Laravelのバージョンアップデートを試した時のメモ

Laravelを使用していて、

フレームワーク自体のバージョンの

アップデートを行おうとして、

その時に調整したことなど、

個人用にメモを残しておきます。

Laravelのバージョン

現在のバージョン確認

Laravelのバージョンとしては、

php artisan --version

というコマンドで確認すると、

$ php artisan --version
Laravel Framework 9.5.1

というバージョンであることがわかります。

バージョンのアップデート

同一バージョンのアップデート

バージョンとして、

9.x系の最新にしたいので、

今のバージョンである

Laravel Framework 9.5.1

から、

バージョンを9.x系での更新を行います。

コマンド

composer update

このコマンドを実行すると、

アップデートが行われます。

終了したら、

バージョンがアップデートされていることを確認します。

php artisan --version
$ php artisan --version
Laravel Framework 9.52.9

うまくバージョンが変わっていますね。

こちらでバージョンのアップデートが完了です。

Laravel 9系から10系へのアップデート

先ほどのバージョンのアップデートは、

composer.json

で指定されているバージョンの中で、

アップデートを行いました。

しかし、

大きなメジャーバージョンの変更についても、

行うことがあるので、

Laravel 9系から10系へのバージョンアップデートについて、

以下の対応でアップデートが可能です。

設定ファイルとして、

composer.json

を変更します。

アップデートする際の設定情報については、

以下の公式サイトに記載があるので、

そちらを参考にしてください。

こちらの中で、

  • 環境状況として必要な要件を満たす
  • composer.jsonの指定バージョンを変更する

ということを行うことで、

バージョンアップデートが可能になります。

この辺りのバージョンの依存関係と呼ばれる環境や設定情報は、

「Updating Dependencies」

という部分に記載があり、

このような形で、

必要な環境や変更する設定などがありますので、

そちらを対応してください。

対応が完了したら、

composer update

のコマンドを実行することで、

バージョンアップデートが行われます。

実際にアップデートが完了したら、

php artisan --version

のコマンドで、

バージョン情報を確認してみると、

$ php artisan --version
Laravel Framework 10.13.5

うまくバージョンが、

9系から10系へアップデートされています。

こちらのように、

フレームワークのバージョンアップデートを行ってください。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

おすすめ書籍

スポンサー

人気記事

おすすめ記事