Ubuntuのsystemctlでサービスの起動/終了

Ubuntuの中で、

サービスを確認していく中で、

php-fpmの起動がうまくいっておらず、

うまくパッケージインストールができない事象が発生していた。

その時に、

systemctlのコマンドで、

調整した時の内容をメモ。

個人メモ:動かした時のコマンド

動かした時のコマンド

$ systemctl | grep php8.0
ここの結果で状況確認
$ sudo systemctl stop php8.0-fpm.service
これで停止
$ systemctl disable php8.0-fpm.service
無効化
$ systemctl daemon-reload
サービス設定のリロード

systemctlの特定のサービス状況を確認

systemctlで一覧を出すと、

多すぎて自分の探したい対象がわからないので、

パイプラインでgrepをかけて検索。

$ systemctl | grep php8.1
  php8.1-fpm.service   loaded active running   The PHP 8.1 FastCGI Process Manager

サービスの起動、停止、再起動

今回は停止のみ行ったが、

起動と再起動もあるので、

状況によって使い分ける。

起動コマンド

sudo systemctl start php8.0-fpm.service

停止コマンド

sudo systemctl stop php8.0-fpm.service

再起動コマンド

sudo systemctl disable php8.0-fpm.service

サービスの有効、無効

今回は無効化のみ行ったが、

有効にすることもできるのでメモ。

有効化コマンド

sudo systemctl enable php8.0-fpm.service

停止コマンド

sudo systemctl disable php8.0-fpm.service

再起動コマンド

sudo systemctl disable php8.0-fpm.service

設定(有効、無効)の設定のリロード

設定のリロードのコマンド

sudo systemctl daemon-reload

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

おすすめ書籍

スポンサー

人気記事

おすすめ記事