プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

文系でシステムエンジニアで活躍するならスキルと業務知識の組み合わせで勝負しよう

文系でシステムエンジニアで活躍するならスキルと業務知識で勝負しよう

文系として大学生活を送ったり、

社会人として文系の知識を活かしながら、

様々な業務知識を得ていく中で、

文系出身で業務知識を得たけれど、
システムエンジニアに就職・転職して、
スキルを持った人材になりたいな。

と考えて、

Webエンジニアなどに

転職を目指す方は多いです。

そんな文系出身の方に関しては、

自分自身が、大学や社会人で学んできた知識を生かして、
「スキル」と「業務知識」の組み合わせで、
IT業界で生きていくことを考えましょう。

ということをお伝えしています。

今は様々な業界がIT化を推進しており、

業務知識を持ったエンジニアは非常に重宝されます。

その点を考えると、

今までの業務に関連しない、

全く別のWebシステム開発などで、

スキルアップを目指していくのも、

1つの方法ではありますが、

「スキル」と「業務知識」を持ったエンジニアを目指す

ということが、

長くIT業界で生きていく中で、

オススメの方法の1つであることは事実です。

この記事では、

なぜ、業務知識と組み合わせた方が良いのか、

その場合の注意点なども説明していきます。

文系でシステムエンジニアで活躍するならスキルと業務知識の組み合わせで勝負しよう

どの業界でもシステム導入でIT化が進んでいる

文系の方がシステムエンジニアを目指す時に、

「システムエンジニア」という職種を

一括りに考えてしまう方が多いです。

IT業界やシステムエンジニアのことが、

よく分かっていないから、

仕方ない部分がありますが、

システムエンジニアって理系の人が、
プログラミングをしているんですよね。

というざっくりとしたイメージだけを持たれることが多いです。

しかし、実際のシステムエンジニアは、

システムエンジニアと言っても様々な業種で必要とされており、

例えば、

・会計の業種のシステムエンジニア

・自治体系のシステムエンジニア

・食品流通系の業種のシステムエンジニア

・証券系の業種のシステムエンジニア

など、

他にも様々な業種で、

システムエンジニアは必要とされています。

この

世の中の様々な業種でシステムエンジニアは必要とされている

ということをまずは認識してください。

業務知識は1つの財産である

IT業界の中で、

システムエンジニアとして生きていく中で、

システム開発に関する「スキル」の知識はベースとなる

ということは、

どのような業種のシステムエンジニアでも

共通的に必要な能力として大切です。

それは、

システム開発においては、

・システムの設計

・システムの実装

・システムのテスト

のどの工程において、

作られているシステムがどうなっているかは、

システム開発に関するスキルがないと理解できないことが多い

ということが理由です。

ただし、

文系の方がシステムエンジニアになった時のことを考えると、

文系として得た業務知識は、重要な財産となる

ということが言え、

IT業界のシステムエンジニアを見たときに、

現場で豊富な業務知識を持ったシステムエンジニアは重宝される

ということが多いです。

システム開発をしていると、

納品先の担当者と話す機会がありますが、

その時に業務知識が豊富であると、

・相手の伝えたい業務内容が理解できる

・自分が伝えたい内容を業務に関連させて伝えることができる

というメリットがあるので、

その点は、文系の方がシステムエンジニアになる時に

非常に有益な財産を持っていることになるので、

文系として学習している、

また、今の業務で得た知識は大切にするべきです。

自分の持っている業務知識のシステム開発の方が理解が早い

文系の方が、

システムエンジニアになったときに、

スキルの面で、

文系としてシステムエンジニアに転職できたけど、
なかなか、現場に入って、実際に求められるスキルレベルの内容を把握するのが大変だなぁ。

というスキルレベルで、

実際の現場で感じることが多いです。

しかし、

スキルの面では、未経験からトライしたばかりなので仕方がない

と割り切るしかありません。

この点は、

システムエンジニアになってからも、

学習の連続なので、

少しずつ、理解を深めていきましょう。

一方で、

スキルとは別に「業務知識」に関して、

開発しているシステムの業務知識の有無で、システムの理解度が大きく違う

という点が、

未経験から文系の方がシステムエンジニアになった時に、

・うまくシステムの事を理解できる

・なかなか、システムの事を理解できない

の2つのパターンに分かれる大きな要因となります。

自分が業務知識を持ったシステムは、画面や操作の意味がわかる

という点が、システムの理解を早めるので、

この点が文系からシステムエンジニアになる上で、

非常に大きなポイントとなります。

「スキル」と「業務知識」の組み合わせを持つエンジニアの需要は高い

システムエンジニアに関して

システムエンジニアは、
「スキル」を持っている事が非常に大切で、
何よりも「スキル」が大切ですよね。

という事を初心者の方に質問頂く事が多いです。

そして、

この質問に関しては、

その通りであるとお伝えしています。

そんな、IT業界の中でのシステムエンジニアの評価に関して、

1つだけ、把握しておいて欲しい事が、

どのような企業でも、「スキル」だけでなく、
「業務知識」を持ったシステムエンジニアが
非常に求められています。

という事です。

システムエンジニアとして、

スキルが非常に重要なのは否定しませんが、

実際に作りたいシステムの事を理解するかで、

システム開発を依頼する側としては、

「業務知識」を持った「設計のできる」システムエンジニアを求めている

という事が多いです。

この事から考えても、

文系の方は、自分が持つ「業務知識」を生かしながら、

システムエンジニアとして、

「スキル」を自分の財産に加えていく事をオススメします。

文系からシステムエンジニアを目指す初心者にオススメの記事

文系からシステムエンジニアを目指す時、

本当に、文系からシステムエンジニアになれるのかな。
プログラミング学習を始めてみたいけど、
文系の私が始めて、本当にうまくいくのかな。

と文系の初心者は、

不安を持つ方は非常に多いです。

大学などで、システム開発の講義など受けておらず、

社会人の方でも、業務内でシステム開発は、

エンジニアがやっているので、

自らプログラミングに関わることはありません。

そのような不安を持っている方は多いですが、

文系からでもエンジニアへの就職・転職は可能

であることは、

色々な初心者が、

未経験から新卒や転職などで、

入社してくるのを見て、

間違いなく努力次第で可能だと言えます。

そんな文系からシステムエンジニアを目指す中で、

努力をしていくことは重要ですが、

まずは、どのような認識を持っておけば良いのか、

以下の記事を参考にしてみましょう。

ピックアップ

初心者にオススメ

おすすめ記事