Laravelの多言語化(vuex-i18n)で文字列を実際に反映する方法

Laravelの多言語化を行なった際に、文字列ファイルを準備したけれど、それを実際に反映させる方法がわからな買ったのでメモ。

やろうとしたこと

実際にやろうとしたことは、

  1. Laravelに多言語化用のvuex-i18nをインストール
  2. vuex-i18n用の文字列を定義
  3. vuex-i18nをLaravel(Vue.js)で使うために設定
  4. Vueのtemplateで文字列を呼び出し
  5. VueのjavaScriptで文字列を呼び出し

これですが、この内容の全体の流れは、以下の記事に書きました。

これの中で、文字列ファイルを反映させる方法がわからなかった。

実際に文字列をLaravel内で反映する方法

文字列をgenerateする必要があった。

php artisan vue-i18n:generate

文字列を変更したら、これで反映させる。

Laravelを書籍で学ぼう

  • 入門者にも分かりやすい文章
  • 基本から理解する
  • ルールも理解

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

おすすめ書籍

スポンサー

人気記事

おすすめ記事