プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

【担当者向け】メールからの卒業。小さな規模で無料で日々の情報共有をしたいなら「Slack(スラック)」がおすすめ

小さな企業や組織などで、

リモートワークなども含めて、

「メールでのやりとりで何とかやっている」

という組織もあります。

そのような、

比較的規模が小さく、

エンジニアがいないなど、

ITのサービスやツールなどの情報が、

なかなか得られない担当者におすすめしたいのが、

「Slack(スラック)」

というチャットツールです。

chatworkなどのチャットツールもありますが、

個人的にはSlackの方が良いと思います。

この辺りはおすすめの理由も含めて、

紹介するので参考にしてください。

【担当者向け】メールから卒業。小さな規模で日々の情報共有をしたいなら「Slack(スラック)」がおすすめ

Slackとは?

Slackは、シンプルで簡易にメッセージを送ることができ、

メールを使うよりも、より効率的なやりとりにつなげることができるツールです。

Slackは、

Slackの画面のイメージ

このような画面で、

シンプルにメッセージのやりとりを行えるので、

組織内のコミュニケーションには、

非常におすすめのツールです。

なぜ、chatworkよりもおすすめ?

Slackとchatworkは、

有料プランもありますが、

どちらも「無料」で始めることができます。

この「無料」ではじめるときに、

Slackをお勧めする理由として、

「無料」プランでも広告が表示されずシンプルに使える

という点でSlackの方がおすすめです。

実際のchatworkのプランを見ると、

chatworkの公式サイトより一部引用

このように、

無料プランだと、

  • 広告が表示されてしまう
  • ユーザー管理ができない

という点があるので、

「無料」で使うのであれば、

chatworkよりもSlackの方がおすすめなのです。

Slackのサイトを確認する

ここまで紹介してきたSlackですが、

実際にSlackのサイトを確認していただき、

無料プランで試してもらいながら、

組織の円滑なやりとりにつなげてもらえれば幸いです。

Slack以外でもおすすめの組織内で使うべきツール

組織内のやりとりには、

Slackというツールがおすすめなのは、

この記事で紹介しました。

このSlack以外のツールとして、

組織内で共有するためのWikiとしておすすめなのが、

Backlog(バックログ)

というサービスです。

このサービスに関しては、

以下のページに紹介しているので参考にしてください。

ピックアップ

初心者にオススメ

おすすめ記事