大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Google Workspceで便利に作業

大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

ReactのStateをChromeで確認する方法

Reactの開発をするときに、

Stateの値を確認する方法として、

Chromeを活用するのが便利。

この記事では、

その方法をメモとして残しておく。

React Developer Toolsの導入

Chromeの拡張ツールで、

「React Developer Tools」

というのがあるので、

そちらをChromeから追加する

React Developer Toolsの使い方

Chomeの拡張機能として追加したら、

検証ツールに、

このように表示されるので、

「Components」

を選んで表示させて、

コンポーネントが階層になっているので、

自分が確認しようとしているページを選ぶ。

すると

このように、

そのコンポーネントで表示に使われているStateが、

表示され確認することができます。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

ピックアップ

おすすめ記事