エンジニアへの就職・転職後のスキル不足を心配する理由と対策

エンジニアへの就職・転職後のスキル不足を心配する理由と対策

初心者の方が

未経験からエンジニアへの就職・転職を目指して

自分なりに独学でプログラミングの学習を行ったり、

プログラミングスクールで学習するなど、

実際に内定をもらうまでに、

基本的なプログラミングスキルの取得に力を入れる

ということが一般的です。

そんな中で、

未経験からエンジニアへの内定が決まった方から

質問が多いのが、

内定もらって、頑張っていこうと思っているのですが、
本当に今のスキルでやっていけるでしょうか。

という転職後のスキル不足にかんする質問です。

この質問に関しては、

内定を出している企業の多くが、面接の段階でプログラミングの学習内容を聞いています。
未経験の人には、入社後すぐに、バリバリやってもらうことは期待しておらず、少しずつ身につけてもらうことを考えていることが多いです。
そのため、転職後のスキル不足を今の時点で心配する必要はありません。

という回答をしています。

そして、

さらに踏み込んだアドバイスとしては、

内定から、実際に入社までの時間がある場合は、
・実際に業務で使うスキルやツール
・事前に把握しておいた方が良いこと
などを内定先に確認して、
入社までに取り組むことでスキル不足の不安を少しでも解消できるように取り組みましょう。

というアドバイスを行っています。

この辺りの、初心者の方が、

未経験からエンジニアに就職・転職をする際に、

働き始めてからのスキル不足への不安に関して、

どのように考えた方が良いのか、

不安を少しでも減らすためにどのようにしたら良いのかを

この記事で説明していきます。

エンジニアへの転職後のスキル不足を心配する理由

現場で求められるレベル感がわからない

初心者の方が、プログラミング学習を進めて、

未経験からエンジニアへの就職・転職を実現した時、

実際に現場に入った時に本当にやっていけるのか

という不安を持つ方は多いです。

そんな不安に関しては、

現場で求められるレベル感がわからないから不安になっている

ということが理由として挙げられます。

この点に関しては、

初心者の方が未経験からエンジニアに就職・転職した際は、

即戦力として期待されていることは、

正直に言って少なく、

現場のエンジニアから見た時、

新しく入ってくる人、
・プログラミングの処理の流れが読める
・自分で調べながら、解決に導ける
あたりが、少しでも身についている人なら嬉しいな

このように、

基本的なプログラミングに関する取り組みができるか

という点が重要だと考えています。

これらを踏まえて、現実的なことをいうと、

現場で求められるレベル感は、学習してきた時よりも数段、高いレベル感

であることが多いと言えます。

しかし、

未経験の方に関しては、

この現場のレベル感については、

コツコツと現場レベルで必要なスキルを身につけて、現場で求められるレベルまで自分を高めようとすること

が大切であると考えておきましょう。

また、

現場で求められるレベル感に関して質問を受けたとき、

未経験で入社される方にアドバイスとして言っているのは、

未経験の人は、現場に入ったタイミングで、現場で求められるレベル感に達していることは、あまり期待されていません。
しかし、プログラミングを行う上での基本となる
・自分でプログラミングの処理の流れを追えること
・わからないことを自分で調べて解決に導こうとすること
など、自分で取り組む姿勢は、現場に入る前に身に付けるようにしましょう。

ということです。

あまり不安になり過ぎないようにしながらも、

エンジニアとしての取り組み方は意識しながら、

プログラミング学習をコツコツと続けていきましょう。

自分が学習したスキルと現場で使うスキルのマッチングの度合いがわからない

実際の現場のレベル感に関しては、

未経験の方は入ってからコツコツと必要なスキルを身につけ、

現場で求められるレベル感まで、

自分自身を成長させていくことが求められます。

そのため、現場のレベル感に関しては、

そこまで不安になりすぎることは必要がありませんが、

事前に何か未経験の初心者でも取り組めることはないのか

という点は考えて、自分なりに取り組むことは重要です。

この事前に未経験の方が現場に入る前に取り組めることは、

内定先の企業に現場で求められるスキルやツールを教えてもらう

ということをオススメしています。

内定先の企業に

私が働く実際の現場で使われるスキルや言語を詳しく教えていただきたいです。

ということを聞いてみてください。

すると、

未経験の方が働く現場が決まっていれば、

働いてもらうことを考えている現場は、
・プログラミング言語は〇〇
・フレームワークは〇〇
・開発ツールは〇〇
を使っていますね。
あと、共有ツールは〇〇、バージョン管理などは〇〇をつかっているので、現場に入る前に、少しでも把握してもらうと良いかもしれませんね。

ということを教えてくれることが多いです。

現場で求められるレベルまで、

未経験の方がスキルを高めることは難しいですが、

現場で使われるスキルやツールを具体的に知っておくことが重要

であることを理解しておきましょう。

このように現場で使われるスキルなどを

具体的に知っておくことで、

不安を和らげることにも繋がるので、

企業先に聞いてみるようにしましょう。

スキル不足の心配を減らすために現場に入る前にやっておきたいこと

少しでも現場と同じスキルやツールを使ってみる

未経験でエンジニアに就職・転職される方が、

少しでも現場に入るときの不安をなくすためにも

現場で使われるスキルやツールを具体的に知っておくことが重要

であることを説明しました。

この現場で使われるスキルやツールを知った上で、

内定をもらってから、現場に実際に入る前に

自分自身で使われるスキルやツールを少しでも試しておく

ということをオススメします。

実際に事前に少しでも試しておくことで、

現場に入って、

初めてだから難しいかもしれないけど、
〇〇というツールで、△△をやってみて。

という形で業務を依頼された時に、

あ、これ、自分で試していた〇〇というツールのやり方と同じだ。
同じようにやってみたら、うまくいくかもしれないから試してみよう。

このように、スキルやツールの使い方などは、

試したことが実際に現場でも使われていることがあるので、

事前に自分自身で試しておくことが良い方向に繋がります。

この取り組みをすることで、

・自分自身のスキル不足での現場に入る時の不安を少しでも和らげる

・現場に入った時に、自分自身で試していたことが役に立つ

というメリットがあるので、

内定してから、現場に入るまでに時間があるようなら、

少しでも取り組んでおきましょう。

エンジニアへの就職・転職を目指す未経験の方にオススメの記事

未経験の方で

エンジニアへの就職・転職を目指している方は

スキルに関することや、

IT業界に関することを得た方が良いと思っています。

このブログでも

エンジニアへの就職・転職に関して

初心者向けの記事を書いているので、

参考に読んでみてください

未経験からエンジニアへの転職は年齢も意識すべき理由

未経験からエンジニアへの転職は年齢も意識すべき理由

未経験からエンジニアを目指して

プログラミング学習をする方は多いです。

そんな中で、

年齢って何歳まで大丈夫なのでしょうか…

という質問をよく受けます。

そんな年齢に関してですが、

IT業界の企業の年齢への捉え方や、

実際の採用する側から見たときの、

年齢に対する意識などを説明します。

SES、ベンチャーなど、

IT業界の企業といっても

それぞれの企業によって違いはあり、

年齢に対する捉え方も違います。

ただ、

企業側がどのように捉えているかを知ることで

未経験からエンジニアへの就職・転職を目指すときに

実際に応募する企業を判断しやすくなります。

最終的には、

その採用している企業が欲しい人材に

マッチしていることがアピールできるかどうかですが、

IT業界内でも、年齢に対して、

どのように捉えられているかを知り、

未経験からのエンジニアへの就職・転職に生かしましょう。

未経験からエンジニアへの転職は年齢も意識すべき理由

IT業界は年齢に対する意識は、他業界よりも比較的、低いことが多い

未経験からIT業界にチャレンジしようと考え、

プログラミング学習を進めている方は多いです。

そして、

エンジニアへの就職・転職を目指して

実際に転職サイトなどで、

応募して転職活動に取り組んでいると思います。

そんなとき、

IT業界の応募募集としては、

「〇〇歳までの方を募集」

という記述よりも

「未経験で意欲のある方募集」の記載が多い

ということがあります。

これを初心者の方は

年齢って何歳まで大丈夫なのでしょうか…

と感じてしまうことが多いのですが、

IT業界は、年齢も多少は意識するが、それよりもITリテラシーやスキルを重視する

ということがあります。

そのため、

IT業界にチャレンジする時に

プログラミング学習などを行って、

ITリテラシーを高めたり、

スキルを身に付けることが

そのまま、就職・転職に繋がりやすいのです。

大企業は、年齢構成を把握、調整するので、20代や30代が転職しやすい

メーカーやIT企業の大手などでは、

エンジニアの年齢分布も多少、気にすることがあります。

これは、

実作業をしているエンジニアは

そこまで意識しませんが、

エンジニアをまとめているリーダークラスや

他の管理職、人事も含めて、

その会社の採用方針を決めていく上で、

重要視される事項でもあるからです。

大企業が年齢分布をなぜ、気にするかというと、

将来的な退職などを考えた時に、

同じ年代だけに集中することがリスクと考える

からです。

そして、

メーカーなどの大企業は、30半ば〜40代の管理できる人材はいるが、その下のメンバーが不足している

という実情があります。

そのため、

30半ば〜40代の人材は多いから
20代や30代前半の人材を獲得しよう

と考えて募集することが多いです。

特に未経験での募集については、

この傾向が強く、

30代半ば〜40代の人材は、

すでに会社内にいるので必要ない

ということが多いので難しいことが多いです。

中小企業は年齢よりは、求めているスキルへのマッチング度合いで20代、30代、40代を採用する

中小企業に関しては、

実際に採用を行っても

なかなか、応募してこないなぁ

ということがあります。

また、

未経験として募集している人材のイメージと

応募してくる未経験の方の学習内容が合っていない

ということが多いです。

欲しい人材がいても、

未経験から入社を目指す初心者の方が、

学習している内容が違うと、

なかなか、採用に踏み切ることができません。

未経験を採用しようとしている時点で、

即戦力としての期待は、正直、持っていないので、

求める人材像のスキルと学習しているスキルがマッチしている

ということを重視して採用に踏み切ることが多いです。

そのため、

未経験から就職・転職を目指す時は、

求人募集の求められている人物像のスキルと

自分が学習しているスキルの方向性が会う企業に

応募するようにすると良いでしょう。

ベンチャー企業は年齢が若い人が多く、40代以降は、管理する上で年上すぎると大変なイメージにより敬遠されやすい

ベンチャー企業に関しては、

20代や30代前半のメンバーが多く、

全体を管轄する管理職の社員も、

その年代で占めることが多いです。

そのような状況の中で、

ベンチャー企業が未経験の募集をするときは、

未経験なので、即戦力とは思っておらず、今後の成長を見込んだ上で、メンバーにしたいと思える人材を採用する

という傾向が非常に強いです。

この点に関しては、

・未経験のメンバーを採用

・即戦力のメンバーを採用

について、

ベンチャー企業は大きく違います。

ベンチャー企業は人数が少ないことが多く、

即戦力の採用の場合は、

メンバーを管理できる管理職として

採用を目指すことが多いです。

一方で、未経験の採用の場合は、

若くて、成長しながら長く働いてくれるメンバーを撮りたい

ということがあるので、

これらを考えると、

ベンチャー企業は、未経験から目指す時に

若い方が採用されることが多いです。

もっとも年齢を気にしないのが、SESという現実

ここまで、

・大企業が未経験を採用する場合

・中小企業が未経験を採用する場合

・ベンチャー企業が未経験を採用する場合

をそれぞれ、説明してきました。

これらに関しては、

それぞれの会社で「自社内」で業務を行うことを想定している

ということがありますが、

SESに関しては、出向という形で、「自社内」ではなく「出向先」で業務を行う

という点が違います。

このSESに関しては、

IT業界に未経験から就職・転職を目指す時に、

SESは、他の自社内開発の企業などよりも、年齢を気にせず、採用することが多い

ということがあります。

これは、

出向先の企業側が受け入れてくれる人材であれば、年齢を問わず採用する

という考え方が根本にあるからです。

未経験の方から考えると、

とりあえず、IT業界に入って、業界の経験年数を増やしたいな。
何年か経ったら、もっと良い企業に転職を目指そう。

という考えを持つ方であれば、

SESの企業への就職・転職を

選択肢として取り入れることをオススメします。

未経験からエンジニア転職を目指すなら転職エージェントを活用すべき

ここまで、

年齢への捉え方が、企業によって、

どのように違うかを説明しました。

実際に、初心者の方が、

プログラミング学習を進めて

未経験からIT業界への就職・転職を目指すのであれば、

転職エージェントを活用してIT業界のことを知る

ということが1番、有効です。

転職エージェントは、

リアルタイムの求人情報や募集企業の担当者の意向など

様々なことを把握しているため、

自分の学習状況や就職・転職を目指す企業の選定

などをサポートしてくれるので、

エンジニアへの就職・転職の成功に繋がりやすくなります。

まずは、

自分なりにプログラミングの学習や情報収拾するのは大切ですが、

転職エージェントもうまく活用してみましょう。

オススメNo.1のエージェントを確認する

エンジニアへの就職・転職を目指す未経験の方にオススメの記事

未経験の方で

エンジニアへの就職・転職を目指している方は

スキルに関することや、

IT業界に関することを得た方が良いと思っています。

このブログでも

エンジニアへの就職・転職に関して

初心者向けの記事を書いているので、

参考に読んでみてください

エンジニア転職でネットワークの知識が重宝される理由

エンジニア転職でネットワークの知識が重宝される理由

エンジニアの転職において、

色々なプログラミング言語や学習経験など

採用する側にとっては

気になることがあって質問をしていきます。

そんな中で、

今まで、サイトの管理やサーバの管理など、
ネットワーク関連を自分なりにやってみたり、
任せられたことなどあるかな?

という形で質問することがあります。

特に、そこまで規模が大きくない企業や

1人のエンジニアが様々な業務を行っている企業などでは

ネットワークに関する知識を持っていると

より魅力的な人材に見えることがあります。

この記事では、

この「ネットワーク」に関する知識が、

エンジニアへの就職・転職の活動において、

どのように、採用する側に見えるのか、

役に立つのかを説明します。

エンジニア転職でネットワークの知識が重宝される理由

同じようなスキルの人の応募が多い時に、「ネットワーク」の知識が1番の違いになる

会社内のエンジニアを増やしたい時に

エンジニアの募集をかけると

思ったよりも応募が多く、似たようなスキルの人が増える

ということが多いです。

実際に採用する企業の中にいると、

転職サイトで募集開始したら、
応募してくれる人がすごく増えましたね

応募してくれる人は増えたんだけどね
うーん…
同じようなスキルの人が多いんだよね…

あ、それなら、
1人だけ、個人で「ネットワーク」に関して
サイトを公開してみたり、学習している人がいましたよ

このような流れで会話していることがあります。

ちなみに

応募書類の段階でどの人を落として

どの人を次の面接に来てもらうかを考える時に

同じようなスキルの人は年齢や経験などで絞っている

いわゆる、足切りというやつですね。

企業側も全ての人を次の採用ステップに進めると時間が足らない

ということがあるので、

仕方なく、このようにしていることが多いです。

そんな中で

他の人とは違って「ネットワーク」の知識を持っている方は、

ちょっと気になるので、採用の次のステップに進める

ということを行います。

エンジニア の就職・転職において、

実際の面接など、次の採用ステップに進むかどうかは

人とは違うちょっとした知識の違いにもよるので、

「ネットワーク」を学習しているのであれば、

履歴書・職務経歴書のどこかに

わかりやすく

「〇〇のサイト構築や公開を実際に試しています」

など、書いておくと採用する側が気づけば、

他の人との違いと認識するのできちんと書いておきましょう。

「ネットワーク」の知識があることで、プログラミング以外の基本的なITリテラシーがあるイメージを持たれて好印象

採用していく中で、

特に未経験でエンジニア の就職・転職の採用で

入社してくる方に多いのですが、

プログラミングスキル以外の、

入社してもらったら基本的なITリテラシーが無くて困った

という経験が採用側によくあります。

今はプログラミングスクールや独学での学習など、

プログラミングスキルに関してのスキルは、

基本的な部分は、抑えた人を採用することができます。

しかし、

実際の業務をするために、

・パソコンのネットワークの設定

・必要なデータのサーバ等へのアップロード

など、

採用する側からみた時に

パソコン操作も含めた基本的なITリテラシーは

持っておいて欲しいと考えます。

その際に

企業側が判断する方法として、

「ネットワーク」に関する知識や経験でITリテラシーを判断する

という方法です。

面談の場で、

プログラミング学習以外で、サイトを作ったり、
パソコンを使ってデータのアップロードするなど、
自分自身で何か取り組んだり、試したことはありますか?

のような聞き方で、

プログラミング以外の基本的なITリテラシーがあるかな

ということを探ることが多いです。

このような質問に対して、

自分なりに試したことなどを答えられると、

採用する側に与える印象が大きく向上するので

ネットワークに関する知識を得るために

ちょっとしたことでも良いので、取り組んでおくと良いでしょう。

企業で開発しているシステムが「ネットワーク」の知識が根底として必要であることがある

採用する企業側として

未経験でもプログラミング学習している人を採用する

ということはよくあります。

そんな未経験の人を採用する時に、

開発しているシステムでネットワークの理解が根底で必要

ということがあります。

この場合、

未経験の人には、即戦力レベルのネットワーク知識までは求めていない

ということが多いです。

しかし、

入社後にネットワークへの知識を教えていくために

ネットワーク上で何かをすることに抵抗がない人が欲しい

という希望はあります。

ですので、面接の場で

いつも、パソコンを使って、
インターネット上の情報収拾や、他のサービスなど
どれくらい使っていますか?

このような質問で、

その人が、どれくらい「ネットワーク」の知識などに

抵抗がないのかをみていることがあります。

日常的に、色々なサービスを使ってみたり、

情報を収集したりするなど、

「いつもYoutubeみています」

以外で、何か取り組んでいると印象が違うので、

少しずつでも取り組んでおきましょう。

社内のエンジニアの数が少なく、ゆくゆくは社内のパソコンや会社のサイト・サーバの管理を任せたいと考えている

採用する側から考えた時に

採用するエンジニアには、様々な業務を任せられるのが理想

という考えがあります。

企業の中には、

自社のサイトの開発・運用などを

色々なものを外注で自社管理できていない企業

というのも多いです。

その際、

ネットワークに関する知識や経験があると

自社のサイトとか、今、外注に全て任せているのを
自社のエンジニアで開発・運用したいから、
この人なら、将来的にできるかもしれない

という考えを持って実際に採用することがあります。

採用する企業側は、

その人に将来的に任せたいことなども考えて採用する

ということが多いので、

その点でもネットワークの知識や経験があると

エンジニアへの就職・転職につながりやすくなるので、

ネットワークに関する学習も行ってみることをオススメします。

ネットワークの学習を行うなら、ネットワークエンジニアを目指すのもあり

未経験からエンジニアへの就職・転職を目指す時に

プログラミング学習もしながら、ネットワークの勉強は難しい

と感じる方も多いと思います。

そんな方には

「ネットワークエンジニア」

という職種で

エンジニアデビューを目指すこともオススメします。

ネットワークエンジニアとして働くことで、

ネットワークに関する知識をより深められるので、

ネットワークに詳しいエンジニアとしての

立ち位置を得ることができるのでオススメです。

ネットビジョンアカデミーはこちら

エンジニアへの就職・転職を目指す未経験の方にオススメの記事

未経験の方で

エンジニアへの就職・転職を目指している方は

スキルに関することや、

IT業界に関することを得た方が良いと思っています。

このブログでも

エンジニアへの就職・転職に関して

初心者向けの記事を書いているので、

参考に読んでみてください

初心者からエンジニアへの就職や転職を成功に導くために注意したいこと

初心者の方が

プログラミング学習を進めて

就職・転職を目指すために活動を始めた時、

エンジニアへの就職・転職が「うまくいく」人

エンジニアへの就職・転職が「うまくいかない」人

に分かれることが多いです。

そして

就職・転職において企業側で面接官をしてきた中で、

エンジニアへの就職・転職が

「うまくいく人」は、複数社の内定が続けてもらえる事が多い

という傾向があり、

また、逆に

「うまくいかない人」は、何度、応募しても内定がもらえない事が多い

という傾向もあります。

面接官をしてきた中で、

「採用した人」と「採用しなかった人」の違いなど、

実際に私が面接官で判断したことなども踏まえて、

初心者の皆さんに、

エンジニアへの就職・転職で成功するために

取り組むべきこと、注意すべきことなどを説明します。

初心者からエンジニアへの就職や転職を成功に導くために注意したいこと

エンジニアになる理由と応募理由が明確である

プログラミング学習を続けてきて、

実際にエンジニアへの就職・転職に取り組んだ時に、

・なぜ、エンジニアという職種を選んだのか

・なぜ、この会社のエンジニアを選んだのか

この2点に関して

自分なりの言葉で、

しっかりと説明できるかということは重要です。

例えば、

なぜ、あなたは弊社のエンジニアを志望しているのですか?

という質問は、

エンジニアへの就職・転職を目指す際に

非常によく聞かれる質問の1つです。

この質問に対して、

プログラミングスクールに通う中で、
エンジニアを募集している御社を見つけたので、
応募させて頂きました。

と答えてしまう方がいますが、

面接官をしている側からみると、

エンジニアへの就職・転職を目指す初心者の方に

聞きたいこと、答えて欲しいことは、

・そもそも、なぜ、プログラミング学習を始めたのか

・プログラミング学習を進めて、なぜ、数ある会社の中で弊社なのか

ということです。

それらを考えると、

例えば、こういうやり取りができると良いですね。

なぜ、あなたは弊社のエンジニアを志望しているのですか?

自分で手を動かしながら、何かを作れるスキルを身につけるために、プログラミング学習を始めました。
その中で、HTML/CSS/javaScript/Vue.jsの学習を進めており、そのスキルが、御社で募集しているフロントエンジニアで活かせ、より成長できると考えて応募しました。
また、御社のフロントエンジニアなら〜

このような流れで、

うまく自分なりの言葉で、

プログラミング学習を始めた経緯や学習してきた内容、

そして、なぜ、その会社のエンジニアを目指しているのかまで、

話を繋げられるようにできると良いです。

この辺りは、

いきなり聞かれて答えるのが難しい人もいると思いますので、

・自分がプログラミング学習を始めた理由

・自分がプログラミング学習をしてきた内容

・志望した会社のエンジニアなら、自分がどう成長するのか

ということを時間がある時に、

じっくりと考えておくと良いでしょう。

プログラミング学習内容と応募している企業の業務内容がリンクしている

「未経験可」という応募に、

初心者の方が

「とりあえず応募してみよう」

「未経験可」だから、とりあえず応募してみようかな

と考える気持ちもわかります。

しかし、

実際に採用する企業側から考えると、

ん?なんで、このプログラミング学習内容で、
弊社に応募してきたのかな?

と捉えることが多いです。

この点に関しては、

実際のプログラミング学習した内容に関して、

・HTML / CSS

・javaScript / jQuery

・Vue.js / React

などを、

すべては必要無いので、

どれかプログラミング学習でやっているのであれば、

エンジニアの中でも「フロントエンジニア」

への応募は企業側から見ても納得できるものです。

また、

初心者の皆さんが、

・PHP / Laravel

・Ruby / Ruby on Rails

などを学習しているのであれば、

エンジニアの中でも「バックエンドエンジニア」

への応募は企業側から見ても納得できます。

この辺りは、

求人の募集として

募集のイメージ

このように、

「未経験も可」や「意欲重視」などが書かれている募集などは

注意して募集詳細などチェックするようにしましょう。

上記の例だと、

自社ECサイトを支える【フロントエンドエンジニア

と「フロントエンドエンジニア」の文言があるので、

HTML / CSS / javaScript /jQuery / Vue.js / Reactなどを

学習しているのであれば、

企業側が求めている人材に近い可能性があります。

このように求人を見る際は、

企業側が求めている人材が学習しておくべきスキルは何かな?

という観点でチェックすると、

自分がプログラミング学習で取り組んだスキルが生かせる会社なのか

という点が見えてくるので、

そのような観点でチェックするようにしましょう。

ポートフォリオが用意され、内容を自分の言葉で説明できる

プログラミング学習を始めて

初心者の方が就職・転職に向けて活動をする際に、

ポートフォリオによって印象が大きく変わる

ということがあります。

そして、

今は、プログラミングスクールでも、

プログラミング学習の中で、ポートフォリオの作成は必ず行う

と言えるほど、

就職・転職で面接に訪れる方は、

ポートフォリオを準備しています。

以前は、

ポートフォリオがあることが1つのアピールでしたが、

ほとんどの人がポートフォリオを作って、

就職・転職時のアピール材料に使うため、

ポートフォリオを使ってどのようにアピールするのか

という点が重要になっています。

このポートフォリオのアピールに関して、

プログラミングスクールに通って、

ポートフォリオを完成させた方の中に多く、

残念に感じてしまうのが、

自分のポートフォリオを自分の言葉で説明できない

ということです。

例えば、

このポートフォリオですが、
・作ったポートフォリオの概要、機能
・使ったライブラリなど
・どのような処理を実装しているか
などを説明してもらえますか

〇〇というプログラミングスクールで、
決まったテンプレートを使いながら、
教えてもらったライブラリをインストールして、
何とか動くところまで作ることができました。

というやり取りになってしまうと、

面接官をしている側から見ると、

ポートフォリオは形になっているけど、何も身に付いていない

と感じます。

このポートフォリオを自分自身の言葉で説明できるかどうかは、

実際に入社した後、業務を任せた際に

自分自身で考え、理解して成長してもらえるかどうか

という点が、面接官側にとっては、

非常に気になってしまうところです。

せっかく、良いポートフォリオであっても、

うまく説明ができないと、

それが原因で採用側が、採用を躊躇することに繋がります。

そのため、

自分がプログラミング学習の中で作ったポートフォリオに関しては、

自分自身の言葉で説明できるように、

ポートフォリオに関して理解を深めておきましょう。

自分のプログラミング学習状況の把握ができている

プログラミング学習をしていく中で、

それぞれの言語の学習状況に対して、

自分自身が何を理解して、何の学習が進んでいないのか

という点はきちんと自分なりに把握しておくべきです。

例えば、

バックエンドで使用するPHPやRubyなどに関して、

・変数とは?

・定数とは?

・判定処理とは?

・繰り返し処理とは?

・オブジェクト指向とは?

・フレームワークとは?

など、

これ以外にも、データベースなど、

関連する内容を含めるともっとたくさんあります。

これらに関して、

自分がプログラミング学習の中で何を理解しているのか

ということが曖昧な方がいます。

特に、

面接官の側にたつと、

〇〇に関しては、
プログラミング学習の中で
やったような気がしますが、何とも言えないです。

という返答をされると、

「本当に学習ができているのかな」と不安になる

ということが起きます。

逆に、

学習していないことを、

嘘をついて知っているということも問題です。

さらに、

面接官が現場のエンジニアの場合、

「学習していない・学習したけど理解ができていない」が話の中でわかる

ということが多いです。

このような

自分が学習したことをきちんと把握して説明できること

は、業務の中でも、

報告してもらうことがあるので、

その辺りができるか、できないかを面接の中で判断しています。

ですので、

自分自身がプログラミング学習の中で、

何を学び、何を理解したのかを把握すること

を面接に行くまでには、自分なりに整理しておきましょう。

職務経歴書の記載が丁寧である

ここまで、

初心者の方が、

プログラミング学習を進めて

就職・転職をする中で、

「初心者からエンジニアへの就職や転職を成功に導くために注意したいこと」

を説明してきました。

そんな注意してほしいことですが、

社会人経験があって、

何かの業種で仕事していた経験がある人は、

「職務経歴書」の記載が丁寧に書かれているか

ということにも注意を向けておきましょう。

これは、

採用する側が、

応募してきた人の中で、迷っている人の比較に活用する

という事が理由です。

実際の採用する会社内のやり取りを例にすると、

募集の要件にあって、
良さそうな人が何人かいるんだけど、
ポートフォリオもそれぞれいい感じですね。

あとは、
今までの職務経験で比較しましょうか

そうですね。
職務経歴書をもう1度見て、
絞った人の中から選びましょう

という感じで、

たくさん来てくれた応募者の中から、

人数を絞って悩んだ時に、

ポートフォリオ以外では職務経歴書を重視します。

ここで1つ把握しておいてほしいのが、

大手メーカーなどで、学歴を重視するなら履歴書の経歴は見る

という事がありますが、

学歴を重視しないのであれば、履歴書は意識的に見る事はない

と言えます。

この学歴を重視しない場合に、

履歴書は住所を確認するくらいには使いますが、

それ以外で何を元に、

応募して来た人の人物像や今までの経験を見るかと言えば、

それを見るのが「職務経歴書」なのです。

ポートフォリオが重要なのは事実ですが、

「職務経歴書」も見やすく、わかりやすい書類にしておく

という事も意識して取り組んでおきましょう。

この「職務経歴書」を見て判断するときは、

複数人で悩んでいる時が多いですが、

大きな採用する側の流れとして

1次判断:人事が応募者の人物や意欲を面接でチェック

  ↓

2次判断:現場がポートフォリオと職務経歴書をチェック

  ↓

最終判断:決裁者の面接でチェック

という流れが多く、

最初の1次判断は人事が対応する事が多く、

そこまで細かく職務経歴書をチェックするよりは、

人物像や意欲などをチェックする事が多いです。

この辺りは、

人事では、

・職務経歴が現場で活かせるか

・ポートフォリオで使われているスキル

などの判断が難しいからです。

その点、

現場のメンバーが判断する際、

ポートフォリオだけでは、

なかなか、判断できない事もあるので、

その際に職務経歴書を重要視することが多いです。

このように

実際の面接のフローの中で、

職務経歴書を重点的にチェックする事もあるので、

ポートフォリオだけでなく職務経歴書の作成にも

就職・転職を成功させるためにも力を入れておきましょう。

未経験からエンジニアへの就職・転職を目指す初心者にオススメの記事

初心者の方が

プログラミング学習を進めて

実際に就職・転職を成功させるためには、

色々なことをコツコツと取り組む必要があります。

そんな中で、

アドバイスとして言える事は、

・ポートフォリオは作っておきましょう

・エンジニアの職種の違いなど、IT業界に関して把握しておきましょう

・転職エージェントもうまく活用していきましょう

という事です。

これらに関する記事も読んで頂き、

就職・転職がうまくいくように取り組んでいきましょう。

【初心者向け】就職・転職に向けてエンジニアの職種の種類を理解しておこう

初心者の方には、

IT業界に興味を持って、

就職・転職を目指す方は多いです。

そんな方と接する中で、

そもそも、IT業界内でのエンジニア の種類がよくわかりません。
「〇〇エンジニア 」というのがいくつもあり、
どのように違うのかを教えて欲しいです

ということを聞かれることが多いです。

この初心者の方が抱く、

そもそも、エンジニアの職種の種類がわからない

という点に関して、

この記事で説明していきます。

呼び方が違うだけで、

やっていることがほとんど同じこともありますし、

同じ職種でも、

企業によっては、細分化のために、

「〇〇エンジニア 」と分けていることもあるので、

その辺りも説明していければと思います。

【初心者向け】就職・転職に向けてエンジニアの職種の種類を理解しておこう

「Web」エンジニア

君はエンジニアとしては、
「〇〇エンジニア」とすると、何エンジニアなのかい?

自分は「Web」エンジニアですね。
HTML/CSS/javaScript/PHP/Ruby/Pythonなど、
必要に応じて対応していますね。

初心者の方も、

エンジニア の種類としてよく聞くことがるのが、

この

「Web」エンジニア

という職種です。

企業によって、

Webエンジニア として定義が多少違いますが、

一般的には、

ブラウザで表示するためのシステムを作るエンジニア

という意味で使われます。

使う技術としては、

HTML、CSS、javaScript、PHP、Ruby、Python

などを必要に応じて使います。

よく初心者の方が、

認識として間違ってしまうのが、

それなら、Webエンジニアならスマホアプリも作るのですか?

いえ、「Web」エンジニアなので、
スマホアプリは作ったりしません。

このようなスマホアプリの作成に関する認識です。

スマホアプリに関しては、

次で説明する

「アプリケーション」エンジニア

という職種で区別することが多いので、

Webエンジニアと違いを認識しておきましょう。

「アプリケーション」エンジニア とは?

君はエンジニアとしては、
「〇〇エンジニア」とすると、何エンジニアなのかい?

自分は「アプリケーション」エンジニアですね。
Java/Kotlin/Swiftなどを使って
スマホアプリを作っていますね。

初心者の方も、

先ほどのWebエンジニアと同じくらい、

エンジニア の種類としてよく聞くことがるのが、

この

「アプリケーション」エンジニア

と呼ばれる職種です。

このアプリケーション エンジニアは、

スマホアプリを作るエンジニア

という認識で使われることが多いです。

ただ、

ブラウザで動くシステムに関しても、

「アプリケーション」と呼ぶこともあるため、

企業によっては、

「スマホアプリ」を作るエンジニアのことを

「スマホ」アプリケーションエンジニア

そして、

ブラウザで動くシステム」を作るエンジニアのことを

「Web」アプリケーションエンジニア

と呼んで区別することがあります。

また、

人数が少ないベンチャーなどでは、

アプリケーションエンジニアという職種で、

ブラウザ向けのシステムとスマホアプリの両方を

エンジニアとして取り組むことがあります。

この辺りの「アプリケーション」エンジニアは、

企業によって異なることが多いので、

求人の内容などは細かくチェックしましょう。

「社内」エンジニア (社内SE)とは?

君はエンジニアとしては、
「〇〇エンジニア」とすると、何エンジニアなのかい?

自分は「社内」エンジニアですね。
プログラミング言語にこだわらず、
社内のシステムに関わることは何でもやっています。

サービスなどを運営しているIT企業とは違って、

一般的な企業の中で、

システム部門などとして、

社内のシステム全般の面倒を見るエンジニアがいます。

それが、

社内エンジニア(社内SE)

と呼ばれるエンジニアです。

社内エンジニアよりも社内SEという呼び方の方が、

初心者の方には馴染みがあると思います。

社内エンジニアは、

本当に色々な企業の中にシステム部門として

働いている方が多く、

例えば、

・半導体を作っている企業の中で働く社内エンジニア

・教育サービスを提供している企業で働く社内エンジニア

・教育機関、医療機関の中で働く社内エンジニア

など、

それぞれの業種の会社で働いている方がいます。

社内SEは働き方としても、

他の受託企業よりも柔軟に働きやすいので、

初心者の方も目指すなら社内SEはオススメです。

社内SEへの転職には、

こちらの「社内SE転職ナビ」というサイトがオススメです。

「基幹系」エンジニア とは?

君はエンジニアとしては、
「〇〇エンジニア」とすると、何エンジニアなのかい?

自分は「基幹系」エンジニアですね。
自治体・金融・会計など世の中の多くの人が使うシステムに携わっています。

初心者には、

馴染みが薄く、難しく考えられることが多いのが、

「基幹系」エンジニア

というエンジニアの職種です。

この職種に分類されるエンジニアは、

日立などの大手メーカー系の企業で働いている方が多く、

自治体や金融など、

より大きな規模のプロジェクトを大人数でやっている

ということが多いです。

実際に基幹系システムは

システムの開発やテストに予算や工数を多くかけている

ということが多いです。

なぜかというと、

少しの不具合が、世の中に致命的な影響を与える

ということが影響しています。

初心者の方で、

自治体や金融に興味を持っている方は、

システムの1つのプロジェクトの規模が大きく、

なかなか、開発に取り組めないなどありますが、

プロジェクトに参加することで、

少しずつでも

自治体や金融で使われているシステムに詳しくなれるので、

そちらの道に進みたいと考えているなら、

基幹系エンジニアへの就職・転職を考えるのもオススメです。

「業務系」エンジニア とは?

君はエンジニアとしては、
「〇〇エンジニア」とすると、何エンジニアなのかい?

自分は「業務系」エンジニアですね。
それぞれの会社で使われるシステムを受託開発で対応しています。

それぞれの企業で使われているシステムは、

企業独自のデータの管理方法やルールなどがあり、

企業ごとにシステムが違ってきます。

この企業ごとに違うシステムを作っているのが、

「業務系」エンジニア

と呼ばれるエンジニアの職種です。

この職種のエンジニアは、

・依頼を受けた企業のシステムを受託開発で開発を行っている

・依頼を受けた企業に出向き、その企業内で開発・運用をしている

というどちらかのパターンが多いです。

そのため、

SESの企業に入社し、その企業から出向する際も、

この業務系システムに携わることが多いです。

受発注システムなど、

企業ごとに作ることがありますが、

その企業が属する業種、例えば、商社など、

それぞれの業種のことを知ることができ、

その企業の実情も見えたりするので、

面白い面もあります。

また、納期に追われることが多く、

依頼されたシステム開発によっては、

システム開発に関わる残業も

多くなる傾向があります。

しかし、

開発経験を積むことができる可能性が、

比較的、高いので初心者にオススメでもあります。

初心者の方で、

・特にやりたいことが決まっていない

・IT業界に早く入って経験を積みたい

と考えているなら、

この「業務系」エンジニアは選択肢に入れると良いでしょう。

「インフラ」エンジニア とは?

君はエンジニアとしては、
「〇〇エンジニア」とすると、何エンジニアなのかい?

自分は「インフラ」エンジニアですね。
サーバの監視・管理や社内ネットワークの設定・管理などを行っています。

初心者の方の中でも、

社内のネットワークなどの監視をしたり、

サーバと呼ばれるものを管理・運用するなど、

エンジニアの中にそのような業務をしている人がいると認識されています。

これらの社内ネットワークやサーバの管理などを行っているのが、

「インフラ」エンジニア

と呼ばれるエンジニアの職種です。

実際に、

「ネットワーク」や「サーバ」に関わる人が多く、

それぞれを区別して、

「ネットワーク」エンジニア

という呼び名や

「サーバ」エンジニア

などがあります。

このような職種の方は、

運用しているシステムや、

社内に新しい社員が入った時などに対応を行います。

例えば

新しく入社したのですが、私のパソコンの社内ネットワークへのアクセスができないのですが、どうしたら良いでしょうか?

社内ネットワークの調整が必要なので、
対応が終わったら、またお伝えします。

というような感じで、

社内ネットワークなどの対応を行うことを

業務の一環として行っている方も多いです。

初心者の方で

ネットワークの仕組みを理解して、それを仕事にしたい

という方は、

この「インフラ」エンジニアを目指してみましょう。

「セキュリティ」エンジニア とは?

君はエンジニアとしては、
「〇〇エンジニア」とすると、何エンジニアなのかい?

自分は「セキュリティ」エンジニアですね。
企業サイトの脆弱性などをチェックして、問題点の指摘などを行っています。

インターネットが普及して、

エンジニアとして

企業サイトなどの脆弱性をチェックする

というエンジニアもいます。

それが、

「セキュリティ」エンジニア

です。

総務省が、

「情報セキュリティ人材が不足している」

という懸念を抱いて、

何年も前から、そのような人材を増やそうとしています。

引用:総務省の資料より一部引用

以前から不足していると言われていますが、

このように国の機関(総務省)が、

特定の職種を増やそうと動き始めると、

大企業などもその職種のエンジニアを増やす傾向があるため、

セキュリティに関して学習を進めて、

「セキュリティ」エンジニアを目指すのも良いかと思います。

初心者が目指すならば、どの職種のエンジニアがオススメなのか

「Web」エンジニア

初心者の方で、

・将来はフリーのエンジニアになりたい

・より幅広いスキルを身につけたエンジニアになりたい

という考えを持っている方は、

「Web」エンジニア

を目指すことをオススメします。

Webエンジニアは

システムを開発するために、

・Webデザインの知識

・Webシステムを開発するための知識

・Webシステムを動かすための知識

など、

Webシステムに関わる幅広い知識が必要です。

また、

Webに関する知識を深めていくことで、

リモートワークでの仕事の完結が可能になる

ということが言えるので、

将来、フリーエンジニアになって、

リモートワークでの働き方も目指すことが可能です。

エンジニア自体が、

継続的に色々な情報、スキルを身につけて

それを活かしながら仕事をしていきますが、

Webエンジニアはその傾向がより強いので、

継続的な学習意識を持ってこの職種を目指していきましょう

「社内」エンジニア

初心者の方で、

企業に属しながら、

エンジニアとして少しずつステップアップしたい

と考えている人は、

「社内」エンジニア

をオススメしています。

1つの企業の中で、

・社内ネットワーク

・社内のパソコンの設定

・社内のシステム

など、

色々と、把握しながら、

エンジニアに必要な素養を把握できるので、

初心者の方にもオススメしています。

社内SEに関しては、

就職・転職に関して、こちらのサイトがオススメです。

「業務系」エンジニア

初心者の方で、

スキルを身につけたいけれど、

・まだまだ学習していく中で自信を持てない方、

・実際にIT業界に入って開発経験を積みたい

という方は、

SESでの働き方も視野に入れながら、

「業務系」エンジニア

を目指すことをオススメします。

業務系エンジニアがなぜオススメなのかというと、

・比較的、開発工程に携わりやすい

・1つのプロジェクトの規模、機関がそこまで長くない

という2点があります。

業務系システムは、1つのプロジェクトが、

3ヶ月〜半年、長くても1年くらいのものが多く、

初心者が開発経験を積むために

ちょうど良いプロジェクトの規模・機関の案件が多いです。

初心者の方は、このブログの中で何度も言っていますが、

できる限り、「開発工程」に携わることが重要

だと考えているので、

その点で業務系エンジニアをオススメしています。

また、

初心者の方が、

業務系エンジニアを目指そうとするとき、

転職サイトでは、情報が多すぎて、

実際の各企業のことがわからない事が多いので、

転職エージェントを活用することをオススメしています。

転職エージェントに関しては、

こちらの2つがオススメなので、

気軽に無料で転職相談してみましょう。

未経験からの就職・転職を目指す方へのオススメの記事

初心者の方で、

未経験から就職・転職を目指す方には

こちらの記事もオススメです。

【初心者向け】少人数の自社開発ほど成果が重視されるというエンジニアの現実を理解しよう

【初心者向け】少人数の自社開発ほど成果が重視されるというエンジニアの現実を理解しよう

初心者の方がプログラミング学習を初めて、

実際に就職・転職を目指す時に、

実際のIT業界の事がよくわからない

という悩みをよくお聞きします。

IT業界に入った事がない方に向けて

IT業界の中で、成果がどれくらい重要視されるのか

という観点において、

SESやメーカー、ベンチャーなど、

色々な働き方をしてきた中で、

実際にみてきた経験として、

少人数の自社開発ほど成果を求められる傾向がある

ということを説明します。

よく就職・転職に向けた相談として、

IT業界ってどの企業も「成果重視」で厳しそうなイメージしかありません。
自分がIT業界でやっていけるでしょうか?

という質問を受けますが、

基本的にIT業界では、作ったもの(成果物)で評価されるということは、どの企業でも同じです。
しかし、企業によって「成果重視」の度合いが違いますね
特に少人数の自社開発の企業ほど成果を求められる傾向があります

とお伝えしています。

初心者の方が

プログラミング学習を進めていき、

IT業界への就職・転職を目指す中で、

少しでも、IT業界のことを知ってもらえるように、

初心者向けに説明していきます。

【初心者向け】少人数の自社開発ほど成果が重視されるというエンジニアの現実を理解しよう

IT業界では作ったもの「成果物」が重要であるという共通認識

IT業界に関しては、

サービス業とは違い、

システムやデザインなど、

「目に見える形のあるもの」で判断できる

という違いがあります。

サービス業界などでは、

君は月に〇〇時間も勤務してくれて、
愛嬌良くサービス提供をしてくれたから
すごく評価してますよ。

という感じで、

勤務時間や提供する際の行動などで

評価を行う事が多いかもしれません。

しかし、

IT業界では、

君が作ったものは、
システム面では〇〇の不具合が多いから、
お客さんの評価も良くないからな…

という評価や

君が作ったものは、特に不具合もなく、
お客さんからの評価もよくて評価しているよ

など、

作ったものがどうだったのか

という観点で評価が行われる事が多いです。

そのため、

良くも悪くも、自分が作ったものが、

成果物として評価される事が基本になるので、

自分のスキルを上げるために

継続的な学習が必要となります。

初心者のみなさんは、

プログラミング学習することは、

IT業界に入った時に

そのまま評価に繋がりやすいので、

それを学習段階から理解して取り組んでいきましょう。

プロジェクトの規模と人数の違いによる「成果物」の評価の曖昧性

IT業界の中では

作ったもの(成果物)で評価される事が多い

ということを説明しました。

その成果物に関して

君が関わったプロジェクトの成果物に関してだけれど…

という形で評価する事が

IT業界では非常に多いのです。

この「成果物」に関する評価については、

IT業界にも様々な企業がありますが、

プロジェクトの規模と人数によって成果物の捉え方が違う

ということがあります。

例えば、

・大きな「100人」が関わる「大きな」プロジェクト

・小さな「1人だけ」しか関わらない「小さな」プロジェクト

この2つのパターンをみると、

成果物に対して関わる1人あたりの度合いが

大きく違うことがわかります。

小さなプロジェクトで1人で取り組んだ場合、

「成果物」がそのまま評価に直結することが多いです。

しかし、

SESなどで、現場の100人の中の1人として作業する場合、

作成した成果物への評価に関しては、

1人で作ったシステムよりも非常に曖昧になります。

そのため、

実際のIT業界内での評価に関しては、

SESで大規模プロジェクトに参加すると成果物での評価が行いにくい

という事が言えます。

この辺りは

プロジェクトの規模や人数などによって、

「成果物」に対する評価が曖昧になることを

初心者の皆さんも理解しておくと良いでしょう。

少人数の自社開発ほど成果が重視される傾向が強い

さきほど

プロジェクトの規模と人数によって

「成果物」に対する評価の曖昧性が違う

ということを説明しました。

それを踏まえて考えると、

少人数で作った成果物はそのまま、その人の評価と捉えやすい

という事が言えます。

極端な例でいうと

1人で作ったシステム(成果物)はそのまま、その人の評価になる

ということです。

大人数だと、成果物に対して、

評価するにしても曖昧になりますが、

少人数だと

作ったシステム・デザインの成果 = その人の評価

に直接、繋がります。

評価する側にしても、

「君の」作ったシステム・デザインは
非常に良くできていて、評価しているよ

という形で、

作ったものがそのまま評価に繋がります。

プログラミング学習を始める初心者の方が、

自社開発企業を目指す事が多いですが、

・入社の難易度がSESよりも高い

・ポートフォリオとして作ったものが判断される

ということが、

この作ったものが直接、

その人の評価になる事が影響しています。

そのため

自社開発や少人数のベンチャーなどは

採用した人が会社の成果にも直結するので慎重になる

ということを理解しましょう。

プログラミング学習をはじめて

自社開発企業やベンチャーを目指すのであれば、

ここで説明した「成果物」を提示するためにも

ポートフォリオを作ることを進めています。

ポートフォリオを作ること自体が

学習をより進めやすくすることにもつながるので

初心者の方は学習のなかで取り組んでみましょう

【初心者向け】30代でもエンジニアへの転職は可能である理由

【初心者向け】30代でもエンジニアへの転職は可能である理由

30代のプログラミング初心者の方が、

プログラミング学習を進めて、

就職・転職を考えるときに、

30代だからエンジニアへの転職は無理かな

と考えてしまう人は多いです。

そんな30代の初心者の方には、

プログラミング学習をきちんと行うことが前提

として、

30代でもエンジニアへの転職は可能

であると伝えています。

これは、

実際にエンジニアとして働いてきて、

転職されてくる方の面接官なども担当する中で、

未経験の30代の方でも転職活動している人で採用することがある

と身を持って感じているからです。

正直にいうと、30代よりも20代の方が、

採用する側からすると、

少し魅力的に映ることはあります。

ただ、未経験の採用をする中で、

30代の方でも、

プログラミング学習されている内容や、

今までの働いてきた経験なども含めて、

20代の方よりも魅力的に映る部分もあります。

この記事では、

30代で未経験からエンジニアへの転職を目指す方に向けて、

転職が可能である理由と、

オススメの転職活動方法などを説明します。

【初心者向け】30代でもエンジニアへの転職は可能である理由

IT業界は年齢への意識よりもスキルへの意識が強い

未経験から転職活動を行っていく中で

販売や営業など、

20代が体力もエネルギーもあり、

より魅力的に映る職種はあります。

しかし、

IT業界に関しては、

転職される方に対する年齢への意識は、

他の職種よりも低いです。

その理由としては、

年齢よりもその人のスキルを重視する

という傾向が強いからです。

例えば、

面接の中で、年齢のことも聞きますが、

それ以上に、

プログラミング学習はどのようなことをされましたか?

学習の中で得たスキルとしては、何がありますか?

など、

スキルにフォーカスした質問をすることが多いです。

そして、

このスキルのマッチングを見て、

未経験の方の採用を判断することが多いので、

30代でも十分、転職活動は可能です。

IT業界では30代は、まだまだ許容範囲

実際に転職活動される際に、

年齢はやっぱり20代までなのかな

と不安になる方も多いです。

しかし、この点に関しては、

IT業界は比較的、20−30代の若い人が多く、

面接をしてきた中でも

未経験は30代までならコミュニケーションを取れそうと判断する

ということが多いです。

面接をしてきた中で、

自分の会社の20代の社員とコミュニケーションをとる中で、

20代と40代なら、コミュニケーション取るのは難しいのかな。

30代の人なら、弊社の20代の人ともコミュニケーション取れそうだな。

ということを考えます。

これは、基本となるスキルのマッチングはありますが、

あくまでも未経験には即戦力ではなく会社に適用してもらえるか

を見て判断することが多いです。

そのため、

コミュニケーションなどを考えてみても、

30代はまだまだ、企業側からすると許容範囲です。

未経験の採用では、30代は、20代にない他業種での職務経験や人生経験がある

未経験の方の採用をしていく中で、

未経験でも同じスキルなら20代を採用するのかな

と考える方も多いです。

しかし、

現場で面接官をしてきた中で言えるのは、

未経験の転職活動をしている方を見て、

・学習してきたスキル内容

・その人のコミュニケーション能力などの人間性

・今までの他業種での仕事経験

などを総合して判断することが多いです。

特に30代に関しては、

今までの他業種での仕事経験

に関しては、

企業側から見ても、非常に魅力的です。

特に業種や大小に関わらず、

メンバーを抱えて仕事に取り組んだ経験は貴重

であると判断することは多いです。

ですので、

面接の際には、

メンバーを抱えて仕事をした経験があれば、

その経験をアピールするようにしましょう。

30代は、年齢アピールではなく、マインドをアピールすべき

未経験からの転職を考える際に、

そもそも、

30代の方に関しては、

「年齢が若いですよ」

という年齢アピールは厳しいのが実情です。

ただ、

30代だからこそ、これからの人生をどうしたいのか

というマインドに関しては、

面接をしてきた中でも、

真剣度合いなどでも20代よりも魅力的に映ることがあります。

面接官から見ても

30代の方は、スキルはちょっと不足しているけど、意欲などのマインドが弊社には合うな

と感じることがあり、

実際にそのマインドを重視して採用することがありました。

最低限、プログラミング学習をして、

アピールできるスキルを身につけることは必要ですが、

自分自身がなぜIT業界、その会社のエンジニアを目指すのか

というマインドは、

より強くアピールするようにしましょう。

30代は転職エージェントを使ってアピールしてもらうのがオススメ

実際に転職活動をする中で、

書類審査で落とされることが30代の方は多いと思います。

それはなぜか。

書類審査だけで判断する場合、

書類上の年齢の違いは大きな違いに「感じてしまう」

ということが原因です。

面接まで進めると違うのですが、

書類上での判断だと、

この年齢部分は大きな違いに見えてしまいます。

それでは、

どのように未経験の30代の方が書類審査を攻略すれば良いのか。

この点に関しては、

転職エージェントを活用して、書類審査を通りやすくする

ということがオススメです。

転職エージェントは、

転職してもらうことが重要なので、

採用側の社員が

学習しているスキルは良いな。
年齢が30代なのか。どうしようかな。

となっている時に、

この方は、今までの職種で〇〇の経験もあり、
コミュニケーションもとれるので、
ぜひ、1度、面接して下さいませんか

という感じに、

転職エージェントがサポートを入れてくれることがあります。

この点は、

書類審査が通りにくいという点をカバーしてくれるので、

転職エージェントを使用して転職活動してみましょう。

オススメNo.1のエージェントを確認する

【初心者向け】未経験からwebエンジニアになるための求人の探し方と注意点

未経験からWebエンジニアになるため、

自分なりに独学をしたり、

動画サービスなどを使って学習を始める方は多いです。

現場でWebエンジニアとして働き、

面接官として初心者の採用にも携わった経験から言うと、

未経験でもwebエンジニアへの就職・転職は可能である

と言えます。

しかし、初心者の中には、

未経験からwebエンジニアを目指す時に

未経験でも可能なwebエンジニアの求人がわからない

という悩みを聞きます。

そんな初心者の方には、

未経験向けの求人を探すために、

転職エージェントと転職サイトのオファー機能を活用しましょう

とお伝えしています。

どのような求人があるのかという、

まずは、情報収拾のインプットから始めなければなりません。

そんな時に、

・転職エージェント

・転職サイトのオファー機能

を活用することで、

自分自身に求人情報が流れてくるようにする

ということがポイントです。

この記事では、

この方法の説明とオススメのエージェントなどを紹介します。

【初心者向け】未経験からwebエンジニアになるための求人の探し方と注意点

転職エージェントを活用して未経験向けの求人情報を収集する

未経験向けの求人に関しては、

正直に言って、

初心者の方が判断するのが難しい

ということが言えます。

そんな時に、

未経験からwebエンジニアを目指す初心者だからこそ、

ぜひ活用して欲しいのが、

Webエンジニア向けの転職エージェント

です。

転職エージェントに対して、

・自分の今までの学習経験

・どのような職場で働きたいか

・優先すること(給与、勤務先)

などを細かくヒアリングしながら、

初心者向けにアドバイスをもらえます。

まずは活用してみて、

自分なりに必要な情報を欲しい旨を伝えてみましょう。

オススメNo.1のエージェントを確認する

転職エージェントで紹介してもらうために、希望は「正直に」伝えておく

初心者の方で、

転職エージェントを活用する際に

よく質問いただくのが、

転職エージェントにはどこまで「正直に」希望を言えば良いのか

ということです。

この点に関しては、

何も気を使うことはありません。

あなたの「正直な」希望を転職エージェントには伝える

ということを意識してください。

例えば、

給与として、毎月、このくらい欲しいなぁ。
ただ、私は未経験だから無理って思われそうだなぁ。

残業は絶対にしたくないな
家庭状況とかもあるし。どうしようかな。

など、

個人的に悩んでいることも踏まえて、

正直に転職エージェントには説明すると良いでしょう。

オススメNo.1のエージェントを確認する

転職サイトでオファー機能を使って情報を収集する

初心者の方が、

転職サイトを活用していく中で、

自分で見つけて、自分で応募する

という方法が一般的です。

そんな転職サイトの活用ですが、

初心者の方にも

ぜひ、活用して欲しい方法が、

転職サイトのオファー機能で情報を収集する

です。

ほとんどの転職サイトでは、

このオファー機能は付いていますが、

デフォルトでOFFになっていたり、

希望する方だけ使う設定になっていることがあります。

知らないうちに、

情報収拾の1つの方法が削られているのは

非常に勿体無いです。

それぞれの転職サイトで、

イメージとして、

このようなオファーのON / OFFなどの設定があるので、

まずは、ONにして送られてくる情報をチェックしましょう。

送られてくる情報の中で、

これは自分の希望に合っているなと感じる求人

があれば、

その送られてきた情報に返信してみると良いでしょう。

転職サイトのオファーは、送られてくる内容があなたのスキルをチェックしたかを判断しよう

転職サイトのオファー機能は、

色々な求人情報をチェックするには

非常にオススメの機能と言えます。

その一方で、

様々な情報をあなたが入力していると思いますが、

入力された情報をもとに自動送信されるオファーがある

という点を注意しましょう。

例えば、

このように、企業側の担当者は

あなたが登録した情報(レジュメ)に、

何か企業側が設定したプログラミング言語などが、

マッチしたユーザーに一括で送ることができます。

システムで一括で送れるように

決まった文面の一部をユーザー情報に変えて送られてくる

ということが多いです。

ですので、このような、

不特定多数に送られてくるオファーであるか

を判断するために、

同じような定型文で送られてきた文面は、

自分のスキルに本当にマッチしているかを自分なりに考える

ということは重要です。

自動で送られてきたオファーの中にも、

貴方にとっての原石はあり、

それを判断するためには、

オファーの内容をきちんと読んで判断することは重要です。

まずは、

転職サイトに登録して、

自分なりに情報収拾するところから始めましょう。

オススメNo.1の転職サイトを確認する

【初心者向け】未経験からWebエンジニアへの転職を目指す時に作るポートフォリオ作成の悩みに関して

初心者の方が、

プログラミング学習をはじめて、

就職・転職のことを考えた時に

Webエンジニア目指しているけど、
ポートフォリオはどうしたらいいの…

このように、ポートフォリオの作成で、

迷っている初心者の方は多いです。

プログラミング学習において、

初心者の方が、

コツコツと学習を進めていき、

未経験からWebエンジニアを目指していく時、

ポートフォリオを作成してアピールする

ということは非常に重要です。

ただ、

そのポートフォリオに関して、

悩みを抱えている方も多いので、

現場のエンジニア

また、現場で面接官をしてきた経験を踏まえて、

ポートフォリオの作成の中で、

取り組んでほしいいことなどを説明します。

ちなみに、

この記事で対象と考える人は、

・PHP、Laravel

・Ruby、Ruby on Rails

・Python、Django

などを学習されている方です。

この記事の内容で

少しでも初心者のサポートになれば幸いです。

【初心者向け】未経験からWebエンジニアへの転職を目指す時に作るポートフォリオ作成の悩み

そもそも、何を作ったらいいの?

初心者の方が、

未経験からWebエンジニアに就職・転職するに向けて

そもそも、何を作ったらいいの?

という悩みを相談されることがあります。

持たれることが多いです。

そういう方には、

自分が学んだプログラミング言語を使いながら、
データベースへの値の更新を行う、
シンプルなTodoリストを作ってみましょう

と伝えています。

シンプルなサイトに対して、

みなさんが学んだ

・PHP、Laravel

・Ruby、Ruby on Rails

・Python、Django

を使ってTodoリストを作ることで、

面接官側からすると、

Webエンジニアのスキルとして欲しい

「プログラミングの処理の実装」と「データベースの扱い」

の学習結果が見えるので、

採用する側も判断しやすくなります。

作りたい物が決まっていなければ、

まずは、Todoリストを作ってみましょう。

ポートフォリオに絶対必要な機能などあるの?

実際に

Todoリストなどのポートフォリオの作成を考える時に、

最低限、入れておいた方が良い機能はあるの?

という悩みを持つ方がいます。

ポートフォリオを作っていく中で、

「たくさん、機能を入れた方が良いのかな」

と感じてしまうことがあります。

そんな方には、

最低限、CRUD(Create / Read / Update / Delete)と呼ばれるデータベースも含めたデータの処理を入れましょう。

とお伝えしています。

このCRUDが使えることで、

・データベースを扱える人材

・データ更新を画面側と連携させることが可能な人材

ということをアピールできます。

このアピールが、

多くのWebエンジニアを未経験から採用する時に、

基本的に求められるスキルである事が多いです。

そのため、

これらの値の取得や更新をする機能を

ポートフォリオに機能として入れることをオススメします。

作ったポートフォリオは、自分のパソコンではなくて、サーバで動かさないといけないの?

初心者の方が、

未経験からWebエンジニアの転職に向けて、

コツコツと作成を進めたポートフォリオ。

このポートフォリオですが、

ご自身のパソコンで動かしながら作成

する方も多いです。

そんな方から

自分のパソコンで動いているポートフォリオ、レンタルサーバなどに移さないといけないのかな…

という悩みを聞く事があります。

そんな方には、

レンタルサーバ等で、ネット上で見えるのが採用する側からすると嬉しいが、必須ではない

とお伝えしています。

なぜかというと、

採用する側からすると、

未経験で入社を目指そうとしている方には、

自分でプログラミングをして作成した成果物があること

が確認できれば、

特に問題は感じません。

それは、

実際に作った成果物(ポートフォリオ)は、

自分自身のパソコンを面接の時に持参して見せてもらう

ということで対応できるからです。

この自分自身のパソコンを持参して、

面接時に見せるために、

面接に向けてのやり取りの中で、

未経験で入社をしたいあなたから、

企業側に提案する方が良いでしょう。

作り続けても、「これで大丈夫か」と不安になります

初心者の方が、

ポートフォリオを作成していく中で、

作っているもに対して、

不安を持つことは多いです。

そして、

そのような方から

基本機能は不具合も起こらずに動くけれど、本当にこれで良いのかな…

という悩みをお聞きすることがあります。

この悩みに関しては、

私が見てきた中の多くが、

昨日は問題ないが、見栄えの調整が行われていない

というパターンが多いです。

そのため、

このような悩みを持たれる方には、

作ったポートフォリオに、CSSフレームワーク(例えば、Bootstrapなど)を入れて、見栄えを整えてみましょう。

とお伝えしています。

未経験でWebエンジニアを目指す方の多くは、

必要な機能を実装して、

見栄えの調整を進めることができていない

ということが多いです。

機能も重要ですが、

作った成果物として言えることは、

作成したポートフォリオに持つ印象は見栄えで大きく変わることがある

ということです。

見た目の印象で人間の第一印象が変わるように、

作ったポートフォリオも、

見栄えの違いで感じる印象は大きく違います。

ですので、

作ったポートフォリオが、

自分なりにまだ、納得できないと感じるときは、

見栄えを整えることに取り組んでみましょう。

どうしても公開してみたいのだけれど

実際に作ったものを、

アピールするためにも

どうしてもレンタルサーバを使って公開したい

というかいう方がいます

そのような方には、

まずは、一番、使い勝手が良く、

初心者にも優しい操作画面の

ロリポップレンタルサーバ

を使ってみることをオススメしています。

こちらの記事を参考にして下さい。

【エンジニア転職】エンジニアの転職面接は「なにをやりたいか」の具体例を示すべき

IT業界の中で、

「エンジニアになりたい!!」

「エンジニアとしてステップアップしたい!!」

という方は多いです。

そんな方の中には

転職はしたいけど、面接で何を話せば良いのか

という点で

非常に不安になる方がいます。

そんな方は

エンジニアの面接では、

実際に入社したい会社で

「なにをやりたいか」

をきちんと考え、

その点にフォーカスして

話をすることをオススメします。

1つの何を伝えたら良いか

ということをはっきりしておくことで

よく面接官に聞かれる

「何か、伝えたいことがありますか」

「アピールしたいことがありますか」

「入社後になにをしたいですか」

など、

面接でよく質問されるパターンにも

対応できることができるようになります。

ぜひ、

自分なりの言葉でアピールできるようになりましょう

【エンジニア転職】エンジニアの転職面接は「なにをやりたいか」の具体例を示すべき

企業側は同じスキルなら「意欲」を重視している

IT業界の中で

エンジニア採用をしている会社は多いです。

そんな会社で

未経験や経験者でも

採用する人を募集する時に

同じようなスキルの人が応募してくることが多い

ということがよく起こります。

そんな時に、

ちょっとしたスキルの違いに関しては

現場で面接官をしてきた経験からいうと

正直、ちょっとのスキルの違いは同じで扱うことが多い

ということが言えます。

最終的に人事や上長(社長など)との

最終的な判断の認識合わせをする時に、

細かなスキルの違いを説明しても

なかなか理解してくれることが少ないという理由があります。

そんな同じようなスキルの人がいる時に

採用する側として

何を見て同じようなスキルの人を比較するか

という点。

この点に関しては、

その人がどれだけ会社で「やりたいことが明確なのか」

ということを重視して判断します。

言い換えると

どれだけ、面接官に「意欲」をアピールできたのか

という点が大きな判断材料となるので

非常に重要であるということが言えます

ですので

「何をやりたいのか」ということは

面接の前にきちんと考えて

整理して話せるようにしておくことが大切です。

スキル不足でも「なにをやりたいか」が明確であれば採用後に育てることを考えてくれる

売り手市場のときに

なかなか希望しているスキルのエンジニアが応募しない

ということも現実としてあります。

そんな時に

企業側としては

希望のスキルを持った人がいないので採用しない

という考え方もありますが、

一方で

ちょっとスキルは不足していても誰かを採用する

ということを行うことがあります。

この

「誰かをどうにか採用したい」

という時に

企業側が重視することは

「やりたい」ことが、企業の求められる「将来像」とあっているか

ということです

この「将来像」というところがポイント。

企業側もスキル不足なので

入社後、すぐに活用することは求めていません。

ですので

しっかりと企業理念などを把握して

あなたがやりたいことが

企業側の将来像とマッチするように

説明して、アピールできるようにしておきましょう。

やりたいことが不明確だと、スキルがあっても不採用にすることがある

先ほど、

スキル不足でも「意欲」で採用することがある

という事があることを説明しました。

しかし、一方で

スキルが問題なくても、「意欲」が感じられないと採用しない

という事もあります。

スキルをすでに持っていて経験がある人や

自己学習を行ってスキルを身につけた人など、

理想的な人材に面接で会うことはあります。

しかし、

『あなたは今後、なにをやっていきたいですか』

という質問に対して

自分なりの意見がうまく伝えることができず、

スキルはあるけれど、「意欲不足」

という理由で不採用にすることがあります。

企業側としても

「入社後にやる気出して働いてくれるかな?」

「他の社員に意欲ない人を見せるのはどうかな?」

など

色々なことを考えて躊躇してしまうことが多いのです。

ですので、

「なにをやりたいのか」

「なにをやっていきたいのか」

という点は非常に重要なので

自分なりに、

自分のことばで

説明して伝えられるようにしておきましょう。

「何をやりたいか」をはっきりとさせるために転職エージェントを活用するのはあり

ここまで説明してきたように

「何をやりたいのか」

ということをはっきりとすることは重要です。

しかし、

「うまく自分が何をやりたいかをまとめられない」

「そもそも、自分が何をやりたいのかがわからない」

という人もいると思います。

そんな方は、

時間をかけて、自分でまとめることが難しく

どちらかというと

他の人と話すことで「何をやりたいか」がみえてくる

ということがあるので、

自分で考えることに行き詰まったら

転職エージェントを活用して「何をやりたいか」を明確にする

という方法をオススメします

転職エージェントは

色々な人を見てきており、

話を聞きながら、

あなたが「何をしたいのか」

という事も

話をしながら聞き出してくれます

そして

あなた自身も

話しながら「何をやりたいか」が見えてくる

ことが多いです。

特に未経験でエンジニアに転職をされる方

経験が浅く、転職に不安を持っている方

などは

転職エージェントを使い、

IT業界のことを知りながら、

あなたが「何をしたいのか」を明確にする

ということに取り組むことをオススメします。

オススメNo.1のエージェントを確認する

【初心者向け】未経験からSESの企業への就職は「開発経験を積めるか」を注意すべき理由

IT業界で未経験から働く際に、

なかなか、自社開発の企業に内定をもらい、

そのような企業で働くことは、

正直、厳しいという現実があります。

その点、IT業界で経験を積むことを考えると、

SES(システムエンジニアリングサービス)

という形態の会社で、

正社員で採用されながらも、

自社ではなく、メーカーなどの大手企業で働くことで、

IT業界での経験を積むことも1つの方法です。

経験を積むことで、

自社開発の企業への転職など、

次のステップに進むことができる可能性が、

開発の経験を積むことで高くなるので、

市場価値を高める意味でも

未経験からIT業界への入り口の1つとなっています。

そんなSESで働くことに関しては、

1つだけ、企業を決める際に、

考えておいて欲しいことがあります。

それは、

働く職場で「開発経験を積めるのか」

ということです。

この記事では、

なぜ、業種を考えておくことが必要なのかを、

初心者向けに説明していきます。

未経験からIT業界にチャレンジするときにSESがなぜ、オススメなのか

自社開発企業への就職は、正直、厳しいという現実がある

未経験からIT業界への就職を目指すときに

自社開発を行っているIT企業

という企業を目指す方は多いです。

ただ、このような自社開発を行っている企業は、

IT業界未経験の方だけはなく、

IT業界でエンジニア経験を積んだ人も応募するため、

就職・転職したいと思っている総数自体が多いです。

さらに、

企業側が求めるスキルのレベルも高いことが多い

ということが、

未経験の方へのハードルを大きく上げる要因です。

「絶対に無理」などは、

それぞれの方の学習で身に付けた内容などで、

一概には言えませんが、

未経験からはなかなか難しいことは、

採用する側から見て、

すごく感じることでもあるので、

まずは、この点を把握しておきましょう。

SESでは、一定期間で希望を出せば、他の現場を会社側に希望することができる

先ほど、

自社開発をしている企業は未経験からは難しい

という説明をしました。

では、

自己学習しているが、スキルには自信がない方で、

どうしてもIT企業への就職を目指したい方はどうするか。

そういう方には、

SES(システムエンジニアリングサービス)

の企業に就職をして、

まずはIT業界で経験を積むことを目標にすることをオススメします。

SESでは、正社員として採用されながら、

特定派遣という形で、

働く職場としては、メーカーなど、

他の大手企業などで働くことになります。

この特定派遣で働く職場に関しては、

入社したSESの企業の取引先によりますが、

働く先をプロジェクト単位で、

会社側に相談することができます。

職場ごとにルールや雰囲気なども違うので、

会社に相談して、色々な職場を見てみることができます。

この点は非常に大きなポイントなので、

経験を積みながら、色々な職場を見れるので、

プロジェクトが半年〜1年の単位になることが多いので、

その単位で会社側に相談すると良いでしょう。

ちなみに、ここでも説明した、

未経験からSESなど、客先常駐を検討すべき理由は、

こちらの記事も参考にしてください。

IT業界で経験を積むためにSESを活用するなら業種を考えておくべき理由

業種で「テスト工程」が長く、開発経験が積みにくい現場に行くことがあるので注意

SESに入社することを考えたときに、

その入社するSESから、

実際に働く現場を聞かされたときに、

・働く職場の場所

・働く職場の企業規模

などを説明を受けると思います。

そんな説明の中で、特に、

働く職場で作っているシステムの「業種」

は非常に重要です。

この「業種」で違うのが、

開発するための期間の長さ

が大きく違います。

一般的に、

不具合が起きたときに社会システムが揺らぐもの

テストする期間が長い(テスト工程が長い)

ということが言えます。

銀行系システムや証券系のシステムですね。

このような業種は、

未経験の方がSESで現場にアサインされたときに、

テスト工程のみ任されるので開発経験が積めない

ということがあるので注意が必要です。

IT業界での「経験を積む」ということを考えたときに、

現場でどのような開発を行ったのか

ということを

転職の際などに重視されるので、

開発経験を積めるのかは非常に重要です。

業種を把握して、「自分が開発工程に携われるか」をきちんと確認しよう

SESの企業に入社して、

現場で働くときに、

「開発経験を積めるのか」が重要である

ということを説明してきました。

それを踏まえた上で、

入社を目指すSESの企業側に確認すべきこととしては、

自分が働く可能性が高い現場で作っているシステムの「業種」

という点と、

現場に行っている「同じ企業」の人が実際に開発工程に携わっているか

という形で確認しておきましょう。

この辺りは、

きちんと確認できていないと、

せっかくIT業界には入れたけど、

開発経験が積めず、

IT業界内での次の転職も難しくなります。

しっかりと確認して、

IT業界の中で、良い経験を積めるようにしましょう。

【女性にオススメ】女性が副業でプログラミング/Webデザインで稼ぐ3ステップ

初心者の皆さんの中に、

よく女性の方が、

「副業で稼ぎたい」

という時に、

「けれど、何を学習していいか、わからない」

ということをよく聞きます。

そんな女性の初心者の方に向けて、

副業で稼ぐための3つのステップをオススメします。

【女性にオススメ】女性が副業でプログラミング/Webデザインで稼ぐ3ステップ

どういうステップが良いのか?

実際に、

「副業で稼ぐために学習をはじめないと」

と考えて、

いきなり、学習をはじめてしまう

という初心者が多いですが、

個人的には、

まずは、どのような副業があるかを理解

してから、学習に入ることをオススメしています。

ちなみに、オススメの3ステップとしては、

  1. 副業サイトに登録して、どのような副業があるかを把握
  2. 目指すべき副業に必要なスキルを決める
  3. 学習をはじめて、随時、副業サイトに追記

というステップをオススメしています。

特に、

「どのような副業があるかを把握」

を最初にするのがポイントです。

最初に把握しておくことで、

自分自身が副業で稼ぐイメージを持つことができる

という点が非常に、学習を進めていく中で、

モチベーションの継続の面でも非常に大きいです。

副業で稼ぐなら、HTML/CSSがオススメ

初心者の女性の方が、

スキマ時間や子育てをしながらの副業を考えている場合、

HTML/CSSを学んで、副業で稼ぐ

ということをオススメします。

難しいと捉える方もいらっしゃいますが、

少しずつ、コツコツと学習することで、

必ず身につき、スキマ時間に進めやすいのでオススメです。

オススメの3ステップ

実際に、

基本的な、Webデザイン(HTML&CSS)での副業を想定し、

実際に主婦の方にもオススメできる、

3つのステップを詳しく紹介します。

どのような副業があるかを調べるために、

実際の副業サービスに登録をして、

自分自身のページを早めに作っておくことをオススメします。

募集される職種、内容などは少しずつ変わっており、

リアルタイムで、

「いま、どのような副業が募集されているのか」

ということを把握しておくためにも、

副業向けサービスに登録しておきましょう。

先ほどのクラウドワークスに登録したら、

この部分で、HTML&CSSで絞り、

実際にどのような副業があるかみてみましょう。

実際に初心者の皆さんが考えるような、

ページを丸々と作成するものもあれば、

ページの一部を修正するなどを行うなど、

HTML&CSSでも色々な副業があります。

まずは、これらの副業の実態を知り、

自分が学習した後に、応募する副業を知っておく

ということに取り組んでおきましょう。

学習を始めて、

自分が学習した内容や、学んだプログラミング言語などは、

副業サイトに追記していく

ことを忘れないようにしましょう。

すこしずつ、

学習を進めていくことで、

プロフィールが充実していきます。

それに伴って、

オファーが届いたり、

応募した後の選考が通りやすくなったり、

少しずつ、目標の副業で稼ぐことに近づくので、

ちょっとしたことですが、コツコツとやっていきましょう。

学習で作ったものは、ポートフォリオとして公開しておこう

初心者の方には、学習を進めていく中で、

作ったものは、ポートフォリオとして、

アピール材料として活用することをオススメしています。

ちなみに、安くて楽なポートフォリオの公開は、

ロリポップサーバをオススメしています。

数百円で公開することができるのでオススメです。

まず、こちらで、レンタルサーバを使えるようにしましょう。

そして、

こちらの記事にそって、ファイルをアップロードしましょう。

次のステップに進むために

うまくIT業界の次のステップに進めないなら

実際に副業を探している方の中には、

「そもそも転職を考えている」

「どこで企業を探して良いかわからない」

「今の企業が話を聞いてくれない、退職したい」

など、

さまざまな悩みを持たれている方も多いです。

そして、

そんな方は、

行動したいという思いはあるけど、実行に移せない

ということがあります。

そんな時は、

自分が1歩を踏み出すためにも、

あなたをサポートしてくれるサービスを活用してみましょう。

オススメのサービスを以下の記事で紹介していますので、

まずは、1歩を踏み出してみましょう。

【女性にオススメ】うまくIT業界の就職・転職・副業に進めないときにオススメのサービス

女性の方が、

就職・転職・副業に向けて、

プログラミング学習をしたり、

Webデザインの学習をしたり、

他の資格試験など学習を進めています。

そんな中で、

学習を進めたけれど、

実際に登録した方が良いサービスが知りたい

という方が多いので、

就職・転職・副業に向けたサービスを紹介します。

なかなか、次の職場を見つけられない

企業側との退職調整が進まない

など、悩んでいるけれど、

どのように動いて良いかわからない方の参考になれば幸いです。

企業側との退職調整が進まない、難しい時は女性の退職代行「わたしNEXT

転職したいな。

けれど、どうしたら良いかわからない。

また、

企業側が退職させてくれない

など、

うまく次のステップに進むことができない

という状況になってしまうことがあります。

退職に関しては、

実際に行動するとすごくエネルギーを使う

ということがあり、

なかなか、行動をすることができないことがあります。

そんな時には、

女性特有の悩みも対応してくれる

「わたしNEXT」

をオススメします。

「わたしNEXT」は

  • 退職の相談自体は無料
  • 依頼する料金は楽天ペイなどキャッシュレス対応
  • 転職サポートなども無料で対応

など、

オススメできるポイントがあり、

相談など、無料で行うことができるので、

まずは、気軽に相談してみましょう。

そして、次の一歩を踏み出してみましょう。

リモートワークのエンジニア向け就職・転職・副業の企業をうまく探せないなら「MIDWORKS」

リクナビやマイナビなど、

大手のリクルートサービスがありますが、

紹介されている企業も大手が多く、

うまく、就職・転職・副業先が決まらない

という方がいらっしゃいます。

そんな方には、

目線を変えてベンチャー企業も候補に入れる

ということも検討してみましょう。

このベンチャー企業が多く、

就職・転職・副業ができる企業を、

まとめて探すことができるサービスがあります。

それが、

「MIDWORKS(ミッドワークス)」

です。

首都圏を中心に、

フルリモートや週3勤務など、

さまざまな種類の働き方、企業が掲載されています。

また、

単価に関しても、他のクラウドワークスなどよりも、

単価が高いので、継続的に稼ぐという点でもオススメです。

まずは、

MIDWORKSのサイトに無料登録して、

無料の相談も可能なので使ってみましょう。

未経験からエンジニアとして働きたい方や、

経験は浅いけれど、スキルを活かして、

フリーエンジニアにチャレンジしたい方などには、

就職・転職・副業を探すオススメのサービスの名で、

ぜひ、使ってみましょう

未経験からのチャレンジでうまく就職・転職で正社員を目指すなら「フレッシュ転職」

女性の方にとって、

完全未経験から、

派遣などの働き方を改善して、

正社員を目指したい

ということは、

なかなか1人でやるには、

難しい面があります。

そんな方には、

完全未経験から正社員への就職・転職に強い人にサポートしてもらう

ということも1つの方法として、

実際に取り組んでみることもやってみるべきです。

例えば、

未経験から、事務やクリニックなどの受付で働きたい

未経験から、IT業界で正社員で働きたい

など、

自分1人で、企業を探して、

実際に働けるようになるまでは、

なかなか、難しいステップがあります。

そんな1人では難しいステップを、

個別にサポートしてくれるのが、

「フレッシュ転職」

です。

実際の企業探しだけではなく、

あなたが、

今の企業のやめ方がわからない

うまく今の企業の退職の話が切り出せない

など、

退職に関する悩みを持っているのであれば、

合わせてサポートしてくれるのでオススメです。

まずは、

無料で登録ができるので、

面談の申し込みをして、

自分の状況、今後の目標など、

相談に乗ってもらいましょう。

【悩んでいる方へ】IT系ブラック企業で働いているなら今すぐに転職活動を始めるべき理由

なかなか一歩を踏み出せない方から、

「ブラック企業で働いているけど、転職を考えたい」

という質問はよく受けます。

そんなブラック企業で働いている方に、

自分自身の経験も踏まえて、

ブラック企業で働いているあなたに、

今すぐにブラック企業をやめるべく、

今すぐに転職活動を始めるべき理由

を説明していきます。

IT系ブラック企業で働いているなら今すぐに転職活動を始めるべき理由

IT業界で働いている方は、いろんな企業が欲している

ブラック企業の代名詞、「長時間労働」。

あなたも、長時間労働していますか?

そんなブラック企業で働いている方は、

「すこし、働く時間が他よりも長いけれど仕方がない」

ということを考えていませんか。

はっきり言いますが、

それは、あなたのためではなく、

ただ、ただ、

会社のために、単純労働をあなたが行っているだけ

ということが多いです。

知的労働で、世の中でも、

「あなたがやらなければ、他には誰もできない」

という職業もあることも事実です。

しかし、多くの人は、

自分が世の中に必要とされていることを知らずに働き続けている

ということが事実です。

特に、IT業界のブラック企業で働いているあなた。

IT企業でブラック企業で働く意味はもうありません。

あなたが、

SESなどでどうしても、今の企業で働き続けたい

などを考えているなら別ですが、

IT業界で働いている方は、いろんな企業が欲している

ので、今の企業の給与水準のまま、

他のホワイト企業へ転職することも可能です。

「長時間労働」は必ずあなたの健康を害する

長時間労働をしているあなたが、

もし、若かったり、

健康に自信がある方でも、

本当に今のまま「長時間労働」を続けることができますか?

このことは、

本当に真剣に考えてほしいと思います。

こんなことを言っている私自身も、

以前、IT系のブラック企業で、

半年ほど、400−500時間ほど働いていました。

20代半ばで、体力もあったので、

「残業代入るから、いいかな」

と考えてやっていましたが、

3、4ヶ月後にあった知人や親などから、

「お前は、病人にしか見えない」

と言われ、我に戻りました。

「このままではいけない」

自分自身は気づかなくても、自分の体を害している

ということに気づいたのです。

そんな、「長時間労働」をやっている方には、

今の本当の姿を、周りの目からどのように見えるか、

少しでも早く気づいてほしいです。

本当に体を害する前に。

ちょっとでも悩んでいるなら、ブラックの可能性大

実際に、

「長時間労働」や「強い言葉による否定」

など、現場で働いていると、

自分自身では、わからなくなっていきます。

ただ、冷静になって考えてみてください。

ホワイト系の企業で働いていますが、

「毎日定時退社」や「強い否定の言葉の暴力がない」

というあたりまえと考えられる環境です。

どうですか?

あなたが、少しでも悩んでいるなら、

このホワイト企業との違いを感じませんか?

もし、悩んでいて、この部分に違いを感じるようなら、

あなたが働いている環境はブラック企業の可能性が高い

ということが言えます。

今すぐに、転職を考えるべきです。

転職は行動しなければ何もはじまらない

「転職しようかなぁ」

「転職したいなぁ」

と考え始めた時に、

まず、一歩を踏み出して行動する

ということが大切です。

ずるずると先延ばしにして、

年齢・スキルが転職に適した状態だったのが、

時が過ぎるごとに転職が難しくなり挫折する。

そのような人をみてきました。

そうならないためにも、

少しでも早く、一歩を踏み出しましょう。

また、1つ知っておいてほしいこと。

もし、あなたがIT業界で1年以上、

何かしら開発業務に取り組んでいるのなら、

それは、

あなたが思う以上に市場価値は高い

ということ。

転職への第一歩として、

あなたの市場価値を見つめるところから始めてみましょう。

以下の記事を参考に。

これから転職する人が増えるので、早めに一歩を踏み出すべき。

リモートワークも普及し始め、

IT業界への就職・転職を目指す人は増えている

という流れがあります。

これは、

オンラインのプログラミングスクールが、

たくさん普及していることや、

Progateやドットインストールなど、

無料のプログラミング学習サービスの普及など、

未経験の方が一歩、踏み出しやすい環境が生まれたからです。

そんな中で、

すでにIT業界で少しでも経験があるあなたが、

先行優位を保持するためにすべきこと。

それは、

今のうちから、早めに転職への一歩を踏み出すこと

ということです。

早ければ、早いほど、

IT業界に未経験の人はまだ、入ってきていません。

このちょっとした時間でも、

企業側が採用しようとするエンジニアの数が減り、

即戦力で転職しようとするエンジニアは増えているのです。

あなたが転職を考えている今こそ、

すぐに行動すべき時なのです。

まずは一歩を踏み出しましょう。

今の企業が退職させてくれないなら、「退職代行サービス」も活用すべき

もし、あなたが、退職を考えているけれど、

「上司がうるさくて、転職が面倒」

「会社に何を言われるかわからない」

など、

少しでも、会社都合で退職というアクションを

行うことが難しいようなら、

「退職代行」サービス

という会社員が、うまく退職を進められない時に、

あなたに変わって退職を代行してくれるサービスがあります。

正直、悩んだまま、その職場で働く意味がないのであれば、

このようなサービスを使って、

より良い人生のために、次のステップに進みましょう。

【現場エンジニアが語る】リモート開発の企業への就職・転職には、フレームワークの学習が必要である3つの理由

プログラミングの学習を進め、

就職・転職を行っていく上で、

リモートワークで働きたい

と考える人も多く、

学習をしていく中でも、多いのは事実です。

そんな、リモートワークで働くために、

フレームワークを学習する必要性

が非常に高いと感じているため、

その理由とオススメのフレームワークを紹介します。

【現場エンジニアが語る】リモート開発の企業への就職・転職には、フレームワークの学習が必要である3つの理由

フレームワークにより、リモートでも最低限のベースが保ちやすい

リモートワークを行なっていく中で、

フレームワークを使う大きな理由として、

最低限のベースがフレームワークで保証できる

という点が非常に大きいです。

例えば、

  • ファイルを置く場所はどこか?
  • 処理の書き方はどのようにするのか?
  • プログラミング言語は?バージョンは?

など、様々なことを、

リモートワークで一緒にやっていく中で、

決めて、やっていく必要があります。

このようなことは、

フレームワークを使うことで、共通的な書き方や、使い方ができる

ために、最低限のベースを担保できます。

そのため、企業はフレームワークを使用することで、

納品する品質を最低限担保しています。

リモートでフレームワークを1から教えるのは難しい

就職・転職を行う際、

「javaScriptができます!」

「Rubyができます!」

「PHPができます!」

と言われても、

正直なところ、

フレームワークを使うことができなければ、

企業側として、1から教える余裕もないので採用しない

ということが言えます。

これは、真横で初心者のプログラミングをチェックして、

随時、教えるようなことができないからです。

リモートであれば、企業側としては、

リモートなら外注もできるので、採用するなら即戦力が欲しい

というのが本音です。

そのため、

1からフレームワークを教えるようなことはできません。

そんな余裕があれば、

フレームワークを使える即戦力を活用します。

この点で、

フレームワークを使えるかどうか

という点は非常に大きいのです。

フレームワークにより少人数である程度の開発ができるので、意思疎通が行いやすい

フレームワークをなぜ使えるようになるべきか。

この点をみていく上で、

「現在のIT業界の開発スタイルがどうなっているのか」

という点も理解しておきましょう。

端的に言っておくと、

今は、フレームワークを使うことで、

少人数で、ある程度の規模の開発を行うことができる

という点があります。

さらに、フレームワークの使用をお互いが理解することで、

実際の機能開発の仕様の策定にフォーカスでき、

お互いの意見交換で意思疎通が行いやすい

のがフレームワークが使用される理由の1つです。

他にも短納期に対応できるなどもありますが、

リモートワークで開発を行なっていく上で、

意思疎通ができることは非常に重要なため、

最低限、使用するであろう、フレームワークは理解したいところです。

リモートを目指すためのオススメのフレームワーク

ここまで、リモートで働くために、

なぜ、フレームワークを学習すべきなのかを説明しました。

そんなフレームワークですが、

リモートワークで働くために学ぶべきフレームワーク

を紹介します。

先に簡潔に言っておくと、

フロントエンドを目指すなら、

  • 初心者に理解しやすい「Vue.js」
  • ベンチャーでの実績が多い「React」

バックエンドを目指すなら

  • 初心者にわかりやすいPHPのフレームワーク「Laravel」
  • ベンチャー企業で実績の多いRubyのフレームワーク「Ruby on Rails」

となります。

Vue.js

まずはじめに紹介するのが、

Vue.js(ビュー、ジェイエス)

と呼ばれる、

javaScriptのフレームワーク

です。

次に紹介っするReactよりも、比較的、理解しやすく、

初心者にオススメできるフレームワークです。

フロントエンドを目指すのであれば、

次に紹介するReactのどちらかは学習しておきましょう。

React

次に紹介するのが、

React(リアクト)

と呼ばれる、こちらも

javaScriptのフレームワーク

です。

先程、紹介したVue.jsよりも、少し癖がありますが、

使用している現場も多いため、

フロントエンドを目指すのであれば、

先程、紹介したVue.jsのどちらかは学習しておきましょう。

Laravel

バックエンドのプログラミングを学習していく中では、

PHPの学習を開始したのであれば、

このLaravelというフレームワークを学習しましょう。

ちなみに、バックエンドのフレームワークの理解も、

次に紹介するRuby on Railsのどちらかを学習すれば良いでしょう。

Ruby on Rails

バックエンドのプログラミングを学習していく中では、

Rubyの学習を開始したのであれば、

このRuby on Railsというフレームワークを学習しましょう。

ちなみに、バックエンドのフレームワークの理解も、

先ほど紹介したLaravelのどちらかを学習すれば良いでしょう。

リモートワークで就職・転職につなげるために使用したいサイト

働き方改革でマスコミの注目を集めているフリーランス求人サービス「クラウドテック」

副業向けのクラウドワークスが有名ですが、

リモートワークで、

今回紹介したフレームワークなどを活用することを考えると、

この「クラウドテック」は非常にオススメです。

クラウドワークスと比べて、

単価が高い求人も多い

というのが特徴です。

まずは、登録して求人を確認してみましょう。

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

独学向け(勉強方法)
独学向け(プログラミング)
独学向け(Webデザイン)
独学向け(javaScript)
独学向け(PHP/Laravel)
独学向け(Ruby/Rails)