プログラミング初心者が超短期間でコスパよく学ぶなら、「個人間」で教えてもらう「MENTA」がオススメな3つの理由

初心者がプログラミングを始めて、
大手のプログラミングスクールで数十万円を費用として、
支払わなければならないのは、厳しいと感じる人は多いと思います。

そんな中で、「学ぶ」ということに関しても、
大きな学校、スクールに通うという方法だけでなく、

「個人間」で直接、専門の人に教えてもらう

というサービス、

「MENTA」

というサービスがあり、月数千円から直接、個人間で教えてもらうことができます。

この「個人間」で教えてもらうということに関して、
実際のスクールの時と、どのように違うかなど、
コスト面も含めてオススメできるので、説明していきます。

プログラミング初心者が超短期間でコスパよく学ぶなら、「個人間」で教えてもらう「MENTA」がオススメな3つの理由

インターネットが普及してきて、
より個人間でのやりとりもスムーズに行うことが、
簡単にできるようになってきました。

そんな中で、「個人間」で、教えてもらうことによって、
今回、紹介するMENTAと、某大手スクールを比較すると、

MENTA   :月数千円〜
大手スクール:月4万〜(3ヶ月14万円など)

このように、コスパの面で大きく違いがあります。

これは、

大手スクールは、

運営に人件費などの管理費が必要ため、割高

になってしまいます。

スクールでは、

・スクールの問い合わせ窓口の担当の人
・スクールのマネジメントコストを管理する人
・スクールのインストラクターを管理する人

など、色々な費用が必要になり、
その分、スクールを活用する人のコストも高くなります。

ですので、直接、個人間での契約するサービスの方が、
運営費用もかかりにくいため、よりリーズナブルに学習を受けることができるので、オススメです。

プログラミングスクールで学ぶ場合、
独自カリキュラムなどで学習を進める形は、

生徒1人に対して、インストラクターが1人担当

という形になることが多いです。

この1対1の担当制であれば、

個人間で教えることができるMENTAも同じ形式

なので、MENTAの方がコスパよくリーズナブルに、
担当してもらうことができるので、非常にオススメです。

プログラミングスクールは、
学習の流れを考えても、

3ヶ月、6ヶ月など、長い期間

で契約することをスクール側にオススメされます。

この期間、1度、スクールと契約してしまうと、

解約もできず、担当するインストラクターの変更は厳しい

というのが実情です。

この点、個人間のサービスであるMENTAは、

月ごとに契約ができるので、試して見て合わなかったら解約

することができるので、
短期間で試したいと思っている方には、非常にオススメです。

【初心者向け】プログラミングの学び方を考えてみよう

独学で学ぶ

独学で初心者が学ぼうと考えたときに、

  • どのプログラミング言語を学ぶか
  • どのような学習ステップで学ぶか

このようなところがわからないと思います。

しかし、逆にこの辺りがクリアになれば、
プログラミング初心者でも、独学で学習を進めることは可能です。

そして、この2つに関して、

初心者には「Webプログラミング」をオススメ

しています。
今、持っているパソコンで学習も始めれますし、
ネットのリテラシーも養うことができるので、オススメです。

ちなみに、この「Webプログラミング」での、
大まかな学習の流れも、以下の記事で説明していますので、
気になった方は読んでみてください。

スクールを使う

初心者の方で、早く、プログラミングのスキルを身につけて、
エンジニアになりたいと考える方も多いと思います。

そんな中で、注意してほしいことがあります。

注意:いきなり「オンライン」のスクールは非効率

それが、全く、ITリテラシーがない状態で、
「オンライン」のプログラミングは非効率ということです。

この辺りは、以下の記事にまとめていますので、
気になったら読んでください。

「通学」タイプは初心者にオススメ

ちなみに、ITリテラシーに自信がなくても、
「通学」タイプのスクールは、
未経験の初心者でも、学習がうまく進めれることが多いので、
以下のようなプログラミングスクールは検討してください。

「オンライン」タイプは、「担当講師制」がオススメ

初心者がスクールを使うときに、「通う」タイプは、
住んでいる場所や時間の確保などで、難しいこともあると思います。

そんな中で、「オンライン」のプログラミングスクールを使う場合、

1人のインストラクターが担当する「担当講師制」がオススメ

です。

1人に担当してもらうことで、学習の進捗など、
様々なことを面倒見てもらうことができます。

ですので、以下の記事のような「担当講師制」を検討してみることをオススメします。