プログラミング初心者の女性が、苦手だと感じて挫折しないために大切な3つのこと

プログラミングを始める初心者の中で、
ITの現場やプログラミングスクールで、
学習の中で挫折してしまう人、挫けていそうな人ををみてきました。

そんな中で、特に女性で挫折していく人が、

プログラミング=苦手

という感覚でやめてしまうことが、
男性に比べて、より多いと感じています。

そのように挫折せずに、
プログラミング学習を続けられるように、

プログラミング初心者の女性が挫折しないために

という観点で、大切なポイントを紹介させて頂きます。
これから学習を始めようとしている方、
始めたけれど、挫折しそうな方の参考になれば幸いです。

プログラミング初心者の女性が、苦手だと感じて挫折しないために大切な3つのこと

女性の方で、独学、スクールに関わらず、
学習をしていく中で、挫折する要因として、

やっているゴールがわからなくなり挫折する

ということが起こります。

これは、インターネット上のサービスを使って学習する方に多いのですが、

サービスに流されるまま、その手順で学習してしまう

ということです。
ここで、挫折する人と、継続できる人の違いとして、

学習のゴールが明確で、それに合った学習を行えているか

という点が、非常に大きいポイントです。

ITの分野の学習は、幅が広く、色々なプラットフォーム、
プログラミング言語があり、目的に沿った学習ができていないことが見受けられます。

そして、そのような方は、

自分が思っていることができるようになっていない
 ↓
苦手意識をもってしまう

となってしまうので、
自分自身がプログラミング学習をする上で、
ゴールをしっかりと決めましょう。

そのためにも、

  • 学習した上で何を達成したいのか
  • そのために何を身につけるのか
  • 身につけるべきことで本当に必要なことは何か

ということを、学習を始める段階で、
しっかりと考えて決めることで、回り道せず、
正しいルートで学習ステップを踏み、挫折しないようになります。

初心者の女性がプログラミング学習を始めて、
学習していて悩んでしまうポイントとして、

一通り、色々とやってみたけど、何かよくわからない

ということがあります。

これは、Progateなどのサービスや、独学で書籍を使って学習した時に、
全体的な基本を抑えた学習を行いますが、

1つのものを作るという経験ができていない

ということが問題です。

IT業界の中で、プログラミング学習を生かしていく中で、
理解してほしいことが1つあります。

それが、

1つのものを作るのに、複数のスキルを使う

ということです。

1つのサイトを作る時に、
HTML / CSS / javaScript /PHP
と様々なプログラムを組み合わせて作っていきます。

1つ1つを学習することも大切ですが、

複数の技術を組み合わせて、1つのものを作る経験

によって、理解が深まり、
自分の中で「できる」という感覚が芽生えやすくなるため、
1つのものを作る経験を得ることは、非常にオススメです。

プログラミング初心者の方には、

  • 学ぶためのサービスが充実している
  • インターネットで情報が得られる

などの理由で、プログラミング初心者には、
Webプログラミングを学ぶことをこのサイトではオススメしています。

そんな中で、Webプログラミングでの学習を例に話をしますが、
難しいから苦手と挫折している、挫折しそうな方は、

HTML / CSSなど、基本的なところで挫折している

と感じています。

まず、少し厳しい言い方になるかもしれませんが、
挫折している方、挫折しそうな方は、

そもそも、学習時間が十分でない

という点があることも理解しておきましょう。

その点を抜いて、学習が続かないことが問題のため、
そのような初心者の方には、

プログラミングでは、便利なツールなどを使う

ことで、「楽しく」学習することをオススメします。

プログラミングでは、それぞれの言語やプラットフォームで、
より便利に色々と開発ができるツールやライブラリと呼ばれるものなどが存在しています。

ですので、初心者のみなさんは、そのようなツールなどを
使って、楽しみながら学習を「継続」することを目指しましょう。

ちなみに、Webプログラミング学習の基本で、
Webデザインを学ぶ時は、Bootstrapを使ってみましょう。

学習のためにサービス活用も検討してみよう

プログラミング初心者の女性の方は、サービスを使うことに対して、

  • そもそも、どのようなサービスを使ったらいい?
  • スクールはどういう点を気をつけると良い?

など、わからない点があると思います。

そんな中、このサイトでも紹介している中で、
オススメのサービスやスクールで気をつけるポイントを
紹介させて頂きます。

初心者がプログラミングを学習していく中で、

誰かに困ったことを教えてもらう

ということで、
よりスムーズに学習を進めることができます。

そのような、プログラミング学習に関するサポートを
行ってくれる人を「メンター」と呼んで、
その「メンター」を募集、活用するサービスがあります。

それが、「MENTA」です。

様々な人がいるので、ピンキリですが、
試しに使ってみるという点では、
スクールよりもリーズナブルに使えるのでオススメです。

プログラミング初心者の女性は、
インターネットで情報収拾することが、
苦手の人も多くいらっしゃいまっす。

そんな方には、あまり知られていませんが、
東京都の支援事業で、無料のスクールがあるので、
該当しそうであれば、検討してみるのも良いでしょう。

注意点としては、

支援事業なので、実施期間など最新情報は確認すること

ということです。
あくまで、東京都の支援事業などの場合は、
年度の変わり目で終わってしまうので、
気になるようでしたら、早めにチェックしましょう。

プログラミング初心者の中で、
ITリテラシーがあまり高くないと感じている方は、
女性に多いと思います。

そんな女性の方には、

プログラミングスクールは、「オンライン」ではなく、
そもそも、「通学」タイプのスクールをオススメしています。

まずは、気になれば、こちらを読んでください。

その上で、住んでいる場所や時間の問題で、
「オンライン」のスクールを検討する場合、
プログラミング初心者のみなさんには、

1人の講師が担当する「担当講師制」

のスクールをオススメします。

スクールの中には、チャットのみの対応で、
その時々で、対応する講師の人が変わるスクールもあります。

その場合、

  • 学習の進捗を把握してもらえない
  • 担当によって返される答え方が違う

など、初心者が学習を進めていく中で、
より迷いやすくなってしまう恐れがあります。

ですので、有料のスクールに通うときは、
「担当講師制」なのかどうかは、チェックしましょう。