プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

エンジニア転職でネットワークの知識が重宝される理由

エンジニア転職でネットワークの知識が重宝される理由

エンジニアの転職において、

色々なプログラミング言語や学習経験など

採用する側にとっては

気になることがあって質問をしていきます。

そんな中で、

今まで、サイトの管理やサーバの管理など、
ネットワーク関連を自分なりにやってみたり、
任せられたことなどあるかな?

という形で質問することがあります。

特に、そこまで規模が大きくない企業や

1人のエンジニアが様々な業務を行っている企業などでは

ネットワークに関する知識を持っていると

より魅力的な人材に見えることがあります。

この記事では、

この「ネットワーク」に関する知識が、

エンジニアへの就職・転職の活動において、

どのように、採用する側に見えるのか、

役に立つのかを説明します。

エンジニア転職でネットワークの知識が重宝される理由

同じようなスキルの人の応募が多い時に、「ネットワーク」の知識が1番の違いになる

会社内のエンジニアを増やしたい時に

エンジニアの募集をかけると

思ったよりも応募が多く、似たようなスキルの人が増える

ということが多いです。

実際に採用する企業の中にいると、

転職サイトで募集開始したら、
応募してくれる人がすごく増えましたね

応募してくれる人は増えたんだけどね
うーん…
同じようなスキルの人が多いんだよね…

あ、それなら、
1人だけ、個人で「ネットワーク」に関して
サイトを公開してみたり、学習している人がいましたよ

このような流れで会話していることがあります。

ちなみに

応募書類の段階でどの人を落として

どの人を次の面接に来てもらうかを考える時に

同じようなスキルの人は年齢や経験などで絞っている

いわゆる、足切りというやつですね。

企業側も全ての人を次の採用ステップに進めると時間が足らない

ということがあるので、

仕方なく、このようにしていることが多いです。

そんな中で

他の人とは違って「ネットワーク」の知識を持っている方は、

ちょっと気になるので、採用の次のステップに進める

ということを行います。

エンジニア の就職・転職において、

実際の面接など、次の採用ステップに進むかどうかは

人とは違うちょっとした知識の違いにもよるので、

「ネットワーク」を学習しているのであれば、

履歴書・職務経歴書のどこかに

わかりやすく

「〇〇のサイト構築や公開を実際に試しています」

など、書いておくと採用する側が気づけば、

他の人との違いと認識するのできちんと書いておきましょう。

「ネットワーク」の知識があることで、プログラミング以外の基本的なITリテラシーがあるイメージを持たれて好印象

採用していく中で、

特に未経験でエンジニア の就職・転職の採用で

入社してくる方に多いのですが、

プログラミングスキル以外の、

入社してもらったら基本的なITリテラシーが無くて困った

という経験が採用側によくあります。

今はプログラミングスクールや独学での学習など、

プログラミングスキルに関してのスキルは、

基本的な部分は、抑えた人を採用することができます。

しかし、

実際の業務をするために、

・パソコンのネットワークの設定

・必要なデータのサーバ等へのアップロード

など、

採用する側からみた時に

パソコン操作も含めた基本的なITリテラシーは

持っておいて欲しいと考えます。

その際に

企業側が判断する方法として、

「ネットワーク」に関する知識や経験でITリテラシーを判断する

という方法です。

面談の場で、

プログラミング学習以外で、サイトを作ったり、
パソコンを使ってデータのアップロードするなど、
自分自身で何か取り組んだり、試したことはありますか?

のような聞き方で、

プログラミング以外の基本的なITリテラシーがあるかな

ということを探ることが多いです。

このような質問に対して、

自分なりに試したことなどを答えられると、

採用する側に与える印象が大きく向上するので

ネットワークに関する知識を得るために

ちょっとしたことでも良いので、取り組んでおくと良いでしょう。

企業で開発しているシステムが「ネットワーク」の知識が根底として必要であることがある

採用する企業側として

未経験でもプログラミング学習している人を採用する

ということはよくあります。

そんな未経験の人を採用する時に、

開発しているシステムでネットワークの理解が根底で必要

ということがあります。

この場合、

未経験の人には、即戦力レベルのネットワーク知識までは求めていない

ということが多いです。

しかし、

入社後にネットワークへの知識を教えていくために

ネットワーク上で何かをすることに抵抗がない人が欲しい

という希望はあります。

ですので、面接の場で

いつも、パソコンを使って、
インターネット上の情報収拾や、他のサービスなど
どれくらい使っていますか?

このような質問で、

その人が、どれくらい「ネットワーク」の知識などに

抵抗がないのかをみていることがあります。

日常的に、色々なサービスを使ってみたり、

情報を収集したりするなど、

「いつもYoutubeみています」

以外で、何か取り組んでいると印象が違うので、

少しずつでも取り組んでおきましょう。

社内のエンジニアの数が少なく、ゆくゆくは社内のパソコンや会社のサイト・サーバの管理を任せたいと考えている

採用する側から考えた時に

採用するエンジニアには、様々な業務を任せられるのが理想

という考えがあります。

企業の中には、

自社のサイトの開発・運用などを

色々なものを外注で自社管理できていない企業

というのも多いです。

その際、

ネットワークに関する知識や経験があると

自社のサイトとか、今、外注に全て任せているのを
自社のエンジニアで開発・運用したいから、
この人なら、将来的にできるかもしれない

という考えを持って実際に採用することがあります。

採用する企業側は、

その人に将来的に任せたいことなども考えて採用する

ということが多いので、

その点でもネットワークの知識や経験があると

エンジニアへの就職・転職につながりやすくなるので、

ネットワークに関する学習も行ってみることをオススメします。

ネットワークの学習を行うなら、ネットワークエンジニアを目指すのもあり

未経験からエンジニアへの就職・転職を目指す時に

プログラミング学習もしながら、ネットワークの勉強は難しい

と感じる方も多いと思います。

そんな方には

「ネットワークエンジニア」

という職種で

エンジニアデビューを目指すこともオススメします。

ネットワークエンジニアとして働くことで、

ネットワークに関する知識をより深められるので、

ネットワークに詳しいエンジニアとしての

立ち位置を得ることができるのでオススメです。

ネットビジョンアカデミーはこちら

エンジニアへの就職・転職を目指す未経験の方にオススメの記事

未経験の方で

エンジニアへの就職・転職を目指している方は

スキルに関することや、

IT業界に関することを得た方が良いと思っています。

このブログでも

エンジニアへの就職・転職に関して

初心者向けの記事を書いているので、

参考に読んでみてください

ピックアップ

初心者にオススメ

おすすめ記事