HTMLとはタグの集まりであることを把握しておこう

HTMLに関しては、「タグ」という呼び名をまずは覚えてください。
この「タグ」というものを色んな種類覚えていき、Webページの構造を作っていくことになります。
ですので、「タグってこういうものを呼ぶんだね」くらいで覚えてもらえれば良いかと思います。

頭の片隅に入れてもらえれば、実際にWebプログラミングをしていく中で、
その用語が頭に定着していくと思います。

タグ

Webページの構造を作る1つの要素

HTMLは、以下の要素があったときに

以下のように記載します。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
  </head>
  <body>
    <div>1つ目の要素</div>
    <div>2つ目の要素</div>
  </body>
</html>

このようにHTMLのなかに記載していく、
<英字></英字>
の形式で書かれているものを「タグ」と呼びます。

例えば、以下なら「HTMLタグ」

<html>
  :
</html>

また、これは、「Bodyタグ」と呼びます。

<body>
  :
</body>

このように、「タグ」と言っても、

  • HTMLタグ
  • HEADタグ
  • BODYタグ
  • DIVタグ

など、他にも様々なタグがあります。

この辺りのタグの種類などは、Webプログラミングをしながら、
少しずつ、覚えていってもらえれば良いかと思います。