TypeScriptで「Type error: Argument of type ‘String’ is not assignable to parameter of type ‘string’.」エラーの件

Nextjsで実装していたときに、

TypeScriptを取り入れて、

コードを変更していた際に、

調整していた時のメモ。

発生したのは、

Type error: 
Argument of type 'String' is not assignable 
to parameter of type 'string'.
'string' is a primitive, 
but 'String' is a wrapper object. 
Prefer using 'string' when possible.

のエラーが発生。

このエラーを対応した時のメモ。

個人的な備忘録としてこの記事に残します。

エラー

Next.jsで、

TypeScriptを導入して、

コード調整した上でコンパイルするために、

以下のコマンドを実行

npm run build

調整内容

上記のエラー内容を見てみると、

Type error: 
Argument of type 'String' is not assignable 
to parameter of type 'string'.
'string' is a primitive, 
but 'String' is a wrapper object. 
Prefer using 'string' when possible.

という表示。

他のコードと同じように、

TypeScriptを導入して、

型定義の対応が漏れているので調整が必要。

コードの中で、

  • String(先頭大文字)
  • string(先頭小文字)

この2つでは、

型の扱いが違うので、

その点を調整。

詳しくは、

を参照。

調整前

const sample = (sampleText: String) => {
  :
}

調整後

const sample = (sampleText: string) => {
  :
}

上記で対応。

ピックアップ

こちらもおすすめ

初心者向けの色々な情報はあるけれど、

  • 無料でお試しができるスクール
  • ホームページなど簡単に作成できる
  • 組織で使いたいサービス

について、

少しでも試して良いものがあると、

それを活用することで学習や業務などが効率化できるので、

おすすめのサイトなどをいくつか紹介しておきます

おすすめ書籍

スポンサー

人気記事

おすすめ記事