プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

未経験からエンジニアへの転職は年齢も意識すべき理由

未経験からエンジニアへの転職は年齢も意識すべき理由

未経験からエンジニアを目指して

プログラミング学習をする方は多いです。

そんな中で、

年齢って何歳まで大丈夫なのでしょうか…

という質問をよく受けます。

そんな年齢に関してですが、

IT業界の企業の年齢への捉え方や、

実際の採用する側から見たときの、

年齢に対する意識などを説明します。

SES、ベンチャーなど、

IT業界の企業といっても

それぞれの企業によって違いはあり、

年齢に対する捉え方も違います。

ただ、

企業側がどのように捉えているかを知ることで

未経験からエンジニアへの就職・転職を目指すときに

実際に応募する企業を判断しやすくなります。

最終的には、

その採用している企業が欲しい人材に

マッチしていることがアピールできるかどうかですが、

IT業界内でも、年齢に対して、

どのように捉えられているかを知り、

未経験からのエンジニアへの就職・転職に生かしましょう。

未経験からエンジニアへの転職は年齢も意識すべき理由

IT業界は年齢に対する意識は、他業界よりも比較的、低いことが多い

未経験からIT業界にチャレンジしようと考え、

プログラミング学習を進めている方は多いです。

そして、

エンジニアへの就職・転職を目指して

実際に転職サイトなどで、

応募して転職活動に取り組んでいると思います。

そんなとき、

IT業界の応募募集としては、

「〇〇歳までの方を募集」

という記述よりも

「未経験で意欲のある方募集」の記載が多い

ということがあります。

これを初心者の方は

年齢って何歳まで大丈夫なのでしょうか…

と感じてしまうことが多いのですが、

IT業界は、年齢も多少は意識するが、それよりもITリテラシーやスキルを重視する

ということがあります。

そのため、

IT業界にチャレンジする時に

プログラミング学習などを行って、

ITリテラシーを高めたり、

スキルを身に付けることが

そのまま、就職・転職に繋がりやすいのです。

大企業は、年齢構成を把握、調整するので、20代や30代が転職しやすい

メーカーやIT企業の大手などでは、

エンジニアの年齢分布も多少、気にすることがあります。

これは、

実作業をしているエンジニアは

そこまで意識しませんが、

エンジニアをまとめているリーダークラスや

他の管理職、人事も含めて、

その会社の採用方針を決めていく上で、

重要視される事項でもあるからです。

大企業が年齢分布をなぜ、気にするかというと、

将来的な退職などを考えた時に、

同じ年代だけに集中することがリスクと考える

からです。

そして、

メーカーなどの大企業は、30半ば〜40代の管理できる人材はいるが、その下のメンバーが不足している

という実情があります。

そのため、

30半ば〜40代の人材は多いから
20代や30代前半の人材を獲得しよう

と考えて募集することが多いです。

特に未経験での募集については、

この傾向が強く、

30代半ば〜40代の人材は、

すでに会社内にいるので必要ない

ということが多いので難しいことが多いです。

中小企業は年齢よりは、求めているスキルへのマッチング度合いで20代、30代、40代を採用する

中小企業に関しては、

実際に採用を行っても

なかなか、応募してこないなぁ

ということがあります。

また、

未経験として募集している人材のイメージと

応募してくる未経験の方の学習内容が合っていない

ということが多いです。

欲しい人材がいても、

未経験から入社を目指す初心者の方が、

学習している内容が違うと、

なかなか、採用に踏み切ることができません。

未経験を採用しようとしている時点で、

即戦力としての期待は、正直、持っていないので、

求める人材像のスキルと学習しているスキルがマッチしている

ということを重視して採用に踏み切ることが多いです。

そのため、

未経験から就職・転職を目指す時は、

求人募集の求められている人物像のスキルと

自分が学習しているスキルの方向性が会う企業に

応募するようにすると良いでしょう。

ベンチャー企業は年齢が若い人が多く、40代以降は、管理する上で年上すぎると大変なイメージにより敬遠されやすい

ベンチャー企業に関しては、

20代や30代前半のメンバーが多く、

全体を管轄する管理職の社員も、

その年代で占めることが多いです。

そのような状況の中で、

ベンチャー企業が未経験の募集をするときは、

未経験なので、即戦力とは思っておらず、今後の成長を見込んだ上で、メンバーにしたいと思える人材を採用する

という傾向が非常に強いです。

この点に関しては、

・未経験のメンバーを採用

・即戦力のメンバーを採用

について、

ベンチャー企業は大きく違います。

ベンチャー企業は人数が少ないことが多く、

即戦力の採用の場合は、

メンバーを管理できる管理職として

採用を目指すことが多いです。

一方で、未経験の採用の場合は、

若くて、成長しながら長く働いてくれるメンバーを撮りたい

ということがあるので、

これらを考えると、

ベンチャー企業は、未経験から目指す時に

若い方が採用されることが多いです。

もっとも年齢を気にしないのが、SESという現実

ここまで、

・大企業が未経験を採用する場合

・中小企業が未経験を採用する場合

・ベンチャー企業が未経験を採用する場合

をそれぞれ、説明してきました。

これらに関しては、

それぞれの会社で「自社内」で業務を行うことを想定している

ということがありますが、

SESに関しては、出向という形で、「自社内」ではなく「出向先」で業務を行う

という点が違います。

このSESに関しては、

IT業界に未経験から就職・転職を目指す時に、

SESは、他の自社内開発の企業などよりも、年齢を気にせず、採用することが多い

ということがあります。

これは、

出向先の企業側が受け入れてくれる人材であれば、年齢を問わず採用する

という考え方が根本にあるからです。

未経験の方から考えると、

とりあえず、IT業界に入って、業界の経験年数を増やしたいな。
何年か経ったら、もっと良い企業に転職を目指そう。

という考えを持つ方であれば、

SESの企業への就職・転職を

選択肢として取り入れることをオススメします。

未経験からエンジニア転職を目指すなら転職エージェントを活用すべき

ここまで、

年齢への捉え方が、企業によって、

どのように違うかを説明しました。

実際に、初心者の方が、

プログラミング学習を進めて

未経験からIT業界への就職・転職を目指すのであれば、

転職エージェントを活用してIT業界のことを知る

ということが1番、有効です。

転職エージェントは、

リアルタイムの求人情報や募集企業の担当者の意向など

様々なことを把握しているため、

自分の学習状況や就職・転職を目指す企業の選定

などをサポートしてくれるので、

エンジニアへの就職・転職の成功に繋がりやすくなります。

まずは、

自分なりにプログラミングの学習や情報収拾するのは大切ですが、

転職エージェントもうまく活用してみましょう。

オススメNo.1のエージェントを確認する

エンジニアへの就職・転職を目指す未経験の方にオススメの記事

未経験の方で

エンジニアへの就職・転職を目指している方は

スキルに関することや、

IT業界に関することを得た方が良いと思っています。

このブログでも

エンジニアへの就職・転職に関して

初心者向けの記事を書いているので、

参考に読んでみてください

ピックアップ

初心者にオススメ

おすすめ記事