大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Google Workspceで便利に作業

大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

【担当者向け】マネーフォワードクラウド経理でSlack連携すると便利

マネーフォワードの中でも、

各種経費申請の処理などを行う中で、

「マネーフォワードクラウド経費」

は非常に便利です。

そんなマネーフォワードクラウド経費ですが、

管理者、一般ユーザー共に、

社内のチャットツールとして、

Slackを使っているのであれば、

連携させて通知を受け取ると非常に便利なのでおすすめです。

この記事では、

どのような点でおすすめなのか、

実際の設定方法も含めて紹介します。

【担当者向け】マネーフォワード経理でSlack連携すると便利

マネーフォワードクラウド経理とは

マネーフォワードクラウド経理は、

マネーフォワードという企業が提供している、

この「マネーフォワードクラウド」という、

インターネット上で業務を効率化するためのサービスの中の1つです。

実際の使い勝手としては、

  • ネット環境があれば使えるので場所を選ばない
  • 申請者、承認者のフローがわかりやすくて便利
  • 各種通知をメールやSlackで行えるので確認が簡単

という点で、

非常に使い勝手や管理の点でも、

使っている企業数も多く、

各種経費の申請や承認等の業務を行なっているのであれば、

ぜひ、活用していきたいサービスの1つです。

一般的なメール通知機能はある

マネーフォワードクラウド経費を使用すると、

「メール通知」

の機能に関しては、

基本的にオンになっていて、

このような形で、

メール通知されるので、

申請した経費がその後に承認されたかどうかなど、

実際に申請したメンバーにメールが飛ぶので、

基本的にはこのメール通知機能を使えると、

わかりやすく経費申請・承認を行うことができます。

Slack連携で通知をもらうと便利

組織の日々のやりとりについて、

チャットツールとして、

Slackを活用しているのであれば、

マネーフォワードクラウド経費についても、

「Slack連携」

ということが可能で、

  • 申請者が申請をしたときに、管理者側にSlack通知
  • 承認者が承認をしたときに、申請者・管理者にSlack通知
  • 承認者が取消をしたときに、申請者・管理者にSlack通知

という形で、

各種の経費申請のアクションを起こした時に、

Slackにも通知が行えるので、

非常に便利な機能なのでおすすめです。

ちなみに、

Slackのチャンネルに対して通知が行われるのではなく、

SlackのSlackbotとして、

このように、

Slackbotから各ユーザーに対して、

メッセージが行われるようになります。

Slack連携のための設定方法

Slack連携の方法に関しては、

  1. SlackのWebhookのURLを取得する
  2. 取得したWebhookのURLをマネーフォワードクラウド経費に設定する
  3. Slackのユーザー名を確認する
  4. 確認したSlackユーザー名をマネーフォワードクラウド経費に設定する

という流れで設定します。

1.SlackのWebhookのURLを取得する

Slackの管理者であることが必要ですが、

Slackの「Incoming Webhook」のページ

からURLを取得できます。

2.取得したWebhookのURLをマネーフォワードクラウド経費に設定する

取得したWebhookのURLを、

マネーフォワードクラウド経費の管理画面から、

組織名が表示されているところから、

「事業者設定」

を選択します。

選択すると、

事業者設定の画面の中に、

「チャットサービス連携」

があります。

この中の、

「Slack通知設定」ー「Webhook URL」

に対して、

Slackで取得したWebhookのURLを設定します。

3.Slackのユーザー名を確認する

Slackのユーザー名に関しては、

http://xxx.slack.com/admin

(「xxx」は所属する組織の名前)

から確認することができます。

上記の管理画面のページから、

このような表示で、

「メンバーリストをエクスポート」

のボタンからメンバー情報をダウンロードできます。

ダウンロードしたファイルの中の項目が、

このように、

  • username
  • email
  • status
  • billing-active
  • has-2fa
  • has-sso
  • userid
  • fullname
  • displayname
  • expiration-timestamp

となっているので、

この中の

  • username

が設定するSlackのユーザー名です。

4.確認したSlackのユーザー名をマネーフォワードクラウド経費に設定する

Slackのユーザー名を取得したら、

マネーフォワードクラウド経費の管理画面から、

各メンバーに対して、

ユーザー名を設定していきます。

管理画面の中で、

このように、

「チャットサービス」ー「従業員設定」

から、

各メンバーの一覧の部分から、

「Slack」

を選択します。

画面が表示されるので、

という感じで、

Slackのユーザー名を設定すると完了です。

マネーフォワードクラウド経費のSlack連携方法のリンク

実際の公式などのサービス連携の、

説明ページをリンクを載せておきます。

詳細は各ページを参照頂ければと思います。

こちらもおすすめ

初心者向けの色々な情報はあるけれど、

  • 無料でお試しができるスクール
  • ホームページなど簡単に作成できる
  • 組織で使いたいサービス

について、

少しでも試して良いものがあると、

それを活用することで学習や業務などが効率化できるので、

おすすめのサイトなどをいくつか紹介しておきます

ピックアップ

おすすめ記事