【独自テーマ】WordPressで独自テーマを作るための最低限の初期設定

WordPressを使う中で、

カスタムのテーマを作って、

そのテーマで作り込むことがある。

その際の初期設定に関して、

よく忘れることがあるので、

この対応をメモ。

テーマ用のフォルダを作成

WordPressをインストールしたフォルダで、

大きなファイルに関して、

圧縮してのことしておきたいということが、

大きなデータベースファイルについて、

dumpファイルなどを作った時によく起こります。

このLinuxでのtarコマンドでの圧縮・解凍について、

Npmのパッケージ管理をよく使っている。

そんな中で、

パッケージで使っているライブラリのバージョンなど、

現時点の情報を確認する方法など、

自分自身でよく使うけど、よく忘れるのでメモ。

Linuxでのtarコマンドのオプション確認

対象フォルダ

./wp-content/theme

ディレクトリ作成

mkdir new-theme

「index.php」を準備

先程のテーマ用に作ったフォルダ

new-theme

の中に、

index.php

を作成する。

<?php get_header(); ?>

<?php get_footer(); ?>

「style.css」を作成する

先程のテーマ用に作ったフォルダ

new-theme

の中に、

style.css

を作成する。

/*
Theme Name: new-theme
Theme URI: http://new-theme.com
Author: sample author
Author URI: http://sample.com/
Description: Custom new theme
Version: 1.0
*/

「functions.php」を作成する

先程のテーマ用に作ったフォルダ

new-theme

の中に、

funtions.php

を作成する。

注意点としては

  • 「function.php」ではなく「functions.php」で「s」を付けること

ということを気をつけること。

よく間違えるポイントです。

コードはミニマムで大丈夫

<?php

ピックアップ

こちらもおすすめ

初心者向けの色々な情報はあるけれど、

  • 無料でお試しができるスクール
  • ホームページなど簡単に作成できる
  • 組織で使いたいサービス

について、

少しでも試して良いものがあると、

それを活用することで学習や業務などが効率化できるので、

おすすめのサイトなどをいくつか紹介しておきます

おすすめ書籍

スポンサー

人気記事

おすすめ記事