プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

エンジニアへの就職・転職後のスキル不足を心配する理由と対策

エンジニアへの就職・転職後のスキル不足を心配する理由と対策

初心者の方が

未経験からエンジニアへの就職・転職を目指して

自分なりに独学でプログラミングの学習を行ったり、

プログラミングスクールで学習するなど、

実際に内定をもらうまでに、

基本的なプログラミングスキルの取得に力を入れる

ということが一般的です。

そんな中で、

未経験からエンジニアへの内定が決まった方から

質問が多いのが、

内定もらって、頑張っていこうと思っているのですが、
本当に今のスキルでやっていけるでしょうか。

という転職後のスキル不足にかんする質問です。

この質問に関しては、

内定を出している企業の多くが、面接の段階でプログラミングの学習内容を聞いています。
未経験の人には、入社後すぐに、バリバリやってもらうことは期待しておらず、少しずつ身につけてもらうことを考えていることが多いです。
そのため、転職後のスキル不足を今の時点で心配する必要はありません。

という回答をしています。

そして、

さらに踏み込んだアドバイスとしては、

内定から、実際に入社までの時間がある場合は、
・実際に業務で使うスキルやツール
・事前に把握しておいた方が良いこと
などを内定先に確認して、
入社までに取り組むことでスキル不足の不安を少しでも解消できるように取り組みましょう。

というアドバイスを行っています。

この辺りの、初心者の方が、

未経験からエンジニアに就職・転職をする際に、

働き始めてからのスキル不足への不安に関して、

どのように考えた方が良いのか、

不安を少しでも減らすためにどのようにしたら良いのかを

この記事で説明していきます。

エンジニアへの転職後のスキル不足を心配する理由

現場で求められるレベル感がわからない

初心者の方が、プログラミング学習を進めて、

未経験からエンジニアへの就職・転職を実現した時、

実際に現場に入った時に本当にやっていけるのか

という不安を持つ方は多いです。

そんな不安に関しては、

現場で求められるレベル感がわからないから不安になっている

ということが理由として挙げられます。

この点に関しては、

初心者の方が未経験からエンジニアに就職・転職した際は、

即戦力として期待されていることは、

正直に言って少なく、

現場のエンジニアから見た時、

新しく入ってくる人、
・プログラミングの処理の流れが読める
・自分で調べながら、解決に導ける
あたりが、少しでも身についている人なら嬉しいな

このように、

基本的なプログラミングに関する取り組みができるか

という点が重要だと考えています。

これらを踏まえて、現実的なことをいうと、

現場で求められるレベル感は、学習してきた時よりも数段、高いレベル感

であることが多いと言えます。

しかし、

未経験の方に関しては、

この現場のレベル感については、

コツコツと現場レベルで必要なスキルを身につけて、現場で求められるレベルまで自分を高めようとすること

が大切であると考えておきましょう。

また、

現場で求められるレベル感に関して質問を受けたとき、

未経験で入社される方にアドバイスとして言っているのは、

未経験の人は、現場に入ったタイミングで、現場で求められるレベル感に達していることは、あまり期待されていません。
しかし、プログラミングを行う上での基本となる
・自分でプログラミングの処理の流れを追えること
・わからないことを自分で調べて解決に導こうとすること
など、自分で取り組む姿勢は、現場に入る前に身に付けるようにしましょう。

ということです。

あまり不安になり過ぎないようにしながらも、

エンジニアとしての取り組み方は意識しながら、

プログラミング学習をコツコツと続けていきましょう。

自分が学習したスキルと現場で使うスキルのマッチングの度合いがわからない

実際の現場のレベル感に関しては、

未経験の方は入ってからコツコツと必要なスキルを身につけ、

現場で求められるレベル感まで、

自分自身を成長させていくことが求められます。

そのため、現場のレベル感に関しては、

そこまで不安になりすぎることは必要がありませんが、

事前に何か未経験の初心者でも取り組めることはないのか

という点は考えて、自分なりに取り組むことは重要です。

この事前に未経験の方が現場に入る前に取り組めることは、

内定先の企業に現場で求められるスキルやツールを教えてもらう

ということをオススメしています。

内定先の企業に

私が働く実際の現場で使われるスキルや言語を詳しく教えていただきたいです。

ということを聞いてみてください。

すると、

未経験の方が働く現場が決まっていれば、

働いてもらうことを考えている現場は、
・プログラミング言語は〇〇
・フレームワークは〇〇
・開発ツールは〇〇
を使っていますね。
あと、共有ツールは〇〇、バージョン管理などは〇〇をつかっているので、現場に入る前に、少しでも把握してもらうと良いかもしれませんね。

ということを教えてくれることが多いです。

現場で求められるレベルまで、

未経験の方がスキルを高めることは難しいですが、

現場で使われるスキルやツールを具体的に知っておくことが重要

であることを理解しておきましょう。

このように現場で使われるスキルなどを

具体的に知っておくことで、

不安を和らげることにも繋がるので、

企業先に聞いてみるようにしましょう。

スキル不足の心配を減らすために現場に入る前にやっておきたいこと

少しでも現場と同じスキルやツールを使ってみる

未経験でエンジニアに就職・転職される方が、

少しでも現場に入るときの不安をなくすためにも

現場で使われるスキルやツールを具体的に知っておくことが重要

であることを説明しました。

この現場で使われるスキルやツールを知った上で、

内定をもらってから、現場に実際に入る前に

自分自身で使われるスキルやツールを少しでも試しておく

ということをオススメします。

実際に事前に少しでも試しておくことで、

現場に入って、

初めてだから難しいかもしれないけど、
〇〇というツールで、△△をやってみて。

という形で業務を依頼された時に、

あ、これ、自分で試していた〇〇というツールのやり方と同じだ。
同じようにやってみたら、うまくいくかもしれないから試してみよう。

このように、スキルやツールの使い方などは、

試したことが実際に現場でも使われていることがあるので、

事前に自分自身で試しておくことが良い方向に繋がります。

この取り組みをすることで、

・自分自身のスキル不足での現場に入る時の不安を少しでも和らげる

・現場に入った時に、自分自身で試していたことが役に立つ

というメリットがあるので、

内定してから、現場に入るまでに時間があるようなら、

少しでも取り組んでおきましょう。

エンジニアへの就職・転職を目指す未経験の方にオススメの記事

未経験の方で

エンジニアへの就職・転職を目指している方は

スキルに関することや、

IT業界に関することを得た方が良いと思っています。

このブログでも

エンジニアへの就職・転職に関して

初心者向けの記事を書いているので、

参考に読んでみてください

ピックアップ

初心者にオススメ

おすすめ記事