プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

【初心者向け】スマホアプリ開発のプログラミング言語の種類を知ろう

初心者がプログラミングが開発において

就職・転職を目指す時に、

スマホのアプリ開発をやってみたい

ということを聞きます。

そして、

そのような方によく聞かれることが、

スマホ開発のプログラミング言語とか教えてください

という質問です。

ネット上の色々な情報を見て、

初心者の方が、

スマホ開発するプログラミング言語を

PHPやRubyなど、誤って認識している方もいるので、

ここでは、超基本的な事として、

スマホ開発のためのプログラミング言語を紹介します。

【初心者向け】スマホアプリ開発のプログラミング言語の種類

スマホの端末を2つに分類するとiPhoneとそれ以外

使われているプログラミング言語を調べる時に、

スマホの端末の種類

を分類する事が重要です。

初心者の方の中で、

スマホって見た目が少し違うだけで、
アプリを開発するなら同じような感じではないのかなぁ。

と一括りに考えてしまう方がいます。

このような方に、

最初にスマホのアプリ開発で、

スマホの端末の種類を分割する場合、

スマホのアプリ開発をしていく中で、
端末を種類で分けるとすると、
「iPhone」か「iPhone以外」
という2つに分けて考えるようにしましょう。

と説明しています。

少し極端に聞こえるかも知れませんが、

この2つのそれぞれで、

スマホのアプリ開発を行う時に、

この2つで使われるプログラミング言語も違う

ということを認識してください。

iPhone以外はAndroidと呼ばれる

iPhoneとiPhone以外に分類した時、

iPhone以外のことを、

Android(アンドロイド)

とまとめて呼びます。

そして、

このiPhoneとAndroidという分類をした上で、

スマホを大きく分類すると、
「iPhone」と「Android」
に分類できます。

このように説明する事が多いです。

ちなみに、

分類する際、iPhoneの代わりに、

iPhoneの中で使われているOSの「iOS」と表現する事もあります。

その場合は、

「iOS」か「Android」

という分類になります。

このような分類する名前がある事を、

まずは理解しておきましょう。

iPhone(iOS)向けのプログラミング言語は「swift」

先ほど説明したスマホの分類として、

・iPhone(iOS)

・Android

の2つに分類しましたが、

この中で、

「iPhone(iOS)」に関しては、

スマホのアプリ開発において、
iPhone(iOS)向けの開発をする際は、
「swift(スイフト)」を使います。

ということを覚えておきましょう。

初心者のあなたが、

「iPhone向けのアプリを作りたいな」

と感じたら、

Google検索などでは、

「swift」について調べると良いでしょう。

Android向けのプログラミング言語は「Kotlin」

スマホの分類として、

・iPhone(iOS)

・Android

の2つ中で、

先ほどのiPhoneとは逆の「iPhone(iOS)」に関しては、

スマホのアプリ開発において、
Android向けの開発をする際は、
「Kotlin(コトリン)」を使います。

ということを覚えておきましょう。

初心者のあなたが、

「Android向けのアプリを作りたいな」

と感じたら、

Google検索などでは、

「Kotlin」について調べると良いでしょう。

スマホのアプリ開発を学びたい初心者にオススメのスクール

実際に初心者の方が、

スマホのアプリ開発を学びたいと考えた時、

スクールで短期間に集中して学ぶ

という事ができれば1番良いと考えています。

そんな中で、

iPhone(iOS)とAndroidのどちらに関しても

対応しているプログラミングスクールとして、

初心者にオススメなのが、

CodeCampの「アプリマスターコース」

です。

学習のサポートをもらいながら、

スマホのアプリ開発において、

iPhone(iOS)とAndroidのどちらも学習できます。

スマホのアプリ開発は、

Webとは違って、実機での検証が必要となり、

その点は初心者には学習サポートがあった方が、

より効率的に学習ができるのでオススメです。

アプリ開発を学ぶためにオススメのスクール「CodeCamp」

ピックアップ

初心者にオススメ

おすすめ記事