大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Google Workspceで便利に作業

大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

Laravelの$_ENVが空でPHPからうまく値を取得できない時の対応

Laravelを使用していると、

PHPの処理の中で、

$_ENV['APP_URL']

など、値を取得したい場合があります。

この値の取得に関して、

$_ENV自体が空となってしまう事象が起きて、

正しく値が取得できなかった。

その時に、対応したことをメモ。

Laravelの$_ENVが空でPHPからうまく値を取得できない時の対応

Laravelのenvファイル

envファイルの中身として、

APP_URL=https://hoge.com

のような形で、値を設定することができます。

起きた事象

上記のような、envファイルの値をPHPで取得するには、

$_ENV['APP_URL']

のような形で取得ができます。

ただ、この値がうまく取得できず、

$_ENV自体の値を確認すると、

array ()

とログで確認すると、空として返ってきました。

そのため、$_ENVに対して、

うまくenvファイルの値が反映されていないことがわかります。

対応方法

対応方法として、

artisanコマンドのオプションで以下を実行。

php artisan config:clear
php artisan cache:clear
php artisan view:clear
php artisan route:clear
composer dump-autoload

これで自分の場合はうまく反映できた。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

ピックアップ

おすすめ記事