NginxでHttpをHttpsにリダイレクトさせる設定方法

Nginxで各種ドメインを設定して、

Webサーバーを管理していく中で、

SSL証明書を設定しようとしたときに、

無料のLet’s Encryptから証明書を取得してから、

  • HTTPをHTTPSにリダイレクトさせる

ということを行おうとして、

Nginxの設定ファイルを調整した時のメモを

備忘録として、個人用に残しておきます。

前提:Ubuntuを使用

前提としては、

環境としてUbuntuを使用しています。

ファイルパスなどを、

必要な環境パスに変えてもらえれば、

Nginxの中の設定は同じ形でいけると思います。

Nginxの設定ファイル

Nginxの設定ファイルは、

設定ファイルの場所

/etc/nginx/conf.d

設定ファイル

個別ファイル.conf

NginxのHTTPとHTTPSのリダイレクトの設定

上記のファイルの中で、

リダイレクトの設定を追加します。

server {
    listen 80;
    server_name example.com;
    return 301 https://$host$request_uri;
}

server {
    listen 443 ssl;
     :
}

上記の設定を行って、

Nginxの再起動を行います。

再起動コマンド

nginx -s reload

上記のコマンドで再起動を行ってから、

実際に表示確認をすると、

HTTPからHTTPSにリダイレクトがうまくいきました。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

おすすめ書籍

スポンサー

人気記事

おすすめ記事