Ubuntuでのサービスの使用状況の確認と不要サービスの停止方法

Ubuntuの中で、

各種サービスとして、

  • SSH
  • docker
  • php-fpm

など、

色々と起動させていると思います。

そんなサービスの状況を確認して、

不要サービスを停止することがあり、

その際に対応したことなどを、

この記事にメモとして残しておきます。

サービスの使用状況の確認

全ての一覧か、個別なのかで、

オプションの有無が違うくらいで、

基本的に

service

というコマンドを使います。

全てのサービス状況を確認する

すべてのサービスを確認するためには、

以下のコマンドで確認可能です。

sudo service --status-all

コマンドを実行すると、

以下のように一覧で確認できます。

$ sudo service --status-all
 [ + ]  apparmor
 [ + ]  apport
 [ + ]  atd
 [ - ]  console-setup.sh
 [ + ]  cron
 [ - ]  cryptdisks
 [ - ]  cryptdisks-early
 [ + ]  dbus
 [ + ]  docker
 [ - ]  grub-common
 [ - ]  hwclock.sh
 [ + ]  irqbalance
 [ - ]  iscsid
 [ - ]  keyboard-setup.sh
 [ + ]  kmod
 [ - ]  lvm2
 [ - ]  lvm2-lvmpolld
 [ + ]  multipath-tools
 [ + ]  mysql
 [ + ]  nginx
 [ - ]  nginx-debug
 [ - ]  open-iscsi
 [ - ]  open-vm-tools
 [ - ]  php7.4-fpm
 [ - ]  php8.0-fpm
 [ + ]  php8.1-fpm
 [ - ]  plymouth
 [ - ]  plymouth-log
 [ + ]  procps
 [ - ]  rsync
 [ + ]  rsyslog
 [ - ]  screen-cleanup
 [ + ]  ssh
 [ + ]  udev
 [ + ]  ufw
 [ + ]  unattended-upgrades
 [ - ]  uuidd
 [ - ]  x11-common

個別のサービスのステータス確認

個別のサービスに対して、

ステータス状況を確認するには、

sudo service サービス名 status

例えば、

「MySQL」について、

サービスの起動状況を確認するには、

sudo service mysql status

というコマンドで確認が可能です。

実行すると、

$ sudo service mysql status
● mysql.service - MySQL Community Server
     Loaded: loaded (/lib/systemd/system/mysql.service; enabled; vendor preset: enabled)
     Active: active (running) since Mon 2023-03-27 11:42:05 JST; 1 weeks 0 days ago
   Main PID: 897 (mysqld)
     Status: "Server is operational"
      Tasks: 40 (limit: 4677)
     Memory: 463.5M
     CGroup: /system.slice/mysql.service
             └─897 /usr/sbin/mysqld

(参考)サービスをうまく停止できない事象が発生した

サービスの状況の例として、

 [ + ]  php7.4-fpm
 [ - ]  php8.0-fpm
 [ + ]  php8.1-fpm

のように、

8.1系を動かしているので、

なぜか起動している7.4のサービスを削除(停止)したい状況があります。

この7.4系を停止しようとする時、

コマンドとしては、

sudo service php7.4-fpm stop

というコマンドで、

通常であれば、停止が可能です。

しかし、

上記コマンドを実行しても、

 [ + ]  php7.4-fpm
 [ - ]  php8.0-fpm
 [ + ]  php8.1-fpm

という状況のままで、

なぜか上手く停止(削除)することができません。

この時、

sudo service php7.4-fpm status

で確認すると、

$ sudo service php7.4-fpm status
● php7.4-fpm.service
     Loaded: masked (Reason: Unit php7.4-fpm.service is masked.)
     Active: inactive (dead)

となっていました。

mask状態なので、

シンボリックリンクがあると思われるので、

そのパスなどを確認しようとしました。

フォルダとしては、

/etc/systemd/system

という場所で、

ls -ls php7.4-fpm.service

で確認すると、

php7.4-fpm.service -> /dev/null

となっており、

シンボリックリンク先がない状態でした。

この事象がなぜ発生したかは、

原因自体は掴めていませんが、

この事象自体に対処します。

上記フォルダで、

php7.4-fpm.service

自体を削除してあげます。

シンプルに

sudo rm php7.4-fpm.service

で削除を実行。

その後に、

sudo service php7.4-fpm stop

で停止してあげると、

 [ - ]  php7.4-fpm
 [ - ]  php8.0-fpm
 [ + ]  php8.1-fpm

このように、

うまく停止することができました。

サービスの停止がうまくいかないときは、

今回の事象が参考になるかもしれないので、

チェックしてみると良いですね。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

おすすめ書籍

スポンサー

人気記事

おすすめ記事