プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

【初心者向け】プログラミング学習が継続できるかは、学習の中で「達成感」を得られるかどうか。

【初心者向け】プログラミング学習が継続できるかは、学習の中で「達成感」を得られるかどうか。

プログラミング学習を始める中で、

あー、プログラミング学習を始めたけれど、
色々とやってみて、
自分には向かない感じがするな。

という方もいたり、

一方では、

プログラミング学習を始めて、
ちょっとずつだけど、自分なりに理解が進んで、
学習の中で作っているものも形になりはじめたので、
すごく達成感もありながら楽しくやれているな。

という方もいます。

このようなプログラミング学習を始めた人の中で、

・プログラミング学習が「うまくいっている」と感じる人

・プログラミング学習が「うまくいっていない」と感じる人

の2つにわかれます。

この2つの分かれ道ですが、

初心者がプログラミング学習を継続的に行う上では、

非常に大切なポイントです。

この大切なポイントを抑えて、

「うまくいっている」と感じるためにも、

学習の中で、

自分なりに「達成感」を得ながら学習を継続できること

が重要です。

この記事では、

プログラミング学習をしていく中で、

継続するための考え方などを説明します。

【初心者向け】プログラミング学習が継続できるかは、学習の中で「達成感」を得られるかどうか。

学習の中で作るものに「達成感」を得られるかは重要なポイント

どのような学習でも同じことは言えますが、

継続的に学習を行えている人

というのは、

学習している内容に関して、

・自分が学習して理解したこと

・自分が学習で結果がでたこと

など、

学習に取り組んできた中で、

自分なりに学習過程の中で「達成感」を得ながら学習をしている

という方が多いです。

例えば、

プログラミング学習において

自分が作っているレイアウトの中の、
ちょっとした部分ですが、
いい感じにできました。

という感じで、

自分なりにちょっとした「達成感」を得ながら、

学習をされています。

このように「達成感」を得ながら学習をすることで、

モチベーションも保ちやすく、

継続的な学習に繋がるので、

自分なりに「達成感」を感じながら学習をしていきましょう。

試行錯誤にかけている時間も「有意義な時間」であると考えること

プログラミング学習をしていく中で、

・レイアウトの見栄えを変更した

・動かす処理を変更した

など、

実際にわかりやすく「達成感」を感じる場面はあります。

一方で、

レイアウトの調整やプログラムの処理を変更する中で、

なかなか、変更がうまくいかずに、調べながらのトライ&エラーを繰り返す

という場面が多いのも事実です。

この時に、

プログラミング学習をうまく継続できている方は、

なかなかうまく思ったようにはいかないけれど、
調べていく中で、知らなかった〇〇についても、
自分なりにちょっとだけ知ることができた。
なので、時間かかっているけど、成長してるかも。

という感じで、

プログラミング学習をしていく中でも、

試行錯誤の過程では学んだことなどに「達成感」を得る

ということが大切です。

自分なりにプログラミングが動かない時に、

動かないなりに、試行錯誤して、

その過程で身につけたことは、

あなた自身の経験として身についています。

プログラミング学習の中では、

試行錯誤の時間が多くなりますが、

その経験はスキルとして蓄積されていると捉えて、

プログラミング学習を継続していきましょう。

「達成感」を得やすくするためにも、「1つのものを作ること」がオススメ

プログラミング学習をしていく中で、

どうすれば、「達成感」を得ながら、

プログラミング学習を継続できるのか。

この点に関しては、

オススメの方法として、

学習の中で自分なりに「1つのもの」を作ること

ということをオススメします。

プログラミングの基本を抑える中で、

小さな単位で、色々なものを作ることが多いです。

これ自体は、

基本を抑える上では、非常によい取り組みです。

しかし、

継続的な学習をしていく上では、

「1つのもの」に継続的に取り組む方が「達成感」を得やすい

ということが言えます。

初心者に多い、

書籍などをやってみて、
なんとなく理解できた気がするけど、
自分なりに何か作ったという達成感がない。

と感じることも、

1つのものを作る経験をすると、

解決できるので非常にオススメです。

初心者の方が、

プログラミング学習をはじめて、

最初の段階で、自分が作る「1つのもの」を決めることは、

知識や経験の面でも難しいことが多いです。

ですので、

プログラミング学習の初期段階では決めずに、

まずは、学習を始めてみて、

学習を進める中で、

自分が作ってみたい「1つのもの」を決める

ということをやってみましょう。

そして、

その作りたいと考える「1つのもの」が決まれば、

よりモチベーションも上がり、

継続的な学習もできるようになり、

自分が目標とする就職・転職などの

成果にも結びつくので頑張りましょう。

未経験からエンジニアへの就職・転職を目指す初心者にオススメの記事

初心者の方が

プログラミング学習を進めて

実際に就職・転職を成功させるためには、

色々なことをコツコツと取り組む必要があります。

そんな中で、

アドバイスとして言える事は、

・ポートフォリオは作っておきましょう

・エンジニアの職種の違いなど、IT業界に関して把握しておきましょう

・転職エージェントもうまく活用していきましょう

という事です。

これらに関する記事も読んで頂き、

就職・転職がうまくいくように取り組んでいきましょう。

ピックアップ

初心者にオススメ

おすすめ記事