docker-composeのバージョンのアップデート

Dockerの立ち上げに関しては、

  1. Dockerfileというファイルを作成する
  2. ビルドしてDockerイメージを作成する
  3. Dockerイメージからコンテナを作成する
  4. コンテナに接続してログインする

という手順を行って、

上記をやってみたあとに、

  • Dockerのイメージの確認
  • Dockerのコンテナの確認
  • Dockerのコンテナの停止と削除

などを行っていました。

この辺りは、

コマンドで実行したことがあるので、

その辺りは、

こちらを参考にしてください。

今回は、

docker-compose

を使っているのですが、

このバージョン自体を上げたい環境があり、

その時のコマンドを、

自分の備忘録として、

忘れないうちにメモを残しておきます。

docker-composeのバージョンを確認

以下のコマンドで確認していきます。

確認コマンド

docker-compose -v

確認結果

$ docker-compose -v
docker-compose version 1.25.0

こちらで、

現在のバージョンが1.25.0であることがわかります。

docker-composeのバージョンアップの方法

先ほどのバージョンから、

バージョンを確認時点の最新に変更します。

古いdocker-compose自体を削除

rm -rf docker-compose

バージョン指定で取得

sudo curl -L "https://github.com/docker/compose/releases/download/1.29.1/docker-compose-$(uname -s)-$(uname -m)" -o /usr/local/bin/docker-compose

権限を調整

sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

上記をしたあと、

SSHで接続をしているので、

1度、ログアウトしてから、再度ログインしました。

こちらでバージョンを再確認します。

確認コマンド

docker-compose -v

確認結果

$ docker-compose -v
docker-compose version 1.29.1

こちらでうまくバージョンがアップデートできました。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

おすすめ書籍

スポンサー

人気記事

おすすめ記事