大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Google Workspceで便利に作業

大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

Laravelのwebpackでenvファイルの値を取得する

Laravelで環境での値を切り分けて、

その値を元にAPIなどのURLも変更したいので、

それをenvファイルで変更して、

Gitのコミット対象から外したかった。

その時の対応のメモ。

前提:Laravelの環境

Laravelのバージョン

$ php artisan --version
Laravel Framework 5.8.36

また、フロントエンドは、

Vue.jsを使用するためにlaravel-mixを使用して環境を作っている。

対応方法:envの設定をフロントで取得

envファイル

MIX_TEST_URL=https://test.site

フロント側(Vue.js)

let url = process.env.MIX_TEST_URL

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

ピックアップ

おすすめ記事