大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Google Workspceで便利に作業

大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

React Hook でReact Reduxを導入した件

Reactで実装していたときに、

React Hookでの実装をしていたが、

ステートメントなどでの管理を考え、

React Reduxの導入を試してみることに。

この記事はその時のメモ。

公式サイト

まずは公式サイトを確認。

リンクをメモ。

React Reduxの導入

すでにReact自体は導入して、

実際にReact Hooksで実装を進めているので、

公式サイトにしたがって、

NPMでインストールを実施。

npm install react-redux

公式のサンプルも確認しておく

公式サイトにしたがって、

まずは、

サンプルのコードをチェック

こちらのサンプルに関しては、

プロジェクトごと作成する必要があるので、

npx create-react-app my-app --template redux

こちらでインストールをする。

その際、Redux Toolkitも併せて必要なので、

そちらもインストールする。

Redux Toolkit

先程のサンプルで、

Redux Toolkitも、

合わせて導入することが前提となっているので、

npm install @reduxjs/toolkit

のコードで、

NPMからインストールを実施。

サンプルを動かす

実際にサンプルが表示できるか、

起動して試してみる。

npm run start

こちらで起動すると、

localhost:3000

のポートで画面が開き、

この画面が表示されると、

サンプルコード自体は動いている。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

ピックアップ

おすすめ記事