大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Google Workspceで便利に作業

大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

【コマンド】Dockerを立ち上げたあとなどに使うコマンド

Dockerを立ち上げようとして、

  1. Dockerfileというファイルを作成する
  2. ビルドしてDockerイメージを作成する
  3. Dockerイメージからコンテナを作成する
  4. コンテナに接続してログインする

という手順を行ったのだが、

その時の手順は以下にまとめているので、参照してください。

上記をやってみたあとに、

  • Dockerのイメージの確認
  • Dockerのコンテナの確認
  • Dockerのコンテナの停止と削除

などを行おうとしたとき、

うまくコマンドや手順がわからなかったのでメモ。

Dockerコンテナの操作

コンテナの一覧確認

以下のコマンドで確認する

docker ps

確認結果

$ docker ps
CONTAINER ID   IMAGE     COMMAND   CREATED         STATUS         PORTS     NAMES
22c015f31ba6   go        "bash"    6 seconds ago   Up 5 seconds             go

コンテナの削除(事前に停止が必要)

コンテナを削除しようとする場合は、

事前にコンテナを停止する必要がある。

まずは、先程のコンテナ一覧を確認。

確認コマンド

docker ps

確認結果

$ docker ps
CONTAINER ID   IMAGE     COMMAND   CREATED         STATUS         PORTS     NAMES
22c015f31ba6   go        "bash"    6 seconds ago   Up 5 seconds             go

この「CONTAINER ID」を確認する。

「CONTAINER ID」を使って停止する

コマンド

docker stop [container-id]

実行結果

% docker stop 22c015f31ba6
22c015f31ba6

コンテナとして動いているのかを確認するためには、

これで停止されたので、

同じ「CONTAINER ID」を使って、

コンテナ自体を削除します。

コマンド

docker rm [container-id]

実行結果

$ docker rm 22c015f31ba6
22c015f31ba6

これでうまくコンテナ自体が削除できました。

Dockerイメージの操作

イメージの一覧確認

Dockerイメージの一覧を確認するには、

以下のコマンドで確認します。

コマンド

docker image ls

確認結果

$ docker image ls
REPOSITORY   TAG       IMAGE ID       CREATED        SIZE
go           latest    d8fbddf8cfb5   20 hours ago   769MB
ubuntu       latest    ba6acccedd29   3 days ago     72.8MB

イメージの削除

Dockerイメージの削除は、

上記の一覧確認の中の「IMAGE ID」を使います。

コマンド

docker image rm [image-id]

実行結果

$ docker image rm d8fbddf8cfb5
Untagged: go:latest
Deleted: sha256:d8fbddf8cfb502ea019feeed24ee212602c6227ab1e64a4433c99826419cfeaf
Deleted: sha256:5d242dcb1ee1465128f1caa69566dd47e3bc7ca5f47c2bc8afb08848c3ec785f
Deleted: sha256:b9196b29827e599c13e8055ace34c1ef8a48a96d63273267b03bdc75f042a1b2
Deleted: sha256:72c89820a85f94f29c2f6bb53b5e0de35567c8f962df240f0ad86e0f31508b16
Deleted: sha256:e7ddd108fa791647d4bd5c4eb8b69474dfb8f18f1d5054290932fd5bb92dec7d
Deleted: sha256:a7ef743109cefc56222027d909b53042015a1004573024a7fe88d1f5e8204fb2
Deleted: sha256:4cb94a4afbd30a8e76b54d2b3a9610e00e7d50ffaab6a46b4a9cbbc4de7c8f8a
Deleted: sha256:778dff3870eccb8e890e13093c699298c4975bb7fdfd8141689eb8615466eb74
Deleted: sha256:38a659e2b02788f3b98f6e4aed628ffad5dd004300d5a2ea93e263d450301e69
Deleted: sha256:2baa14312d2999f8fd14dd9e2c9a2b80190c9a200c54586d7599645e723f0c25
Deleted: sha256:3657684b40e165fdf4f0f968178edf6851ada6457bbde346a16c247a30cd0003
Deleted: sha256:e04f0eac482c267ff6739238a789438cfeb3b8ceba7233145b6db401e8a818b4
Deleted: sha256:57b268d31ab7fd21e6731cda4854ebe3d407975364dde514034282748d6b6bda
Deleted: sha256:a07004eb3988d1fe589c5ce4b35bb43da32595ec3a334af3f328b4a2aabe77db
Deleted: sha256:5c88b69d9751da9db5470eac9d21d8708cb97852b183b41bf508cf0ab2a64865
Deleted: sha256:a81bb9181300f6b3265d7a14678ec83a1a3f1671502a33acb30934e049b7c113
Deleted: sha256:b1e712fa0caabc35d404bdad492a284230171797ac451d28a3272fb15e46a09f
Deleted: sha256:8109ee88d14465f8be1552647cafb7b719179882a70dd576d4fd998f1a054ceb
Deleted: sha256:10cb351232b81619c2cebe379511d22699cf2c1ae84563fc274546ab77b54c10
Deleted: sha256:73ce0066437f5a80c61944b24296ab76771c55d0061c8b9798bd19f9eb7b6bfa
Deleted: sha256:3fae9174e5a384ebc939d19d3946523b2a25a69755147013782baf91310d5942
Deleted: sha256:645f0d547dfe945d0c0dfa786225f721fe0d9f8dcdd1ed5a17b07dadebf2125c
Deleted: sha256:250aa89c7d28eaccfe9f32995e4e0f22812b4fab3b3fd6460e47b3c523541f50

実行後に削除されていることを確認

コマンド

docker image ls

確認結果

$ docker image ls
REPOSITORY   TAG       IMAGE ID       CREATED      SIZE
ubuntu       latest    ba6acccedd29   3 days ago   72.8MB

対象のDockerイメージが削除されていますね。

最終的に綺麗になくすと

$ docker image ls
REPOSITORY   TAG       IMAGE ID   CREATED   SIZE

この表示だけになるので、

全て削除されたか確認するときは上記で確認しましょう。

イメージを全削除

Docker のイメージを全て削除してよかったら、

以下のコマンドで一括削除が可能。

コマンド

docker rmi $(docker images -q) -f

実行結果

$ docker rmi $(docker images -q) -f
Deleted: sha256:5326128db4b889426b1fa2e04390a386ae6e9bef3194ed120a8df47edeb66f4a
Deleted: sha256:76c46ac6bc3d59f696bc78830c81b9ea246ed83aa8c64476d434fc1357e08b0d
Deleted: sha256:b1475656391fa6dded1c2249fe99086120e55f8845a81b99cf958c1f96efd1d9
Deleted: sha256:5662be071f94848bf8f9fd0c0632881e5f671c7dc666b026cbbb0ac0fa6fbd48
Deleted: sha256:6530f7d224671ba446ec40373f27790658ae1f8b6578339c50b7d4ab50667a84
Deleted: sha256:c252564b8c60b2421bc4dca3224f482adf7771add046cf4b580650e4514df462
Deleted: sha256:c936c415d95e5276cf9a948f4ca03009caa388f0c0dbb6bf6d953b634354b7a3
Deleted: sha256:f8c2f4626a059d2bf67bed1f38b9edd60c474ea398e000e610c4591300f06647
Deleted: sha256:db56946d8d05f97f8442e54a23eaf211b7133c72e943702af97c7c13adbf3721
Deleted: sha256:33099551c13419a2b73383942bd793dec8fa9f69a79cfa6eaf4ab1da344323a7
Deleted: sha256:057bcb3d20cd47090eee23d7ef8c96f9941c243c8de82cee2dcb39573b5b8bf9
Deleted: sha256:fe4abcba9e6d9efe996f4df98dc76d60513223f56157f7d8434549b1e4a80c32
Deleted: sha256:0897d6a390a966080f75d02fa8b3dc40f5eafeca5ce32dc97705a9b80e7d9ae8
Untagged: ubuntu:latest
Untagged: ubuntu@sha256:626ffe58f6e7566e00254b638eb7e0f3b11d4da9675088f4781a50ae288f3322
Deleted: sha256:ba6acccedd2923aee4c2acc6a23780b14ed4b8a5fa4e14e252a23b846df9b6c1

このコマンドで全て削除することができます。

消えたかを確認すると、

コマンド

docker image ls

確認結果

$ docker image ls
REPOSITORY   TAG       IMAGE ID   CREATED   SIZE

という感じで、すべてのDockerイメージが消えています。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

ピックアップ

おすすめ記事