大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Google Workspceで便利に作業

大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

Djangoのadminのユーザーを作成

Djangoの設定を変更して、

トップページをログインページに変更した。

その設定自体は以下の対応で行っている。

このトップページをログインページにしたことで、

Djangoのデフォルトのログイン画面

この画面を表示できるようになった。

ただ、

問題として、

「ログインするユーザー情報がない」

ということがあるので、

ユーザー情報を追加した。

その時のコマンドなどをメモしておく。

ちなみに、

Ubuntuでやっており、

関連する内容は、

以下を参照して欲しい。

Django / Python3のバージョン

Django

$ python3 manage.py runserver --version
3.2.6

Python3

$ python3 -V
Python 3.8.10

Djangoの設定変更

必要テーブルの初期化(マイグレーション)

参考:公式サイトのデータベースドキュメント

https://docs.djangoproject.com/ja/3.2/topics/migrations/

実際に実行したコマンド

$ python manage.py migrate

ユーザーの追加

参考:公式サイトのデータベースドキュメント

https://docs.djangoproject.com/ja/3.2/topics/auth/default/

スーパーユーザーを作成

$ python3 manage.py createsuperuser --username=joe --email=joe@example.com

Djangoの起動 / 再確認

Djangoのスタートコマンド

$ python3 manage.py runserver
Django version 3.2.6, using settings 'sample.settings'
Starting development server at http://127.0.0.1:8000/
Quit the server with CONTROL-C.

Djangoのログイン確認

まずは、以下のログイン画面

この画面になって、

先程のスーパーユーザーで作ったアカウントを使うと、

ログインできて以下のような表示になればオッケー。

Djangoのログイン後のページのイメージ

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

ピックアップ

おすすめ記事