初心者にWebプログラミングをオススメする3つの理由

初心者の型の中には、

  • プログラミング言語ってなにやればいいの?
  • 何から始めればいいの?

と最初のステップで悩んでしまう方が多いと思います。

そんな初心者の方には、
色々なプログラミング言語などがありますが、

Webプログラミングで学習を始める

ということをオススメさせて頂きます。

初心者にWebプログラミングをオススメする3つの理由

初心者は色々とわからないことが多いと思います。

実際にプログラミングを初めて行くと、

  • 書籍に書いてある通りに動かない
  • これの意味がわからない

など、疑問に思うことが多く出てきます。

そのような疑問を解決できる手段が確立されているか否か。
この点が、

初心者がプログラミング学習を続けられるかどうか

を非常に左右します。

特にプログラミング学習の初心者は、

“わかならいから、学習が止まる、続かない”

ということが起こりやすいので、
学習を継続させるためにも、それを避けなければなりません。

そういうことを避けるためにも、
プログラミング初心者には、

Webプログラミングでインターネットで情報収拾する

ということがプログラミングの学習継続に繋がるので、
プログラミングの初心者には、非常にオススメです。

初心者がプログラミング学習を継続できない理由として、

どのようなものを作っているかわからない

ということがあります。

アルゴリズムの学習やプログラミングでの
実際の書き方などを学習してみても、
初心者には、このような疑問が残ったままになります。

そのような、疑問を残さないためにも、
プログラミング学習の中で、

1つの成果物を作る経験が必要

であると考えています。

その点に関しては、

Webプログラミングで1つの成果物を作る

という経験は、

  • 目に見える形で成果を確認できる
  • 続けるモチベーションになりやすい

という学習継続のための動機になりやすいので、
Webプログラミングの学習は、初心者には非常にオススメです。

Webプログラミングを学習する中で、
先ほど説明した、

成果物として目に見える形にしていく

ということをやること自体、
就職・転職に向けて大きなメリットがあります。

それが、

作った成果物は就職/転職のアピール材料にできる

ということです。

成果物をインターネットに公開して、
そのURLを共有するだけで、アピール材料にすることができます。

初心者がプログラミング学習を終え、
実際に就職・転職を目指す時に、

初心者にはアピールする材料がない

ということが起きやすく、
なかなか、就職・転職の結果に繋がりにくいことが多いです。

Webプログラミングを続けた先に、
IT業界への転職などを考えていらっしゃる方は、

  • 自分で作った成果物を提示できる
  • できること、できないことがはっきりと見える

という点が、実際の面接官からすると、
非常にありがたいので、成果物があるか無いかは大きな違いです。

ですので、IT業界への転職へ向けても、
アピール材料を作ることができるので、
Webプログラミングが初心者にはオススメです。