個人、企業のサイトでWordPressを使うか決める3つのポイント

個人や企業において、サイトの新規作成やリニューアルを行うにあたって、

どのようにしてサイトを作るか

を検討すると思います。

そんな中で、レンタルサーバも含めて、
様々な方法がありますが、

WordPressを使ってサイトを作る

という方法があります。

この場合、

  • 本当にWordpressが最適なのか
  • ほかのサービスでも良いのではないのか

など、疑問に思うこともあると思います。

そんな方の中で、「超」初心者がWordpressをサイト作成で使うかどうかを決めるためのポイントを紹介させて頂きます。

個人、企業のサイトでWordpressを使うか決める3つのポイント

サイトを作るにあたって、Wordpress自体の特徴として、

ブログ機能に特化した定期的な情報提供が強い

ということが挙げられます。

逆にいうと、作成するサイトが、

  • ページ数が非常に少ない
  • 1度、作成したら、変更しない
  • 情報も少なくシンプルが良い

という場合には、

他のサービスを使った方が、「簡単」で「運用も楽」

なので、Wordpressを使わない方が、
初心者には楽なので、他のサービスを使ってみることをオススメします。

すごく簡単に作成するなら「PAGEKit」というサービスがあるのでオススメです。

サイト作成をする時には、

サイトで情報を表示する以外に機能として何が必要か

ということを考える必要があります。

WordPressでも、カスタマイズして、
プラグイン等で機能を増やしていくことができますが、

初心者にとっては、

機能を増やそうとすると、サイト作成サービスの方が楽

ということが言えます。

WordPressで仕様等を理解して、
自分で四苦八苦するよりも、サイト作成サービスの方が楽です。

特に、

  • メルマガ機能
  • よりカスタイズした問い合わせ管理

などは、初心者がWordpressで設定を行おうとすると、
四苦八苦して挫折しやすい機能ですので、
サイト作成サービスを使うことも検討しましょう。

ちなみに、問い合わせ管理に関しては、
シンプルなサイトをWordpressで作り、

問い合わせ管理のみを別サービスを使う

という方法ができるので、
その場合は、「formrun」というサービスを検討しましょう。

初心者の方で、サイトを作りたいという方に、
詳しく話を聞いた時に、

ネットショップ運営」のためにサイトを作りたい

ということが、要望の根底にあることがあります。

この場合、ネットショップ運営のためのサイトは、
実際にサイトの運営をするときのことを考えると

  • クーポン発行
  • SNS連携
  • お店の情報や写真の提供
  • スタッフ紹介ページ
  • 新商品の情報発信
  • アンケート機能

など、欲しいと思う機能が、
次から次へと出てきます。

この場合、Wordpressで作ってしまうと、
初心者にとっては、

1つの機能を追加するだけで非常に大変

であり、自分自身で改修できなければ、
外注して高い費用をかけなければなりません。

そのような、実際の運用時のことも考えても、

ショップ運営のためのサイト作成

であるならば、

ショップ運営に適したサイト作成サービスを使うべき

であると考えています。

以下の記事に「おちゃのこさいさい」と呼ばれるサービスを紹介していますので、参考にしてください。

サイトの作成の前に考えておくこと

作成するサイトの方向性を決める

初心者の方が、サイト作成をする際に、
「作成する目的」を具体的に決めないまま、
サイト作成を行い、失敗する事例があります。

それが、

作ってみたけれど、思っていたサイトにならない

ということです。

この場合は、サイトを「作成する目的」が決まらずに、
いきなり作ろうとしてしまうことが問題です。

ですので、初心者のみなさんは、

  • 誰のために
  • 何の
  • 何を
  • どのように

という点をまずは考えましょう。

例えば、

  • 誰のために:20−30代の女性
  • 何の:自社の化粧品
  • 何を:天然成分のみであること
  • どのように:大人っぽく、少し可愛らしさも入れて。

どのようなサイトになるかを決めることができるので、
このように考えてみましょう。

公開したい期日を決める

初心者のみなさんが、サイトの作成をしていく上で、

作ったサイトはいつ公開するのか

という点は、サイトを作り始める前に決めましょう。

「なるべく早く、公開したい」という考えを、
持つ初心者の方もいらっしゃると思います。

そのような場合には、

WordPressよりもサイト作成サービスの方が早い

ことが多いですので、「PAGEKit」サービスを使うことをオススメします。

ちなみに、この公開期日を決める中で、
欲しい機能を

  • 最低限、必要な機能は何か
  • あると嬉しい機能は何か
  • 入らない可能性の高い機能は何か

この3つに分類して、本当に必要な機能のみを作ることをオススメします。

公開後の運営コストを考えておく

作るサイトに関して、作利終わったら終わりだと思いますが、

サイトを公開し続けるためには、基本的に費用がかかる

ということは考えておくべきです。

その上で、作ったサイトの情報を、

  • 誰が
  • どのタイミングで
  • どのように

内容の変更を行うかを考えておきましょう。

サイトは作成したけれど、運営をする中で、
更新が大変で困ることが発生することもあります。

ですので、

作ろうとしているサイトは運営しやすいのか

という観点を考えることで運営コストも見えてくるので、
事前に検討しておくことをオススメします。