ごとに違うことが多いので、
きちんと確認しておきましょう。