LaravelのQueueのエラーログを確認する方法

Laravelを使用していて、

Queueを用いることで、

様々な処理を行うことがあります。

そんな時に、

なぜかQueueがエラーになることが発生しました。

この時のエラーについて、

確認方法をメモ。

Laravelの公式情報

関連するQueueの情報については、

以下の公式サイトを参照

Laravelのバージョン

Laravelのバージョンとしては、

php artisan --version

というコマンドで確認すると、

$ php artisan --version
Laravel Framework 10.13.5

というバージョンであることがわかります。

発生した事象

Queueの処理を行っていたのだが、

Laravel内のモデルの処理で、

なぜか途中で停止してしまう。

また、

停止されると、

Jobsのテーブルからも削除されていた。

Queueのエラー(失敗時)のログ確認

確認したい内容としては、

エラー時(失敗時)のログとして、

理由が知りたかったので、

そちらについては、

Queueのfailed用のテーブルがあるので、

そちらを準備して実行すると確認できます。

php artisan queue:failed-table
php artisan migrate

こちらで、

failed_jobs

というテーブルが作成されるので、

実行すると、

エラー時(失敗時)の内容が、

そちらに記載されるので、

内容を確認すると良いでしょう。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

おすすめ書籍

スポンサー

人気記事

おすすめ記事