大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Google Workspceで便利に作業

大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

Githubのアカウントを作る

初心者の方が、

Gitを学び始めたから、
Githubのアカウントを作成しよう。

となると思います。

このような初心者の方に向けて、

自分自身がアカウントを作成する時のメモを残して、

初心者の方の参考になればと思います。

Githubのアカウントを作る

Githubのサイト

Githubのサイトは

Githubの公式ページのリンクを共有しておきます。

Githubのアカウント登録

Githubのアカウント登録は、

公式サイトで

このボタンがあるので、

それをクリックすることで開始できます。

入力画面として

このようなページが開くので、

各項目を入力していきましょう。

Username:ユーザー名

このユーザー名に関しては、

重複しなければ大丈夫です。

既にユーザー名として使われている時は、

このような表示になるので、

別の名前を登録しましょう。

Email address:メールアドレス

メールアドレスに関しては、

自分自身が確認できるメールアドレスを登録します。

処理を進めると、作成確認のメールが飛んできます。

Password:パスワード

パスワードは、8文字以上必要なので、

自分が忘れないパスワードを設定しておきましょう。

Email preferences:メール通知(アップデート情報など)

この設定自体は、

アップデート情報などが不要なのであれば、

チェックボックスには、チェックを入れなくて良いです。

初心者の方には、不要なメール内容が多いので、

チェックは外しておくと良いかと思います。

Verify your account:不正チェック

ここは、不正チェックに使われているので、

クリックしてチェック処理を行いましょう。

チェックが問題なければ、

このように、「Create account」ボタンが押せるようになるので、

これを押して、Githubのユーザー作成を行いましょう。

アカウント情報の確認

先ほどの、

このボタンを押すことで、

作成処理が進み、

このような表示になりますが、

これは、ユーザー自体の情報を聞いているので、

興味がある分野などをチェックを入れて、

「Complete setup」ボタンを押しましょう。

登録確認メールのチェック

先ほどの

「Complete setup」ボタン

を押すと、

このようなページになります。

このページが表示されると、

Githubのアカウント登録確認のメールを確認する

という必要があるので、

メールをチェックしてみましょう。

メールをチェックすると

[GitHub] Please verify your email address.

というメールが届いているかと思います。

内容が、

このような表示になると思うので、

この中の

「Verify email address 」ボタンを押しましょう。

ボタンを押すと、Githubのページが開き、

このように

Your email was verified

と表示されれば完了です。

こちらもおすすめ

初心者向けの色々な情報はあるけれど、

  • 無料でお試しができるスクール
  • ホームページなど簡単に作成できる
  • 組織で使いたいサービス

について、

少しでも試して良いものがあると、

それを活用することで学習や業務などが効率化できるので、

おすすめのサイトなどをいくつか紹介しておきます

ピックアップ

おすすめ記事