UbuntuのタイムゾーンをUTC→JSTに変更

Ubuntuでタイムゾーンは、

標準のUTCになっているので、

バッチ処理などで、

時間がずれて困ることがありました。

この点に関して、

変更する手順をメモ。

現在のタイムゾーンを確認

現在のタイムゾーンを確認するには、

コマンドラインで、

以下を実行して確認します。

コマンド

timedatectl

確認してみると、

$ timedatectl
               Local time: Sun 2023-03-19 04:02:15 UTC
           Universal time: Sun 2023-03-19 04:02:15 UTC
                 RTC time: Sun 2023-03-19 04:02:16
                Time zone: Etc/UTC (UTC, +0000)
System clock synchronized: yes
              NTP service: active
          RTC in local TZ: no

このように、

現在、UTCになっていることがわかります。

もし、このコマンドが、

timedatectl: command not found

となるようなら、

apt-get install -y systemd

こちらで導入して再確認。

UTCからJSTに変更

上記のタイムゾーンの設定を

UTCからJSTに変更するには、

同じく、

timedatectl

を使います。

コマンド

sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

こちらを実行することで、

タイムゾーンの変更が完了します。

変更したので確認してみる

実際に変更してみたので、

再度、

timedatectl

のコマンドで確認してみます。

確認してみると、

$ timedatectl
               Local time: Sun 2023-03-19 13:05:05 JST
           Universal time: Sun 2023-03-19 04:05:05 UTC
                 RTC time: Sun 2023-03-19 04:05:06
                Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
System clock synchronized: yes
              NTP service: active
          RTC in local TZ: no

という形で、

実行時間(Local time)が変更されました。

実際に現在のローカルのカウント時間を確認すると、

確認コマンド

watch date

確認結果

Sun 19 Mar 2023 01:08:15 PM JST

という形で、

JSTの時間にうまく切り替わったことが確認できました。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

おすすめ書籍

スポンサー

人気記事

おすすめ記事