プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

【初心者向け】未経験からSESの企業への就職は「開発経験を積めるか」を注意すべき理由

IT業界で未経験から働く際に、

なかなか、自社開発の企業に内定をもらい、

そのような企業で働くことは、

正直、厳しいという現実があります。

その点、IT業界で経験を積むことを考えると、

SES(システムエンジニアリングサービス)

という形態の会社で、

正社員で採用されながらも、

自社ではなく、メーカーなどの大手企業で働くことで、

IT業界での経験を積むことも1つの方法です。

経験を積むことで、

自社開発の企業への転職など、

次のステップに進むことができる可能性が、

開発の経験を積むことで高くなるので、

市場価値を高める意味でも

未経験からIT業界への入り口の1つとなっています。

そんなSESで働くことに関しては、

1つだけ、企業を決める際に、

考えておいて欲しいことがあります。

それは、

働く職場で「開発経験を積めるのか」

ということです。

この記事では、

なぜ、業種を考えておくことが必要なのかを、

初心者向けに説明していきます。

この記事のまとめ

  • 未経験からIT業界にチャレンジしようと考えたとき、
  • 最初の一歩として、チャレンジする手段として、
  • SESという形でIT業界に入る」という方法が、
  • はじめてIT業界にチャレンジする人には、
  • 1つの方法としてオススメです。
  • この方法に関しては、受ける企業に関しては、
  • 自分が入社してから何をできるのかというポイント
  • しっかりと押さえておくことが非常に重要です。
  • 特にIT業界の中で、「経験を積む」という点では、
  • できる限り、「開発経験を積めるかどうか」を重要視するべきです。
  • 開発経験を積めることで、
  • 数年後に、自分自身のキャリアアップを振り返ると、
  • 経験値として、とても大きくプラスになることは間違いありません。

このように、

未経験からIT業界に入ろうとするときに、

SESの企業に入るという選択肢は、

非常に魅力的であることは間違いありません。

そんな未経験から、

SESの企業で働く上で、

どのようなところがオススメのポイントなのか、

逆にどのような点に注意しないといけないのかという点を解説します。

未経験からIT業界にチャレンジするときにSESがなぜ、オススメなのか

自社開発企業への就職は、正直、厳しいという現実がある

未経験からIT業界への就職を目指すときに

自社開発を行っているIT企業

という企業を目指す方は多いです。

ただ、このような自社開発を行っている企業は、

IT業界未経験の方だけはなく、

IT業界でエンジニア経験を積んだ人も応募するため、

就職・転職したいと思っている総数自体が多いです。

さらに、

企業側が求めるスキルのレベルも高いことが多い

ということが、

未経験の方へのハードルを大きく上げる要因です。

「絶対に無理」などは、

それぞれの方の学習で身に付けた内容などで、

一概には言えませんが、

未経験からはなかなか難しいことは、

採用する側から見て、

すごく感じることでもあるので、

まずは、この点を把握しておきましょう。

SESでは、一定期間で希望を出せば、他の現場を会社側に希望することができる

先ほど、

自社開発をしている企業は未経験からは難しい

という説明をしました。

では、

自己学習しているが、スキルには自信がない方で、

どうしてもIT企業への就職を目指したい方はどうするか。

そういう方には、

SES(システムエンジニアリングサービス)

の企業に就職をして、

まずはIT業界で経験を積むことを目標にすることをオススメします。

SESでは、正社員として採用されながら、

特定派遣という形で、

働く職場としては、メーカーなど、

他の大手企業などで働くことになります。

この特定派遣で働く職場に関しては、

入社したSESの企業の取引先によりますが、

働く先をプロジェクト単位で、

会社側に相談することができます。

職場ごとにルールや雰囲気なども違うので、

会社に相談して、色々な職場を見てみることができます。

この点は非常に大きなポイントなので、

経験を積みながら、色々な職場を見れるので、

プロジェクトが半年〜1年の単位になることが多いので、

その単位で会社側に相談すると良いでしょう。

ちなみに、ここでも説明した、

未経験からSESなど、客先常駐を検討すべき理由は、

こちらの記事も参考にしてください。

IT業界で経験を積むためにSESを活用するなら業種を考えておくべき理由

業種で「テスト工程」が長く、開発経験が積みにくい現場に行くことがあるので注意

SESに入社することを考えたときに、

その入社するSESから、

実際に働く現場を聞かされたときに、

・働く職場の場所

・働く職場の企業規模

などを説明を受けると思います。

そんな説明の中で、特に、

働く職場で作っているシステムの「業種」

は非常に重要です。

この「業種」で違うのが、

開発するための期間の長さ

が大きく違います。

一般的に、

不具合が起きたときに社会システムが揺らぐもの

テストする期間が長い(テスト工程が長い)

ということが言えます。

銀行系システムや証券系のシステムですね。

このような業種は、

未経験の方がSESで現場にアサインされたときに、

テスト工程のみ任されるので開発経験が積めない

ということがあるので注意が必要です。

IT業界での「経験を積む」ということを考えたときに、

現場でどのような開発を行ったのか

ということを

転職の際などに重視されるので、

開発経験を積めるのかは非常に重要です。

業種を把握して、「自分が開発工程に携われるか」をきちんと確認しよう

SESの企業に入社して、

現場で働くときに、

「開発経験を積めるのか」が重要である

ということを説明してきました。

それを踏まえた上で、

入社を目指すSESの企業側に確認すべきこととしては、

自分が働く可能性が高い現場で作っているシステムの「業種」

という点と、

現場に行っている「同じ企業」の人が実際に開発工程に携わっているか

という形で確認しておきましょう。

この辺りは、

きちんと確認できていないと、

せっかくIT業界には入れたけど、

開発経験が積めず、

IT業界内での次の転職も難しくなります。

しっかりと確認して、

IT業界の中で、良い経験を積めるようにしましょう。

SESの企業の確認はエージェントを使って確認するのがおすすめ

未経験の方が、

IT業界に入るために、SESを検討すること自体は、

非常に良いことで、IT業界に入りやすいという点でもおすすめです。

このSESに関しては、

「開発経験を積めるのか」という点がポイントで、

このポイントに関しては、

未経験の方が確認するということは、

可能であるけれど、なかなか難しいということが言えます。

そこで、

未経験の方がIT業界を目指す上では、

エージェントを活用して情報収拾を行う

ということが非常におすすめです。

エージェントを活用することで、

  • どのような開発を行うかを知ることができる
  • 企業の規模や働きやすさなども知ることができる
  • 社内にどのような人が多いのかを知ることができる

このようなメリットがあるので、

初心者の方は、エージェントにまずは相談してみることがおすすめです。

エージェントには、自分の今の状況を説明し、

どのような場所で働きたいかと点を共有すれば、

オススメの企業とその企業が、どのような開発を行なっているのかを説明してくれます。

ぜひ、転職エージェンを活用することで、

自分自身でうまく把握でいないことを補助していきましょう。

ピックアップ

初心者にオススメ

おすすめ記事