プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

【エンジニア転職】エンジニアの転職面接は「なにをやりたいか」の具体例を示すべき

IT業界の中で、

「エンジニアになりたい!!」

「エンジニアとしてステップアップしたい!!」

という方は多いです。

そんな方の中には

転職はしたいけど、面接で何を話せば良いのか

という点で

非常に不安になる方がいます。

そんな方は

エンジニアの面接では、

実際に入社したい会社で

「なにをやりたいか」

をきちんと考え、

その点にフォーカスして

話をすることをオススメします。

1つの何を伝えたら良いか

ということをはっきりしておくことで

よく面接官に聞かれる

「何か、伝えたいことがありますか」

「アピールしたいことがありますか」

「入社後になにをしたいですか」

など、

面接でよく質問されるパターンにも

対応できることができるようになります。

ぜひ、

自分なりの言葉でアピールできるようになりましょう

【エンジニア転職】エンジニアの転職面接は「なにをやりたいか」の具体例を示すべき

企業側は同じスキルなら「意欲」を重視している

IT業界の中で

エンジニア採用をしている会社は多いです。

そんな会社で

未経験や経験者でも

採用する人を募集する時に

同じようなスキルの人が応募してくることが多い

ということがよく起こります。

そんな時に、

ちょっとしたスキルの違いに関しては

現場で面接官をしてきた経験からいうと

正直、ちょっとのスキルの違いは同じで扱うことが多い

ということが言えます。

最終的に人事や上長(社長など)との

最終的な判断の認識合わせをする時に、

細かなスキルの違いを説明しても

なかなか理解してくれることが少ないという理由があります。

そんな同じようなスキルの人がいる時に

採用する側として

何を見て同じようなスキルの人を比較するか

という点。

この点に関しては、

その人がどれだけ会社で「やりたいことが明確なのか」

ということを重視して判断します。

言い換えると

どれだけ、面接官に「意欲」をアピールできたのか

という点が大きな判断材料となるので

非常に重要であるということが言えます

ですので

「何をやりたいのか」ということは

面接の前にきちんと考えて

整理して話せるようにしておくことが大切です。

スキル不足でも「なにをやりたいか」が明確であれば採用後に育てることを考えてくれる

売り手市場のときに

なかなか希望しているスキルのエンジニアが応募しない

ということも現実としてあります。

そんな時に

企業側としては

希望のスキルを持った人がいないので採用しない

という考え方もありますが、

一方で

ちょっとスキルは不足していても誰かを採用する

ということを行うことがあります。

この

「誰かをどうにか採用したい」

という時に

企業側が重視することは

「やりたい」ことが、企業の求められる「将来像」とあっているか

ということです

この「将来像」というところがポイント。

企業側もスキル不足なので

入社後、すぐに活用することは求めていません。

ですので

しっかりと企業理念などを把握して

あなたがやりたいことが

企業側の将来像とマッチするように

説明して、アピールできるようにしておきましょう。

やりたいことが不明確だと、スキルがあっても不採用にすることがある

先ほど、

スキル不足でも「意欲」で採用することがある

という事があることを説明しました。

しかし、一方で

スキルが問題なくても、「意欲」が感じられないと採用しない

という事もあります。

スキルをすでに持っていて経験がある人や

自己学習を行ってスキルを身につけた人など、

理想的な人材に面接で会うことはあります。

しかし、

『あなたは今後、なにをやっていきたいですか』

という質問に対して

自分なりの意見がうまく伝えることができず、

スキルはあるけれど、「意欲不足」

という理由で不採用にすることがあります。

企業側としても

「入社後にやる気出して働いてくれるかな?」

「他の社員に意欲ない人を見せるのはどうかな?」

など

色々なことを考えて躊躇してしまうことが多いのです。

ですので、

「なにをやりたいのか」

「なにをやっていきたいのか」

という点は非常に重要なので

自分なりに、

自分のことばで

説明して伝えられるようにしておきましょう。

「何をやりたいか」をはっきりとさせるために転職エージェントを活用するのはあり

ここまで説明してきたように

「何をやりたいのか」

ということをはっきりとすることは重要です。

しかし、

「うまく自分が何をやりたいかをまとめられない」

「そもそも、自分が何をやりたいのかがわからない」

という人もいると思います。

そんな方は、

時間をかけて、自分でまとめることが難しく

どちらかというと

他の人と話すことで「何をやりたいか」がみえてくる

ということがあるので、

自分で考えることに行き詰まったら

転職エージェントを活用して「何をやりたいか」を明確にする

という方法をオススメします

転職エージェントは

色々な人を見てきており、

話を聞きながら、

あなたが「何をしたいのか」

という事も

話をしながら聞き出してくれます

そして

あなた自身も

話しながら「何をやりたいか」が見えてくる

ことが多いです。

特に未経験でエンジニアに転職をされる方

経験が浅く、転職に不安を持っている方

などは

転職エージェントを使い、

IT業界のことを知りながら、

あなたが「何をしたいのか」を明確にする

ということに取り組むことをオススメします。

ピックアップ

初心者にオススメ

おすすめ記事