--> Laravelの認証周りをStarter Kitsで導入してみる - 初心者向けのプログラミング学習・就職・転職情報サイト

学習サポート始めました(有料)

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Laravelの認証周りをStarter Kitsで導入してみる

Laravelの環境構築の際に、

ログイン周りの機能は、

システム開発で使うことがあるのだが、

LaravelのStarter Kitsで、

認証周りを簡単に作成できるようなので、

導入して試してみる。

前提:Laravelの環境構築

まず、前提として、

Laravelの環境構築を行った。

最終的に、

このような、

初期表示ができるところまで、

環境を構築できていることが前提。

ここまでの導入は、

以下の記事の一部を参考にしてもらいたい。

LaravelのStarter Kits

実際に導入する、

LaravelのStarter Kitsですが、

公式サイトに記載があるので、

そちらを使って試すので、

公式サイトもチェックしておきましょう。

Starter Kitsを導入してみる

実際に試したことをメモしていく。

まずは、

Composerでパッケージをインストール

composer require laravel/breeze --dev

を実行。

composer.json

で確認すると、

{
    "require-dev": {
          :
        "laravel/breeze": "^1.8",
          :
    }
}

となっているので、大丈夫。

次に、

artisanコマンドでLaravelに導入

php artisan breeze:install

実行すると、

$ php artisan breeze:install
Breeze scaffolding installed successfully.
Please execute the "npm install && npm run dev" command to build your assets

となるので、

Breezeのベースとなる部分のインストールが完了。

インストールされたものを、

webpackでコンパイルしていく。

必要パッケージインストール。

npm install

コンパイル。

npm run dev

コンパイル自体は、

0|admin  | ✔ Compiled Successfully in 1789ms
0|admin  | ┌───────────────────────────────────┬──────────┐
0|admin  | │                              File │ Size     │
0|admin  | ├───────────────────────────────────┼──────────┤
0|admin  | │                        /js/app.js │ 694 KiB  │
0|admin  | │                       css/app.css │ 28.6 KiB │
0|admin  | └───────────────────────────────────┴──────────┘
0|admin  | ✔ Mix: Compiled successfully in 1.84s
0|admin  | webpack compiled successfully

でうまくできている。

DBのマイグレーション。

php artisan migrate

マイグレーション自体も、

問題なく完了した。

導入されたStarter Kitsの認証画面を確認してみる

ログイン画面のURL

/login

これを確認すると、

このようになって、

登録画面

/register

についても、

このように、

いい感じに認証周りのページを作ってくれる。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

ピックアップ

おすすめ記事