プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

【初心者向け】未経験からWebエンジニアへの転職を目指す時に作るポートフォリオ作成の悩みに関して

初心者の方が、

プログラミング学習をはじめて、

就職・転職のことを考えた時に

Webエンジニア目指しているけど、
ポートフォリオはどうしたらいいの…

このように、ポートフォリオの作成で、

迷っている初心者の方は多いです。

プログラミング学習において、

初心者の方が、

コツコツと学習を進めていき、

未経験からWebエンジニアを目指していく時、

ポートフォリオを作成してアピールする

ということは非常に重要です。

ただ、

そのポートフォリオに関して、

悩みを抱えている方も多いので、

現場のエンジニア

また、現場で面接官をしてきた経験を踏まえて、

ポートフォリオの作成の中で、

取り組んでほしいいことなどを説明します。

ちなみに、

この記事で対象と考える人は、

  • PHP、Laravel
  • Ruby、Ruby on Rails
  • Python、DjangoPython、Django

などを学習されている方です。

この記事の内容で

少しでも初心者のサポートになれば幸いです。

【初心者向け】未経験からWebエンジニアへの転職を目指す時に作るポートフォリオ作成の悩み

そもそも、何を作ったらいいの?

初心者の方が、

未経験からWebエンジニアに就職・転職するに向けて

そもそも、何を作ったらいいの?

という悩みを相談されることがあります。

持たれることが多いです。

そういう方には、

自分が学んだプログラミング言語を使いながら、
データベースへの値の更新を行う、
シンプルなTodoリストを作ってみましょう

と伝えています。

シンプルなサイトに対して、

みなさんが学んだ

  • PHP、Laravel
  • Ruby、Ruby on Rails
  • Python、DjangoPython、Django

を使ってTodoリストを作ることで、

面接官側からすると、

Webエンジニアのスキルとして欲しい

「プログラミングの処理の実装」と「データベースの扱い」

の学習結果が見えるので、

採用する側も判断しやすくなります。

作りたい物が決まっていなければ、

まずは、Todoリストを作ってみましょう。

ポートフォリオに絶対必要な機能などあるの?

実際に

Todoリストなどのポートフォリオの作成を考える時に、

最低限、入れておいた方が良い機能はあるの?

という悩みを持つ方がいます。

ポートフォリオを作っていく中で、

「たくさん、機能を入れた方が良いのかな」

と感じてしまうことがあります。

そんな方には、

最低限、CRUD(Create / Read / Update / Delete)と呼ばれるデータベースも含めたデータの処理を入れましょう。

とお伝えしています。

このCRUDが使えることで、

  • データベースとテーブルの概念に関して理解をしている人材
  • データ更新を画面側と連携させることが可能な人材
  • 基本的なSQLについても理解している人材

ということをアピールできます。

このアピールが、

多くのWebエンジニアを未経験から採用する時に、

基本的に求められるスキルである事が多いです。

そのため、

これらの値の取得や更新をする機能を

ポートフォリオに機能として入れることをオススメします。

作ったポートフォリオは、自分のパソコンではなくて、サーバで動かさないといけないの?

初心者の方が、

未経験からWebエンジニアの転職に向けて、

コツコツと作成を進めたポートフォリオ。

このポートフォリオですが、

ご自身のパソコンで動かしながら作成

する方も多いです。

そんな方から

自分のパソコンで動いているポートフォリオ、レンタルサーバなどに移さないといけないのかな…

という悩みを聞く事があります。

そんな方には、

レンタルサーバ等で、ネット上で見えるのが採用する側からすると嬉しいが、必須ではない

とお伝えしています。

なぜかというと、

採用する側からすると、

未経験で入社を目指そうとしている方には、

自分でプログラミングをして作成した成果物があること

が確認できれば、

特に問題は感じません。

それは、

実際に作った成果物(ポートフォリオ)は、

自分自身のパソコンを面接の時に持参して見せてもらう

ということで対応できるからです。

この自分自身のパソコンを持参して、

面接時に見せるために、

面接に向けてのやり取りの中で、

未経験で入社をしたいあなたから、

企業側に提案する方が良いでしょう。

作り続けても、「これで大丈夫か」と不安になります

初心者の方が、

ポートフォリオを作成していく中で、

作っているもに対して、

不安を持つことは多いです。

そして、

そのような方から

基本機能は不具合も起こらずに動くけれど、本当にこれで良いのかな…

という悩みをお聞きすることがあります。

この悩みに関しては、

私が見てきた中の多くが、

機能は問題ないが、見栄えの調整が行われていない

というパターンが多いです。

そのため、

このような悩みを持たれる方には、

作ったポートフォリオに、CSSフレームワーク(例えば、Bootstrapなど)を入れて、見栄えを整えてみましょう。

とお伝えしています。

未経験でWebエンジニアを目指す方の多くは、

必要な機能を実装して、

見栄えの調整を進めることができていない

ということが多いです。

機能も重要ですが、

作った成果物として言えることは、

作成したポートフォリオに持つ印象は見栄えで大きく変わることがある

ということです。

見た目の印象で人間の第一印象が変わるように、

作ったポートフォリオも、

見栄えの違いで感じる印象は大きく違います。

ですので、

作ったポートフォリオが、

自分なりにまだ、納得できないと感じるときは、

見栄えを整えることに取り組んでみましょう。

どうしても公開してみたいのだけれど

実際に作ったものを、

アピールするためにも

どうしてもレンタルサーバを使って公開したい

というかいう方がいます。

AWSやGCPなどで挫折する方の多くは、

SSHでの接続した後このコマンド操作はできるのですが、

そもそも、AWSやGCPの管理画面がわかりにくいということが、

大きな理由の1つとしてあることが多いです。

そのような方には、

まずは、一番、使い勝手が良く、

初心者にも優しい操作画面の

ロリポップレンタルサーバ

を使ってみることをオススメしています。

SSHでの接続も可能なので、接続してコマンド操作が可能

という点で、コマンド操作だけに集中できるので、

AWSやGCPでうまくいかなかったり、

管理画面等がわかりにくいという方は、

ロリポップレンタルサーバを活用してみると良いでしょう。

ピックアップ

初心者にオススメ

おすすめ記事