なぜ、文系の学生でもプログラミングを学ぶべきなのか

文系の学生で、日々、専門の学業の学習を進めながらも、社会に出たときのことを考え、
「プログラミング」というものに興味を持つ人は多いと思います。

そんな文系の学生に向けて、

なぜ、文系の学生でもプログラミングを学ぶべきなのか

という点を説明していきます。

文系の学生が、まずはこの学ぶべき理由を
理解することで、

「プログラミング」を学習する意義の理解

そして、

「プログラミング」の生かし方

を把握して、自分なりのアピール力を強めるために生かして頂ければ幸いです。

なぜ、文系の学生でもプログラミングを学ぶべきなのか

インターネットが普及して、
社会の会社の中では、パソコンを使えるという、

基本的なITリテラシーは最低限必要

であると言われています。

実際、業務を始めていく中で、
より効率的に作業を進めていく上でも、

  • 文字を入力するブラインドタッチ
  • 業務で使うソフト(Excelなど)への理解

など、他にも様々なことが、
ITリテラシーという名の下、必要とされてきます。

先ほど説明した、社会の中で必要とされてくる、

基本的なITリテラシーは最低限必要

というものに関して、
どのように養っていくのかを考えたときに、

「プロウグラミング」はITリテラシーを「飛躍的」に高める

ということが言えます。

実際、自分が未経験、文系の新卒メンバーを抱えたとき、
最初は、文字入力のブラインドタッチや、業務で使うExcelなど、全くできませんでした。

しかし、

プログラミングスキルの向上に比例して、他のITリテラシーも向上した

というメンバーを見てきました。

プログラミングを学ぶ中で、
派生的に様々なことを学び、必要となってくるので、
必然的に、ITリテラシーは高まっていきます。

ですので、「プログラミング」の学習は非常にオススメです。

仕事をしていく上で、

相手が何を求めたのか、それを達成するためにどうするのか

ということを繰り返して、
仕事上の成果を達成していくことが重要です。

このような問題解決を的確に行うためにも、

「論理的思考力」という地頭で考える力

を養うことが大切です。

そして、文系の学生が論理的思考力を養うため、
読書や数学を学ぶなど、オススメの方法は、
他でも紹介されているかもしれません。

そんな中で、プログラミングを学ぶことは、

より実用的で、どの業種でも活用できる

という点で、非常にメリットが多いので、
文系の学生には非常にオススメです。

文系の学生の「プログラミング」の生かし方

文系の学生がプログラミングを1つの武器として、

「学問」×「プログラミング」

ができる人材になれることが大きなメリットです。

よく、1つのスキルができることで、
100分の1人の人材に慣れると言います。

それが、「学問」と「プログラミング」の2つになることで、

1 / 100 × 1/ 100 = 1万人の中の1人

という人材になれるので、
スキルをかけ合わせで持つという点でプログラミングを学ぶメリットは大きく、これを活かさない手はありません。

先ほど説明した、

「学問」×「プログラミング」

という2つのスキルの掛け算を活かすために、
具体的な方法として、

IT企業で上流工程を目指す

という方法があります。

IT企業での上流工程とは、システム開発において、

  • 何を
  • どのように

作るのかということを考え、設計をしていく工程です。

大手企業やメーカーでは、正社員はこの工程のみ、
対応して、それ以外の実際のシステム開発自体は、
下請けの会社に任せることをよく行います。

ですので、そのような大手企業やメーカーでの勤務を目指すために、

「学問」×「プログラミング」

という組み合わせは有効なのです。

文系の学生の「プログラミング」の初め方

IT業界の業務の種類を知ろう

文系の学生がプログラミングの学習を始めるにあたって、
できる限り、IT業界のことも知っておく方が、
プログラミングの生かし方なども見えてくるので、
非常にオススメです。

例えば、仕事内容で求められるプログラミング言語も違います。
その辺りは、この記事にまとめているので、
気になったら読んでみてください。

初心者には、Webプログラミングがオススメ

実際に、文系の学生がプログラミングを学ぶときに、

初心者には「Webプログラミング」をオススメ

しています。
Webプログラミングを進めているのは、
学習を進めていく中で、

  • インターネットの基本的なリテラシーを養いやすい
  • 情報収拾能力が学習を通じて養える
  • 比較的、プログラミングの中で学習しやすい

など、初心者にはオススメの理由があります。

その辺り、なぜ、Webプログラミングを進めるのかは、以下の記事を参考にしてください。

また、プログラミング自体を始めて学習する場合は、
以下の記事に書いてあることを気をつけると、
挫折せずに続けられると思います。