--> BitbucketでSSH鍵認証のキーフレーズを忘れた件 - 初心者向けのプログラミング学習・就職・転職情報サイト

学習サポート始めました(有料)

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

BitbucketでSSH鍵認証のキーフレーズを忘れた件

Bitbucketを日頃から個人的に使っていたのだが、

SSHの鍵認証を対応していたのだが、

ある日、しばらく使っていなかったので、

パスフレーズを忘れてしまう事態が発生。

どうしたものかと思ったが、

対応自体はシンプルだったので、

その時の対応したことをメモ。

BitbucketのSSHの鍵認証の設定

BitbucketでのSSHの鍵認証に関しては、

以前、こちらの記事に書いた内容で、

鍵情報の作成やBitbucketへの設定を行った。

その時の基本的な設定の流れは、

以下の記事を参照してもらいたい。

キー情報とパスフレーズの再設定

状況としては、

id_rsa
id_rsa.pub

で作成された情報のパスフレーズがわからないので、

対応自体は、

  • 鍵ファイルの再作成
  • 作成時にパスフレーズを設定(忘れないようにメモ)

ということを行う。

事前に鍵情報のファイルの、

id_rsa
id_rsa.pub

は削除している。

まずは、鍵ファイルの再作成

ssh-keygen

を実行すると、

$ ssh-keygen
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/user/.ssh/id_rsa):

となるので、

最初は空でEnterキー(id_rsaで作成)。

その後にパスフレーズを求められるので、

設定したいパスフレーズを設定・再確認を入力。

これで鍵情報の再作成は完了。

あとは、

再作成した鍵情報の値を、

Bitbucketの設定画面の方で設定する。

設定としては、

  • id_rsa.pubの値をBitbucketに鍵情報として設定

を行うことになる。

設定方法自体は、以下の記事を参照。

こちらもおすすめ

初心者向けの色々な情報はあるけれど、

  • 無料でお試しができるスクール
  • ホームページなど簡単に作成できる
  • 組織で使いたいサービス

について、

少しでも試して良いものがあると、

それを活用することで学習や業務などが効率化できるので、

おすすめのサイトなどをいくつか紹介しておきます

ピックアップ

おすすめ記事