Webデザインの学習で「初心者」が気をつけるべき3つのこと

初心者の方が、Webデザイナーを目指して、
学習を始め、ステップアップのために、
スクールを活用することを考えることは多いと思います。

そんな中で、

Webデザインの学習で「初心者」が気をつけるべき3つのこと

を紹介させて頂きます。

Webデザインの学習で「初心者」が気をつけるべき3つのこと

まずは、自分が学びたい内容を決める

「Webデザイナー」に関しては、
実際に幅広い仕事内容で使われることが多いです。

実際に

会社ごとに「Webデザイナー」の定義が違う

ということが多いです。

なぜかというと、

会社ごとに「Webデザイナー」という職種に求めるスキルが違う

からです。

実際、
・イラスト素材やバナー(画像)素材を作れる人
・レイアウトや動きをつける人
など、会社ごとにどこまでやったほしいのかは違います。

会社ごとに「Webデザイナー」に求めるスキルが違うイメージ
会社ごとに「Webデザイナー」に求めるスキルが違うイメージ

ですので、
イラストが好きなのか、画像を作ることが好きなのか、Webページのレイアウトを作ることが好きなのかなどを考えて、

自分自身がどのような「Webデザイナー」を目指したいのか

を自分なりに決めると良いでしょう。

学習過程で作ったものは、過去作品として残しておこう

初心者のみなさんが、デザインの学習において、

  • 作ったイラストやバナーなどのファイル
  • 作ったWebページのデザイン

などは、

自分自身の財産、アピール材料にできる

過去作ったものでアピールするイメージ

ので、整理して残しておきましょう。

数をこなしながら、依頼者の意図を読み取ることを意識しよう

Webデザイナーとして、サイトのレイアウト、イラスト、バナー作成など、実際に成果物を作っていく中で、

  • 作成する数をこなすこと
  • 相手の意図することを汲み取れるようになること

の2つが重要です。
この2つは、どちらも重要で、
Webデザイナーとしての仕事をしていく上では、

依頼者の意図を読み取る力が重要

依頼者の意図を読み取る力が重要
Webデザイナーは意図を読み取ることが重要

なので、初心者が数をこなして、
レベルアップしていく段階で、スクールに通うこともオススメしています。

なぜ、スクールに通うこともオススメするのか

初心者がWebデザインの学習を行う上では、

相手の要望、意図を理解して作る」という経験

が必要です。
自分1人では、「自分が良いと思うものを作る」という経験は積めますが、実際に仕事として行うときの、

作ったものを相手に意図があっているか評価してもらう

という経験ができないため、スクールを使うこともオススメしています。

そして、スクールでは、

作ったものを「素人」ではなく「プロ」が評価

をしてくれることで、

具体的なアドバイスがもらえる

「素人」と「プロ」の作ったものに対する評価の違い

という、具体的な指摘が得られることが、
非常に大きいメリットです。

スクールを使うときにオススメの2つの方法

先ほど説明したように、

「プロ」に作ったものを評価してもらう

というWebデザインの学習で、
スクールを使う上では重要なので、
その点を踏まえて2つのオススメの方法を紹介します。

デザイン専門のスクールに通う

スクールの中でも、やはり、

デザインに特化した「デザイン専門」のスクール

に通うことで、デザインでの専門的な知識を、
より体系的に学んでいけることがメリットです。

初心者は、未経験でも大丈夫な、デザインスクールだと、
学ぶことが体系化しているので、非常にオススメです。

通える範囲であれば、実際にデザイン関連企業のスクールで現役のデザイナーから直接、指導してもらう形のスクールが非常にオススメです。

プログラミングスクールで現役のWebデザイナーに担当してもらう

初心者がWebデザインを学ぶ中で、
スクールを使うことを検討するときは、

「講師担当制」で「現役のWebデザイナー」を指定

するという方法もオススメします。

その場合、現役の「現役のWebデザイナー」を指定することが可能な「侍エンジニア塾」などもオススメです。

ここで紹介している

「担当講師制」とはどういうものか

という点は、以下の記事に書いているので、
参考にしてみてください。